CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「アイスクリン強し」畠中恵 | main | マイ・ブルーベリー・ナイツ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「サザエさんの東京物語」長谷川洋子
サザエさんの東京物語
サザエさんの東京物語
長谷川洋子
JUGEMテーマ:読書


長谷川町子の実の妹が明かす姉の素顔と、長谷川家の波乱万丈の暮らしを綴った初エッセイ。

「サザエさん打ち明け話」で語られたエピソードを洋子の側から見ていると…って感じです。あの本は何度も読んだのでそれぞれのシーンが長谷川町子さんの絵になって目に浮かびます。

著者が小さい頃、昭和初期から平成に変わってすぐの頃までの家族の物語です。戦後、世田谷区桜新町の土地が坪単価金2千円ですって。それから40年たったバブルの頃にはいったいいくらだったんだろう?なんて余計な計算してみたりして。
内気で滅多に表に出ず、謎に包まれた一生を送った漫画家・長谷川町子が家のなかでは暴君ともいえる激しい面を見せていたことがわかります。

住んでいる家が古くなったので近所に母親が買っていた土地に引越しをするまり子姉と町子姉。ところが洋子は一人で元の家に住むというのです。今まで串だんごのみそっかすだったから一人になりたいと。そして町子の死を知らせてもらえず、町子の死後遺産相続を放棄した洋子の所に国税局の人たちがその理由を聞きに来たというくだり。洋子と姉たちとの確執が語られます。どこにでも姉妹の確執ってあるけど、驚きました。
| 本:は行(その他の作家) | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:33 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック