CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「夜の光」坂木司 | main | 「右岸」辻仁成 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ちょいな人々」荻原浩
ちょいな人々
ちょいな人々
荻原 浩
JUGEMテーマ:読書


隣の庭木を憎む主婦、脱サラした占い師、いじめられっ子と一緒に復讐する相談員など、ちょっと変でちょっと可哀そうな人達のお話。

図書館の返却期限ギリギリで慌てて読んだのも原因かもしれないけど、荻原さんのこの手のちょっと痛い人たちの物語って苦手かも。だって、そこら辺にいそうなんだもん。そんな風に読み始めたんだけど、後半の話は面白かった。

「犬猫語完全翻訳機」をつけた犬や猫たちの声がすごく面白かった。そしてそこから発展した「正直メール」の音声認識式携帯電話。声でメールが打てるんだけど、喋ってる人の感情が反映されて漢字を変換してくれる。浮気相手と会う前に妻に「接待で遅くなる」と送る夫のメールの面白いこと!そしてそのメールに返信する妻のメールにはやたらと「怒」って言葉が使われてる。
「ちょいな人々」
堅い会社だったはずなのに、社長の一声で突然始まったカジュアルフライデー。ギリギリ四十代の井上課長は入ったばっかりの女子社員の言葉に踊らされ「ちょいワル」ファッションをがんばる。

「ガーデンウォーズ」 
義母の死後、本を片手にガーデニングにいそしむ主婦。お隣さんは妻に先立たれ、趣味の句会でなかなかいい詩が読めない老人。そんな二人の庭木や猫をめぐる戦いの行方は?

「占い師の悪運」 
2年前に開業した占い師・蒼山満宮が占い師になったきっかけは英会話。転職には語学が有利と思いカルチャースクールが雑居するビルにより、占い師養成学校のパンフレットを手にしたのが始まりだった。手相も四柱推命も流行らないので、インチキスピリチュアル占いを始めた脱サラ占い師の運命は?

「いじめ電話相談室」
市役所に新設された「いじめ電話相談室」のスタッフとなって2ヶ月。夫は単身赴任、一人娘は保育園に預け、慣れない相談員の仕事をマニュアル片手にこなす日々。ある日「自殺をしようと思う」との相談を受け、親身になってイジメと戦ったところ「いじめバスターサトコ」と呼ばれ指名で相談を受けるようになる。ところが…

「犬猫語完全翻訳機」
玩具メーカーが新開発した「ワンニャンボイス」今までの犬やネコの気分を翻訳すると違うところは、ペットが装着したボディースーツによって体からのメッセージを読み取り、それを人間の音声で表現する。この画期的なワンニャンボイスの試作品を使った人たちの反応は?

「正直メール」
「ワンニャンボイス」で失敗した玩具メーカーが社運をかけて開発したのは声を発した人の感情までふまえてメールの漢字変換をしてくれる、音声認識式携帯電話。

「くたばれ、タイガース」
熱狂的阪神ファンの婚約者を、巨人ファンの父親に紹介する日がやってきた。その日は巨人阪神戦をテレビでやっていた。
| 本:あ行(荻原浩) | 21:44 | comments(12) | trackbacks(8) |
スポンサーサイト
| - | 21:44 | - | - |
コメント
そこらへんにいる人たちの
ちょっと困った物語でした。
でも、でも、このちょいな人々の中に
自分も含まれそうな・・・。
どこにでもいそうな人たちの話しなので
身につまされたり・・・。
かなり面白かったです。
| す〜さん | 2008/12/04 6:36 PM |
す〜さん、こんばんは。
そうなんです。わたしだって「ちょいな人々」なんですよ。
だから「痛いわ〜」って笑えないの。
でも、どれも最後が明るくてよかったです。
| なな | 2008/12/04 10:21 PM |
こんばんは。
ちょっと笑える話なんだけど、自分も似ていることを
やってるかもという感じでした。
ワンニャンボイスと音声認識携帯がおもしろかったけど、
でも実際にあったらちょっと怖いかも?
| mint | 2008/12/08 8:10 PM |
mintさん、おはようございます。
そう、笑えるんだけど「これは自分かも…」ってところがありますよね。
ワンニャンボイス、ペットを買ってる人だったら
一度は装着してみたいと思います。
でも「暑い」「脱ぎたい」ばかりじゃね〜
| なな | 2008/12/09 9:52 AM |
こんばんは。

私もちょっとこの作品集の中ではちょっと異色?のおもちゃ会社のお話二編に大うけでした。
特に奥さんのメールには笑わせてもらった。
おこってんのね〜って。
| ちきちき | 2008/12/15 10:11 PM |
ちきちきさん、おはようございます。
オモチャ会社の二編、面白かったですね。
犬が猫が考えることなんて考えてみたら「そうかもね」って言う感じだったし、あの妻の「怒」メールったら!
私も夫には「怒」メールばかりだわ。
| なな | 2008/12/16 10:50 AM |
ワンニャンボイスとメールの話は面白かったですよね。
外で読んでいて思わず声に出して笑ってしまい、ものすごく怪しい人になってました。(笑)
いじめ電話相談室も、わりと好きなんですよね〜。
| じゃじゃまま | 2009/01/31 11:17 PM |
じゃじゃままさん、こんばんは。
ワンニャンボイスのペット達の意見ったら!
そしてメール。
時々夫へのメールにこの携帯で「怒」の字を変換したいって
思いながら普通のメール書いてる私です。
私は「くたばれタイガース」も好きでした。
| なな | 2009/02/01 9:27 PM |
後半から俄然面白かったですね。

メールの誤(正直?)変換面白かった!萩原さんすごいです。(ってそこに感心していいのかな^^;)

「くたばれタイガース」私も好きです。
父のイメージは徳光さん?!

| たまま | 2009/03/04 10:27 AM |
たままさん、こんばんは。
本当に「翻訳機」は最高です。
言わないけど裏の気持ちがこもってることってありますよね。
「くたばれタイガース」いいですよね。
敵対するチームを愛する二人だけど
でもすごく仲良くなれそう。
| なな | 2009/03/04 9:16 PM |
「ワンニャンボイス」を制作したワンマン社長やいじめ電話相談室の元校長。なまじ地位がある人のワンマンは周りがほんと迷惑しますよねえ。
ワンマン社長が愛猫に邪険にされたところは痛快でした。(^^)
| 日月 | 2009/09/16 7:20 PM |
日月さん、おはようございます。
本当に地位のある人のワガママやねたみに振り回される回り、困ります。
ペットが考えている事ったら笑っちゃいましたね。
所詮人間の自己満足なんだって。
| なな | 2009/09/17 8:54 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1482
トラックバック
ちょいな人々   〜荻原 浩〜
カジュアルフライデーに苦戦する会社員 隣の庭木を憎む主婦、 脱サラした占い師、 いじめられっ子と一緒に復讐する相談員 犬猫語翻訳機...
| My Favorite Books | 2008/12/04 6:34 PM |
『ちょいな人々』 荻原浩
今日読んだ本は、荻原浩さんの『ちょいな人々』(2008/10)です。
| いつか どこかで | 2008/12/08 7:59 PM |
ちょいな人々
JUGEMテーマ:読書 隣の庭木を憎む主婦、脱サラした占い師、いじめられっ子と一緒に復讐する相談員など、ちょっと変でちょっと可哀そうな人達のお話 「カジュアル・フライデー」に翻弄される製紙会社課長の悲喜こもごもを描いたのが表題作。「ガーデンウォーズ」
| ぼちぼち | 2008/12/15 10:12 PM |
ちょいな人々 荻原浩著。
≪★★★≫ どれもこれも、ふふっと小さな笑いを起させる。 「ちょいな人々」 ワンマンな社長に振り回されるちょいな社員。ワンマン社長だけじゃなく、若い女性社員にも振り回されてるオヤジたちの滑稽さが笑いを呼ぶ。 「ガーデンウォーズ」 隣家の老人と争う嫁。隣家
| じゃじゃままブックレビュー | 2009/01/31 11:14 PM |
ちょいな人々
JUGEMテーマ:読書 読書期間:2009/1/31〜2009/2/1 [文藝春秋HPより] 隣の庭木を憎む主婦、脱サラした占い師、いじめられっ子と一緒に復讐する相談員など、ちょっと変でちょっと可哀そうな人達のお話 「カジュアル・フライデー」に翻弄される製紙会社課長の悲
| hibidoku〜日々、読書〜 | 2009/02/11 11:26 PM |
ちょいな人々<荻原浩>−(本:2009年)−
ちょいな人々クチコミを見る # 出版社: 文藝春秋 (2008/10) # ISBN-10: 4163275509 評価:83点 短編が7作品。巧くて面白くてスカッとできて、そして少しホロリ。 どれもこれも完璧な味付けのおかずが詰まっている、高級幕の内弁当を食べているようだった。
| デコ親父はいつも減量中 | 2009/09/13 10:29 PM |
「ちょいな人々」 荻原 浩
人ってバカだなぁ。でも面白いなぁ。 日常におこるささいな、でも本人たちにとっては重大な事件に翻弄される人々を描いた短編集「ちょいな人々」。 登場人物たちは自分に降りかかる事件に、一生懸命対処するんですが、時に裏目にでたり、予想もつかない方向に物事が
| 日々の書付 | 2009/09/16 7:15 PM |
荻原浩『ちょいな人々』
ちょいな人々荻原 浩文藝春秋このアイテムの詳細を見る 今回は、荻原浩『ちょいな人々』を紹介します。7編の短編小説で、登場人物は全員憎めないなあという印象でした。真骨頂のユーモア小説集という印象ですね。いじめ電話相談室がいちばん好きな話ですね。 ○各短
| itchy1976の日記 | 2010/08/12 12:14 AM |