CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「ネコのタクシー アフリカへ行く」南部和也 | main | 「百万円と苦虫女」タナダユキ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ばかもの」絲山秋子
ばかもの
ばかもの
絲山 秋子
JUGEMテーマ:読書


気ままな大学生のヒデと、強気な年上の女・額子。額子が結婚する事になり別れた二人。社会人になり、毎日飲むようになったヒデ。お酒の量はだんだん増え、昼間にも飲むようになり、仕事にも行かなくなった。心配する彼女や友達・家族の言葉に耳を貸そうとしないヒデはアルコール依存症になりすべてを失った。

第一章は大学生が年上の女性に溺れる様子が書かれているんです。あれや、これやと電車の中で読むのがためらわれるような描写が続き、糸山さんじゃなかったら読めなかったかも。年上の女性・額子が「結婚する」と言って二人が別れてから、今度は酒に溺れるヒデ。溺れやすい性格なんですね。
ヒデが、堕ちていく様子がすごくリアルで胸に迫ります。「自分は大丈夫」って言う全く根拠のない自信によってさらに堕ちていく。このままじゃいけないってわかってるんだけど、その不安から逃げるために又飲酒。ここ数年、すっかりお酒から足を洗った私ですが、その前は毎日飲んでました。「今日はやめようかなぁ」って思っても、冷蔵庫を開けて缶ビールをプシっと開ける日々。ヒデが言う「行き場のない思い」からお酒を飲んだって言うのを読んだ時、ドキっとしました。なんとなくわかる気がします。お酒はやめましたが、活字中毒からは抜けられそうにありません。

アルコール浸りの日々で彼女にも逃げられ、実家で親のすねをかじって生活しているヒデ。反省しては酒を飲み、そして又反省…のループにはまったヒデがある日見かけた額子の飼い犬・ホシノ。そこは額子のおかあさんがやってるおでん屋だった。おばやんはヒデを見るなり「お酒は飲めない顔してる」といい、料理を出してくれます。おばやんの店に行く日だけがお酒を飲まない日。そしておばやんから額子は事故で片腕をなくし、一人片品にいると聞く。酒を飲み、車を運転して大きな事故を起こした数日後、アルコール依存症を治療する病院に入院したヒデ。退院後、片品にいる額子に会いに行く。

おばやんの存在に救われます。一度わかれ、遠回りをして再び付き合い始めた二人。最初に額子がいう「ばかもの」とラストにヒデが言う「ばかもの」がよかった。

ヒデが大学の時から知っているネユリ。学生時代からネットで株をやり儲け、その後宗教にはまる。そして最後には逮捕。彼女の人生もヒデとは別の「堕ちて行く」人生です。
| 本:あ行(絲山秋子) | 22:42 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 22:42 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1473
トラックバック
【ばかもの】 絲山秋子
大学生のヒデは額子の部屋に入り浸り、ろくに授業にも出ない。だが額子との別れは唐突に訪れた。どうにか卒業して職を得たヒデだったが、し...
| ぱんどらの本箱 | 2008/11/28 10:11 AM |