CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「さいはての彼女」原田マハ | main | 「左岸」江国香織 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
抱擁
抱擁
抱擁
JUGEMテーマ:映画


原題: POSSESSION
製作年度: 2002年
監督: ニール・ラビュート
上映時間: 102分
出演: グウィネス・パルトロウ, アーロン・エックハート, ジェレミー・ノーザム, ジェニファー・エール

19世紀を代表する大詩人ランドルフ・ヘンリー・アッシュの研究をするローランドは、彼の蔵書の中から妻宛てではなく、女流作家クリスタベル・ラモットに宛てたものだと思われる手紙を発見する。この大発見を証明するため、ラモットの研究者モードに協力を仰ぎ事実を解明しようとするが、100年前の情熱的な恋に影響を受け、二人は次第に惹かれあっていく…。
グウィネス・パルトローが好きなので見たのですが、すごくよかった。邦題「抱擁」これはあんまりだよ…タイトルで観るのやめちゃう人いるだろうなぁ。

100年前の男と女が隠し通した恋。詩人で妻がいるアッシュ。作家で女性と暮らすラモット。二人は惹かれあい手紙の交換をします。お互いパートナーがいるんだからいけないとわかっていても惹かれ合う二人。そして二人は二人っきりで4週間を過ごすことにした。
100年前の衣装や風景がすごく素敵です。

そしてそれを見つけ出そうと奔走する100年後の男と女。アッシュとラモットの手紙を読み、訪れた場所をたどるうち、相手に惹かれ合うローランドとモード。

アッシュとラモットの恋の結末。そしてローランドとモードの恋は…

グウィネス・パルトローはいつどんな映画に出ても「貴族的」な「リッチ」な雰囲気をかもし出します。そういう役しか受けないのかしら。でも、好きなんですけどね。

アーロン・エックハートを最初に認識したのは「サンキュー・スモーキング」ですが、いつ観ても顎の割れ具合が立派です。ちょっと顔長めだけど、観ているうちに「いいなぁ」って思える俳優さんですね。
| 見る:洋画(は行) | 21:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:24 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック