CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 抱擁 | main | 「ネコのタクシー アフリカへ行く」南部和也 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「左岸」江国香織
左岸
左岸
江國香織
JUGEMテーマ:読書


福岡で隣同士に住んでいた茉莉と九―。踊ることと兄が大好きな茉莉は17歳で駆け落ちし、同棲、結婚、出産を経験する。数々の男と別れても、いつもどこかに、影のような九がいて…。江國香織と辻仁成の奏でる二重奏ふたたび。

分厚いんだけど、あんまり動きがないというのか、淡々と語られる一人の女性の歴史になかなか読書が進まない。江国さんじゃなかったら読みきったかどうか不明。ただ、数日にわたって読んだので、主人公・茉莉の生活にどっぷりと浸ってしまい、私の脳内言葉は「なんちゃって九州弁」になってたし、自由気ままで奔放な人生を歩んでいる気持ちにさえなりました。

九州の言葉で書かれているからなのか、あまり江国さんらしくなかった。でも所々で江国さんらしい言葉遣いがあって(「ままならない」だとか)ニヤリとしました。

物語は主人公・茉莉の小学校入学前から始まります。2歳年上の兄・惣一郎と一緒に居れば幸せだった茉莉。お隣に住む同い年の九との3人の素晴らしい日々が、惣一郎の自殺という思いがけない出来事により突然消えます。そしてそれからの茉莉は母親のイギリス留学、早熟な恋や東京への駆け落ち、母の出奔、始との出会いから妊娠・結婚・出産とめまぐるしく変遷していきます。始との幸せな日々も始の死によって終わり、その頃絵のモデルにと誘われパリへ。その後は娘さきと一緒に東京で暮らし、一人の男性との恋の後、地元へ戻って自分の店をオープン。波乱万丈の人生です。

他人に打ち解けようとせず、わが道を行く。強いんだけど、男が現れるとそれまでの自分をすべて捨てしまう。そして男が去ると、また強い女性に戻るのです。そんなところがかわいらしいなって思いました。
大切に思っている人は茉莉の元から去っていき、新しい出会いがある。さきがアミという男の子を連れてフランスから帰ってくる。いつでも一緒にいたい二人を見て「片時も離れていられない。そう思えること自体が奇跡なのだ。もしもさきが、いまその奇跡の時間緒なかにいるなら、無駄な倫理で阻みたくはなかった。「とめて」そう言ってもぐり込んだ惣一郎の布団の心地よさを、茉莉はいまでも覚えているが、あれはあのときだけの奇跡だった。人はいきなりいなくなってしまう」そんな風に考えます。茉莉の寂しさが感じられました。多くの男性と関係を持った茉莉ですが、どうしても兄の惣一郎や九に立ち戻るのです。

茉莉がであった男達!!!最初に駆け落ちをした隆彦。隆彦と一緒にお世話になった馬場さん。馬場さんのアパートの上の階に住んでいた山辺(彼は九州で茉莉に置いて行かれてからどうなっちゃったんだろう?)「博多以外の土地では死んでもラーメンを食わん男」の始。フランス在住の画家・志津夫。東京で勤めていたバーの店長・達哉。九州で家に遊びに来る郁ちゃんのお父さん・智幸。たくさんの人が茉莉と関わってます。そして亡くなるか、別れた後落ちぶれるか…

茉莉が九へ出した手紙「地下鉄に乗ったら、急に地上に出て、その時見えた桜がすごくきれいだった」って言う文章がすごく江国さんっぽかった。

ガーデニングに興味を持ちイギリス留学を決め、そして出奔してしまった母。茉莉が大学に行くと言った時に、家庭教師として父・新が連れてきたミチル。茉莉が九州で開いたワインバー「ポスト・デセンス」の常連客・菊丸などの女性達のそれぞれの人生も興味深いです。

時々出会う九、時々貰う長い手紙。大切な人の死や思いもかけない出会い。その中で常にどこかにある、九の気配。一緒にいるわけではないし、恋愛関係にあるわけでもないのだけれど、どこかで確実に繋がっている2人。「右岸」の九の人生、九側からみた茉莉が楽しみです。
| 本:あ行(江国香織) | 23:22 | comments(6) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | 23:22 | - | - |
コメント
こんばんは。
感性のままに物怖じせず恋をする主人公の茉莉。
危なっかしくもあり、羨ましい気持ちにもなりました。
でもこうしてみると、人に恵まれてたなって思います。
| 藍色 | 2008/12/10 3:01 AM |
藍色さん、こんばんは。
男と出会うたびに自分の積み上げてきたものをあっさりと捨ててしまう茉莉。こんなに自由奔放に生きてみたいものです。
色々あったけど、人に恵まれていたんでしょうね。
| なな | 2008/12/10 11:08 PM |
ななさん、こんにちは。
久々の江國さんの小説、堪能しました。かなり時間をかけて読みました(年末に読んだせいもあり)。
九州弁、東京出身の江國さんは相当取材されたんだろうな〜、と想像しました。
当分は、二段組の長編は読みたくないです(笑)。
ではでは、また来ますね〜。
| 真紅 | 2009/01/11 10:35 PM |
真紅さん、こんばんは。
少しずつ読んで、その世界にずっと浸ってるのも素敵ですよね。
たしかに二段組の長編は暫く遠慮したい(笑)
| なな | 2009/01/13 8:47 PM |
そうなんですよ。読んでも読んでも進んでなくて途方に暮れました。(笑)
じっくり読まされちゃいましたね。
でも茉莉みたいな生き方って羨ましい気もしますが、友人にいたら私は嫌かも。
茉莉の父が可哀相でした。
結局山辺ってどこ行っちゃったんでしょうね。最初に駆け落ちしたあの男の人も、その後どんな人生だったのか気になります。(苦笑)
| じゃじゃまま | 2009/07/11 11:23 PM |
じゃじゃままさん、おはようございます。
本当に、じっくりと語られる茉莉の物語。
読み終わったときには、人生を一つ経験したようなキモチになりました。

茉莉に関わった男の人たち、お父さんも含めて全員悲しい人生です。
茉莉もそれなり悲しんでいたみたいですけど、次に男が出来れば、気持ち新に人生を歩んでますもんね。
| なな | 2009/07/13 5:36 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1471
トラックバック
左岸 江國香織
装幀は新妻久典。写真は澁谷征司。「すばる」連載に加筆訂正。敬称略。 茉莉は17歳で駆け落ち。同棲、結婚、出産。数々の男との出会いと別...
| 粋な提案 | 2008/12/10 3:02 AM |
遠くに行くこと〜『左岸』
 Rive gauche  小さな頃から踊ることが好きで、奔放に生きる寺内茉莉。兄惣一郎を亡くし、 高校中退、家出、同棲と、波乱万丈の彼女の人...
| 真紅のthinkingdays | 2009/01/11 10:29 PM |
本「左岸」
左岸 江國香織 集英社 2008年10月 辻仁成『右岸』と対を成す物語。 私は女性である点と、茉莉が九のように超能力を持っているわけでもないので、右岸よりも感情移入しやすかった。右岸でわからなかった相手の気持ちや、その時々の状況などを知るこ
| <花>の本と映画の感想 | 2009/01/24 7:51 PM |
左岸 江國香織著。
≪★★★☆≫ 濃厚だった。かなりの時間毎日読んでいたのに、見直すと、まだ半分にもいってなかったり、江國風に言うなら、そんな自分に途方に暮れてしまった、って感じ?大長編だよね、これ。 兄をこよなく愛し、隣家に住む幼なじみの祖父江九と兄惣一郎の男同士の友情
| じゃじゃままブックレビュー | 2009/07/11 11:19 PM |