CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 神童 | main | 蒼井優×4つの嘘 カムフラージュ 1 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「エキストラ!」吉野万理子
エキストラ!
エキストラ!
吉野 万理子
JUGEMテーマ:読書


前職はコピーライターであったが、いまの仕事は、キャラクタービジネスを手がけるベンチャー企業、『キャラパーク』の営業アシスタント。新たなプロジェクトに向け組織変更が行なわれ、真穂は憧れのセンパイ・大賀諒と同じチームになるのだが…。

26歳女子が主人公のお仕事小説。取引先との「言った、言わない」問題。ライバル出現。社内での女どうしの戦い。仕事をするのって大変なことだ。

主人公は会社の倒産によって転職を余儀なくされた紺野真穂26歳。趣味は短歌を詠むこと。愛読書は有吉佐和子さん。以前の仕事はなんちゃってコピーライターだったが、転職先「キャラパーク」では営業アシスタントとして、憧れの大賀先輩、山本さんと一緒に営業第三課で大手通販会社のキャラクター作りをする。人生のクライマックスっていつだろう?私は一生エキストラなの??そんな風に悩みながら仕事をする紺ちゃんの物語。
憧れの先輩と同じ課になり、先輩の言うことに喜んだり落ち込んだり。そこに仕事の充実感も加わる。会社の年齢の近い女子たちとのあれこれ。33歳の先輩社員がつくる「ミミーズ」一緒に働いてる人が心の病気になってお休みしたり、突然の会社の買収話だったり、ドラマっぽく物語が進んでいきます。

面白かったけど、だけど2時間ドラマだな、これは。
| 本:や行(吉野万理子) | 23:21 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:21 | - | - |
コメント
読書するには、その読み方が三通りあると聞く。 一つは、ただストーリーだけを追って読む。 二つには、時代的背景、社会情勢を考えながら読む。 三には、作者の思想、意図など、作者自身の人間を、洞察して読む。なかでも、とくに大事なのは三番目で、そうでないと、作品を十分に理解することはできない。 すべての著作は、これを読む人との対話であり、著者と読者との共同作品でもあると、自分は思う。

| 智太郎 | 2008/11/11 4:01 PM |
智太郎さん、こんばんは。
「すべての著作は、これを読む人との対話であり、著者と読者との共同作品でもある」
本当にそうですね。
毎回、出会いを大切に読書できたらいいなって思います。
| なな | 2008/11/11 9:42 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1445
トラックバック