CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「平等ゲーム」桂望実 | main | ママの遺したラブソング >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「告白」湊かなえ
告白
告白
湊 かなえ
JUGEMテーマ:読書


我が子を校内で亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少年を指し示す。ひとつの事件をモノローグ形式で「級友」「犯人」「犯人の家族」から、それぞれ語らせ真相に迫る。

『「愛美は事故で死んだのではありません。このクラスの生徒に殺されたのです」第29回 小説推理新人賞受賞選考委員をうならせた、驚異の大型新人現る!』なんて新聞広告に出ていて、すぐに予約したんだけどやっぱり長いこと待たされました。

それにしてもすごい。先が気になって気になって、一気読みでした。読んだ後しばらく先生の語り口調が頭の中をグルグル。

ある中学校での終業式の後のHRで、学校内で幼い愛娘のを亡くしてしまった女教師。その日で先生をやめるという先生が淡々と語りだした事件の真相。事件当時、事故で片付けられてしまった娘の死が、実は悪意ある生徒の手によるものであったことを知り、事実関係を確認した上で教師が自らの手で犯人である生徒たちに下したおぞましい制裁。そして教師が去り生徒達は新しい担任を迎えて2年生に。残されたクラスの生徒達の間で起こる二重、三重の悲劇。
森口先生の語り口調が本当に静かで、丁寧な言葉で、感情の起伏が全く感じられない。すごく冷静に自分のこと、犯人の事を語るのです。そしてクラスメートの女の子、犯人とされた少年Bの母親、少年B、少年A、そして再び森口のモノローグと物語りは続き、色々な人の告白で最初の森口先生の語りの色々な背景が肉付けされていきます。

ラストまでなんの救いもない物語。すごかった。

それにしても「世直しやんちゃ先生」もうすこし素敵なネーミングなかったのかしら…
| 本:ま行(その他の作家) | 21:12 | comments(16) | trackbacks(19) |
スポンサーサイト
| - | 21:12 | - | - |
コメント
二転三転して興味をかきたてられました。
それにこう突っ走ってくれると、ある意味で清々しいです。
新人なのに大した度胸だと思いました。
| しんちゃん | 2008/11/06 4:51 PM |
しんちゃん、こんばんは。
章を進めるたびに新たな視点で、いちいち驚きました。
本当に新人さんなのかしら?って思います。
| なな | 2008/11/06 11:05 PM |
はっきり言って、怖い本でした。

あらたな「復讐」!?

答えは無いけど、やっぱり今の世の中を象徴しているような話に胸が締め付けられました。
| じゅずじ | 2008/11/13 10:56 PM |
じゅずじさん、こんばんは。
本当に怖い本です。
今の世の中を象徴している話。
確かにそうなんだよ!って頷きました。
| なな | 2008/11/14 8:46 PM |
こんばんわ。
人気作品ですね。
しかもジワジワと人気が上がっていく感じで、年内に読めるか不安でしたが、やっと読めました。
迫力のあるすごい作品でしたね。
「世直しやんちゃ先生」。
たぶん「夜回り先生」と「ヤンキー先生」を足したんだと思いますが、ちょっとカッコ悪いネーミングですよね」(笑)
| ia. | 2008/12/15 11:22 PM |
ia.さん、こんばんは。
本当に人気作品で、図書館の予約がすごいことになってます。
そして読んでみてその長い予約待ちの訳がわかる。
最初から最後まで一気読みでした。

「世直しやんちゃ先生」ネーミングいまいちですよね。
| なな | 2008/12/16 9:53 PM |
私もやっと読めました。すごかった。
読後はう〜む‥と考え込みました。

亡くした子の復讐を成し遂げた森口先生。
母親が大好きだった犯人の子供達。
極端で歪んでいるけど、なんだか納得してしまう。

うちの中2は太平安泰っぽくみえますが、どうなのかな?



| たまま | 2008/12/17 9:07 AM |
たままさん、こんばんは。
本当に次は?次は?と気になる本ですよね。

ゾッとするような物語なんだけど
どこか「その気持ちは理解できるようなきもする…」って緒思うところもあるんですよね。

こんなクラス、小説の中だけにしてほしいです。
| なな | 2008/12/17 9:16 PM |
最初の先生の告白からして怖くなりましたが、最後まで読ませる筆力がありましたね。
構成はうまいと思いました。
| | 2009/01/06 11:09 PM |
花さん、こんばんは。
本当に最初の章からギョットして
ひきこまれますよね。
語る人が変わるたびにこんなに印象が変わるものなのかと
驚きながら最後まで読みました。
構成うまいです。
| なな | 2009/01/07 9:07 PM |
こんにちは〜TBさせてもらいました。

ものすごいゾクゾクする先が気になって仕方ない作品でした!
ラストは私はスッキリさえ感じてしまったのですが・・

第1章の完成度の高さはすごいですよね〜
久しぶりに得体の知れない怖さを読書しながら味わいました。
| hito | 2009/02/19 5:11 PM |
hitoさん、こんばんは。
ホントに先が気になる物語でしたよね。
怖ろしいんだけど、真相が知りたい!!!
最後は媚びを売らない終わり方で潔かったです。
新刊、出てますよね。楽しみ♪
| なな | 2009/02/19 8:45 PM |
この小説、少し落ち着いてから予約しようと思ってたら、時間が経つほどにますます人気が出て・・・。ようやくですよ〜。予約した時1400番台だったんですけどね。

インフルエンザになってしまって、おかげで一気に読めました。ものすごい頭痛の中、止める事が出来ませんでした。
愛美ちゃんの事件は悲しいけど、彼らの末路にはすっきりさえしました。
渡辺のお母さんって、きっと責任転嫁したんでしょうね。そんなのあの子の勝手よ、とか言っちゃって。鬼になりきった森口先生は、立派だとさえ思いました。(駄目?)
| じゃじゃまま | 2009/12/16 1:10 PM |
じゃじゃままさん、1400番台ってすごいです!

森口先生、立派でしたよ。
だって、関係していた人たちひどかったですもん。

じゃじゃままさんがインフルエンザにかかったんですか?
もう大丈夫なのかしら。
年末、何かと忙しいからご自愛くださいね。

| なな | 2009/12/16 9:00 PM |
こんばんわ。TBさせていただきました。
噂どおりの衝撃作でした。
本当に救いようがないですよね。
でも、少年2人に与えた制裁は、私は嫌いではなかったです。
正しかったとは言えないですが。
少年達は頭はいいかもしれませんが、中身は本当に子どもでしたね。
| 苗坊 | 2010/06/05 9:47 PM |
苗坊さん、こんばんは。

本当に「衝撃作」ですよね。
「え〜!!!」の連続。
映画はどんな風なんだろうって興味津々です。
| なな | 2010/06/06 9:08 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1441
トラックバック
「告白」湊かなえ
告白(2008/08/05)湊 かなえ商品詳細を見る 中学校終業式の日。一年B組のHRで女性教師が淡々と語りだす。教師を辞職すること。教師になった理由。...
| しんちゃんの買い物帳 | 2008/11/06 4:51 PM |
【告白】 湊かなえ 著
愛美は事故で死んだのではなく、このクラスの生徒に殺されたからです… はっきりいって、本音が語られてる怖い話です [:ショック:]   まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] ブログランキング[:右斜め上:] 【あらすじ】 我が子を校内で亡くした女
| じゅずじの旦那 | 2008/11/13 11:18 PM |
告白
著者:湊かなえ 出版社:双葉社 感想文: 今年の話題作「告白」。年末に発表されるランキング系雑誌でもランクインされていたような気と思います。 やっと読めました。 こわかったです。背筋が凍るほど。 第一章は女性教師の一人語りで始まります。教室で淡々と
| どくしょ。るーむ。 | 2008/12/15 10:47 PM |
本「告白」
告白 湊かなえ 双葉社 2008年8月 教師森口悠子は、終業式の日、H
| <花>の本と映画の感想 | 2009/01/06 11:05 PM |
告白/湊かなえ
JUGEMテーマ:読書 読書期間:2009/1/14〜2009/1/15 [双葉社HPより] 我が子を校内で亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少年を指し示す。ひとつの事件をモノローグ形式で「級友」「犯人」「犯人の家族」から、それぞれ語らせ真相に迫る。選考委員全員
| hibidoku〜日々、読書〜 | 2009/01/28 12:38 AM |
湊かなえ『告白』
告白湊 かなえ双葉社このアイテムの詳細を見る 今回は、湊かなえ『告白』を紹介します。デビュー作の割には読ませる文章力があるし、第1章の衝撃の告白「愛美は事故で死んだのではなく、このクラスの生徒に殺されたのです。」以降どうなるのかなと思いながら読むことが
| itchy1976の日記 | 2009/02/17 7:19 PM |
「告白」湊かなえ
あちこちで目にするこの「告白」ですが、読後感がよくないというのも耳にしていたので覚悟して読みました。 「幼い娘を亡くした女性教師が終業式で語った言葉。愛美はこのクラスの生徒に殺された。 そしてその衝撃よりも大きな告白、犯人二人を裁いた方法とは・・」
| 日々のつぶやき | 2009/02/19 5:09 PM |
湊かなえ「告白」
湊かなえさんの「告白」を読み終えた。 「告白」 湊かなえ 双葉社 2009年本屋
| まこにっき | 2009/03/14 9:46 AM |
告白
ベストセラー小説「告白」(湊かなえ著)を読む。 かなり世間と書店をにぎわせているこの作品、 前々から興味があった。 そして、王様のブランチにて「第1章の完成度が高すぎる」的な感じで紹介されていた。 そこでさらに興味が沸いた。 そして、読む
| 下町バカドールシアター | 2009/04/06 1:17 PM |
告白  湊かなえ
告白/湊 かなえ 湊かなえ 双葉社 2008 STORY: 事故死と処理された愛娘の死。しかし、実際は2人の生徒に殺されていたということを知った女教師は、教員生活最後の日にクラス全員に事実を告げる。そのことと女教師が行ったある復讐が思わぬ悲劇を生み出
| 読書・映画・ドラマetc覚書(アメブロ版) | 2009/07/10 5:59 PM |
告白 (湊かなえ)
第一章 聖職者 終業式、退職を控えた、 中学の女性教師が クラスの生徒を前にしての一人語り。 愛する一人娘を失った原因となる 教え子を告発。 その少年に対する復讐。 衝撃的な第一章の幕開け、 最初から、引き込まれます。 感情を交えないで語る、 女性教師がこ
| 花ごよみ | 2009/08/19 8:07 PM |
告白 湊かなえ著。
≪★★★★☆≫ 本当は五つ星か迷うところなんだけど、じゃあ、家に置いておきたい本(物語)かと問われると、う〜ん、なので。 でも私はこの手の話嫌いじゃないんだよね。 中学教師の愛娘が、学校のプールで転落死していた。 終業式、その担任教師が生徒たちに語り始
| じゃじゃままブックレビュー | 2009/12/16 1:03 PM |
告白
湊かなえ 著 
| Akira's VOICE | 2010/01/09 2:44 PM |
「告白」/湊かなえ
「告白」/湊かなえ(双葉文庫刊)       今までにないタッチの文体と進行。ただただ一人称の世界が、“娘”というキーワードの下にあまりに淡々と語らせて、どんどん深みに落ち込んでいく。嫌がおうにも次のページを捲っている自分に気付く・・・。
| 京の昼寝〜♪ | 2010/04/29 8:49 AM |
告白 湊かなえ
告白クチコミを見る 我が子を校内で亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少年を指し示す。 ひとつの事件をモノローグ形式で「級友」「犯人」「犯人の家族」から、それぞれ語らせ真相に迫る。 選考委員全員を唸らせた新人離れした圧倒的な筆力と、伏線が鏤めら
| 苗坊の徒然日記 | 2010/06/07 9:32 AM |
『告白』 湊かなえ
「私の娘は事故で死んだのではありません。このクラスの生徒に殺されたのです。」 終業式のホームルーム、退職するという女性教師の告白から始まる、章ごとに語り手が変わるモノローグで構成されるドラマ。犯人、犯人の家族、クラスメートと様々な視点から事件が綴ら
| 【徒然なるままに・・・】 | 2010/07/02 8:16 PM |
告白
大評判の『告白』をTOHOシネマズ日劇で見てきました。 (1)この映画の原作本である湊さかえ氏の同名の小説は、一昨年の『週刊文春』の「ミステリーベスト10」で第1位であり、また本屋大賞をも受賞していますから、いつもだったらとっくに読んでいるところなのですが、な
| 映画的・絵画的・音楽的 | 2010/07/18 7:56 AM |
1週間読書のまとめ「告白」「神様のカルテ」「ありがとう、さようなら」
最近読んだ本をまとめてUPします★ありがとう、さようなら・・・瀬尾まいこ【STORY】せんせいの毎日はありがとうに満ちている、そして訪れる、さようなら。小説みたいな瀬尾まいこの毎日。「僕は先生のことを愛しています。今度のテストで100点取るので結婚してくださ
| C'est joli〜ここちいい毎日を〜 | 2010/08/31 9:35 AM |
本 「告白」
中島哲也監督の映画版もすごいと思いましたが、原作本もさすが本屋大賞をとるだけのこ
| はらやんの映画徒然草 | 2010/11/21 11:10 AM |