CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「もっと塩味を!」林真理子 | main | 「真夜中の学校で」川端裕人 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「すべての若き野郎ども」久保寺健彦
すべての若き野郎ども
すべての若き野郎ども
久保寺 健彦
JUGEMテーマ:読書


生涯戦績、317勝無敗(自称)の達夫と、元暴走族特攻隊長・恭平は、最強コンビを組み「天下統一」を目指す。五つの暴走族、地元のヤクザを向こうに回し旋風脚と皿割りで連戦連勝。そこに立ちはだかる伝説の男の正体は?TBS・講談社 第1回ドラマ原作大賞 選考委員特別賞受賞作

それにしても久保寺さんすごいです。「みなさん、さようなら」でパピルス新人賞、「ブラック・ジャック・キッド」で日本ファンタジーノベル大賞優秀賞、そしてこのほんで「第1回ドラマ原作大賞 選考委員特別賞受賞作」ですもんね。第1回ドラマ原作大賞は「被取締役新入社員」で、ドラマになったんですよね。これはドラマにしにくいかな。喧嘩ばっかりしてますもんね。

主人公の恭平は高校を3日で中退し、今は暴走族の特攻隊長。皿割と称する技で向かうところ敵なしだった恭平だが、ある日集会の前に出会ったアロハシャツを着た高校生に倒される。それが達夫。なぜか達夫に惹かれた恭平は暴走族を脱退し、達夫とつるむようになる。達夫は暴走族がたくさんいるその区で「天下統一」を目指している。

今まで読んだ久保寺さんの物語に出てくる主人公ってどの子もエキセントリック。今回も二人がそれぞれに個性的。恭平は高校を3日で中退し、暴走族の特攻隊長をしていたが、達夫とであったことで暴走族を辞め、コンビニの店員として働く。達夫に対してはいつも敬語。達夫に言われたことを調べるうちに、実は真面目にこつこつと調べることがすきなんだってことに気がつかされる。

達夫はアロハを着て、女の子にもてる。目指すは天下統一。はちゃめちゃな技を繰り出しと「細かいこと考えねえで、ガンガンいきゃあいいんだよ」と突っ走る姿に恭平もたじたじ。ありえない要求をするんだけど、なぜか許されてしまう雰囲気があります。

第一話でウルトラセブンになりきっちゃってる40代男性が登場しますが、彼もまた個性的で忘れられそうにもないです。戦う前に胸元からウルトラアイを出して装着(するふり)エメリウム光線は頭突きにアイスラッガーはダブル・チョップとなって相手を攻撃する。ウルトラセブンの物語を忠実に再現しているのに、実際には頭突きで相手が倒れているのに、相手に反撃され身悶えたりします。あぁ、痛い…痛すぎる40代。

恭平の所に毎晩通ってくる保護司の山本先生。毎晩9時にやってきてお茶を飲んで帰っていく。保護観察が解ける時に山本先生が焼肉をご馳走してくれて、そこに合流した達夫と山本先生が意気投合。元靴職人だった山本先生の話を聞いて衝撃を受けた達夫はテレビの影響で「アメリカで医学を学ぶ」と留学することを決意する。あんまり登場しなかったんだけど、喧嘩ばっかりの物語の中で、山本先生が出てくるシーンはなんだか静かになれる瞬間でした。恭平をしたう友達の妹・薫との淡い恋もかわいらしい。
「帰ってきたウルトラセブン」
暴走族の集会に行く途中に達夫にやられた恭平。そして恭平は暴走族を抜ける決心をする。高校名を名乗っていた達夫にあう為学校の前で待ち伏せをする恭平。二人は住んでいる街の天下統一を目指し、ガンガン喧嘩をすることに。そして3年前に一人で暴走族を倒した伝説の男・ウルトラセブンが刑務所から出てきたとの噂を聞いた。達夫に言われ、ウルトラセブンについて調べる恭平。ウルトラセブンはどうやらテレビのウルトラセブンになりきっているらしい。

「恋人は鎌倉人」
昔の暴走族仲間を刺して少年院に入ってた恭平が借退院した。達夫はナンパで知り合った千世の気を引くため、自分は鎌倉時代の武士で恭平はその時の家来だと言ってしまった。千世は自分は前世では鎌倉時代のお姫様だという。鎌倉時代について勉強する恭平。一方バイト先のコンビにに友人の妹・薫がやってくるようになった。薫は学ランを着て、県下が強くなりたいと言う。

「スチュワート家のクリスマス」
達夫の先輩で美容院に居候中の牛久保がオーナーが入院中の家賃を払わなければいけなくなり、考え付いたのが飲み屋。コンセプトは「スチュワート家のホームパーティー」牛久保は長男・ブルース。達夫は三男・ジェームス。そして恭平は次男・ボブに。お客はナンパな達夫が連れてくる。常連客もつき、クリスマスの3日間でなんとか支払えるだけのお金が集まるかと思ったら、暴力団登場。

「四月町グラフィティ」
アメリカに留学して医者を目指す達夫がアメリカに出発する前日。達夫が「ライブの後オールで選りすぐりの6人の女の子と酒池肉林だ」と言う。ところが、町中の不良たちから追われることに。
| 本:か行(その他の作家) | 22:30 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 22:30 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
『すべての若き野郎ども』 久保寺建彦
2008年の大型新人といえば、新人賞を4つとった真藤順丈ですが2007年はこの久保寺健彦です。第1回パピルス新人賞『みなさん、さようなら』、第19回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞『ブラック・ジャック・キッド』をそれぞれ上梓しています。この受賞の前に
| 猛読醉書 | 2009/05/19 12:12 PM |
「すべての若き野郎ども」久保寺健彦
「すべての若き野郎ども」久保寺健彦(2008)☆☆☆★★[2009115] ※[913]、国内、現代、小説、不良、暴力、少年、未成年、TBS・講談社第1回ドラマ原作大賞選考委員特別賞 不良グループ阿修羅会の特攻隊長だった千葉恭平、十六歳。つるむだけの集団に嫌気がさして
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2009/11/23 12:34 AM |