CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「蟋蟀」栗田有起 | main | 「三月の招待状」角田光代 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
マーゴット・ウエディング
マーゴット・ウェディング
マーゴット・ウェディング

JUGEMテーマ:映画


原題: MARGOT AT THE WEDDING
製作年度: 2007年
監督: ノア・バームバック
上映時間: 92分
出演: ニコール・キッドマン, ジェニファー・ジェイソン・リー, ジャック・ブラック, ジョン・タートゥーロー, キアラン・ハインズ

作家のマーゴット(ニコール・キッドマン)は妹ポーリン(ジェニファー・ジェイソン・リー)の結婚式に出席するため、思春期の息子クロード(ゼイン・パイス)を連れて久々に実家を訪れる。長い間疎遠だった関係から、ぎこちないながらも再開を喜ぶ姉妹。ししマーゴットは、ポーリンの婚約者マルコム(ジャック・ブラック)が無職の画家と知って、この結婚に不安を抱き始める。そして、そんな彼女の予感が的中したように、次々と思わぬ騒動が巻き起こり・・・。
「ファウンテン」に続き、DVDのパッケージに騙された作品です。「笑いと感動のハート・ウォーミング・コメディ!!」って書いてあります。笑い?感動???

マーゴットとポーリンの姉妹の微妙な関係、マーゴットが話してるとポーリンがエキセントリックな感じに思えるし、ポーリンが話すとマーゴットはすごく神経質そうに見える。実際、マーゴットは何かの薬物に依存しているみたいだし、夫と離婚しようとしている。息子・クロードを溺愛していて、クロードも母親が大好き。だけど、息子への態度はすごく甘やかしたと思ったら急に突き放したり。精神的な揺れが物凄いマーゴットにこっちまでおかしくなっちゃいそう。

マルコムが運転する車のブレーキのききが悪かったり、子どもの頃からある葉の生えていない木を切れという気持ちの悪いお隣さんがいたり、そんな小さなところも心がざらざらする物語でした。

ラストのマーゴットの逃げるような態度。また同じこと繰り返すんだろうなぁと思いながらも、隣の息子が少し成長しているんじゃないかなって思いました。
| 見る:洋画(ま行) | 21:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:27 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック