CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< ミス・ポター | main | 「それは私です」柴田元幸 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「親切なおばけ」若竹七海
親切なおばけ
親切なおばけ
若竹 七海・杉田比呂美
JUGEMテーマ:読書


ノノコが住んでいるのは、とっても古い家。床に丸い物を置くと転がるし、雨の日は天井から水が落ちてくるし、風が吹くと家がゆさゆさと揺れます。近所の子供たちからは「おばけやしき」と呼ばれていて、ノノコはおばけやしきに住んでいる「おばけ」だからって、誰もノノコと遊んでくれないのです。そんなある日、おじいちゃんが倒れた。

若竹さんの文章に杉田さんのイラスト。かわいらしい小さな絵本です。かわいらしい絵本なんだけどフリガナが全くないので、大人向け絵本なんでしょうね。

ノノコのお家は古い。丸いものを置いておくとたんすの下や廊下のはしにころがってしまう。雨漏りはもちろん、風が吹けば家がゆさゆさ揺れるので家族みんなで柱にしがみつく。ご近所さんはノノコの家を「おばけやしき」と呼び、ノノコは友達に「おばけ」と呼ばれ遊んでもらえない。

そんなノノコに親切なおばけになりなさいと諭すおじいさん。そしておじいさんが亡くなり、お葬式の時にみんなに親切にと色々するノノコですが、全部裏目にでて家が崩れます。
亡くなったおじいさんが本物のおばけになってつねにいるのです。時には棺桶の上に、時にはノノコがたたずむ雑木林の木の上に。その姿が面白いと次男。長男はつるつる滑る座布団をとめようとノノコが接着剤をつけ、その接着剤がお坊さんの足袋にくっつき何もかもぶちまけちゃうところが面白かったらしい。

杉田さんのイラストがすごくかわいいのです。特に博物学者だったおじいさんの部屋のきれいな石やら化石やら。私もあの部屋を覗いてみたいです。
| 本:わ行 | 21:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:36 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1394
トラックバック