CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 夜のピクニック | main | 「きのうの世界」恩田陸 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「夏のくじら」大崎梢
夏のくじら
夏のくじら
大崎 梢
JUGEMテーマ:読書


大学進学を機に東京から高知にやってきた大学生・守山篤史は従兄弟から強引に本場・よさこい祭りに誘われる。衣装、振り付け、地方車、鳴子。六年ぶりに復活する町内会チームは、どこよりも熱い。中3の夏に多郎に誘われてよさこいに参加した時の苦い思い出。

よさこい祭り。流行ってますよね。私が住む街でも3年前から夏の最後の週末に神社前の通りを通行止めにしてよさこい祭りが開催されます。神社前の道はそのままうちの前の道でもあり、スタート地点から50メートルも離れていないので、「がんばるぞ〜」って声やらすごい音で鳴り響く音やら駅前におそろいの衣装でハイテンションで盛り上がる人たちにタジタジでした。でも、この物語を読んだら、あぁもっとしっかり見ておくんだったなぁって反省(北京オリンピックの4継もそうだったけど、最近「あぁ、もっとしっかり見ておくべきだった」って言うのが多すぎ!)

面白かった〜。特に後半、電車の中でニヤニヤしながら読み、家に帰って子供が話しかける声が聞こえないくらい集中して読んでしまいました。

高知の大学に入学し、祖父母の家に下宿して生活する篤史。従兄弟の多郎に「暫く途切れいていた鯨井商店会のチームが再結成するからスタッフとして参加してくれないか」と頼まれる。よさこい祭りといえば4年前、同じく多郎に誘われて踊ったことがある。練習の時に出会った年上の女性。電話で話をして涙していたその女性が、いつも一人の篤史の話し相手になっていてくれた。本番1日目、メダルをもらえなかった篤史に自分のメダルをくれたその「いずみ」と名乗った女性が二日目には来なかった。そんな苦い思い出をもつよさこい祭り。断るつもりで言った町内会の会合だったが、スタッフとして働く事に。衣装、曲、踊りにメンバー募集。HP担当となった篤史は色々と覚えながら、4年前の思い出の女性いずみ探しもする。
今では全国にちらばった「よさこい祭り」だけど、高知発祥の参加型夏祭りで、神仏に一切関係がない。始まりは戦後。阿波踊りに対抗して作られた。「よさこい鳴子踊り」という曲が作られ、郷土民芸品の鳴子を手に踊る。曲のアレンジは自由だが、「よさこい鳴子踊り」のメロディーを必ず入れる。地方車を先頭に踊り子たちが踊る。そんな「よさこい祭り」にスタッフとして参加する篤史と一緒によさこい祭りについてどんどん詳しくなっていきます。

そして4年前の苦い思い出、いずみ探し。篤史が参加していたそら組はその年で解散してしまった。もとそら組の人たちから話を聞いたが「いずみ」という女性については誰も知らない。カジがもっていた鳴子があの時いずみがもっていた鳴子と全く一緒だということがわかったが、カジもいずみという名前に心当たりはないという。もとそら組の人が他のスタッフに連絡してくれたりして、大会2日目いよいよ…となるわけです。それにしてもいずみちゃん、名乗り上げてくれたらよかったのにね〜いじわる。

スタッフの人たち。リーダの月島、裏方の三雲、ダンス指導のカジ、衣装担当の志織、踊り子一筋の彩乃、そして従兄弟の多郎などの過去やこれからなども興味深いです。
| 本:あ行(大崎梢) | 21:43 | comments(15) | trackbacks(10) |
スポンサーサイト
| - | 21:43 | - | - |
コメント
 期待以上の面白さでした。ミステリーではないけど、これまで読んだ大崎作品の中では一番かな。ただ、あの名前で「いずみ」はありかぁ?…っていう気はしますが。
| higeru | 2008/09/27 5:47 PM |
higeruさん、こんばんは。
本のシリーズじゃないんだ…って躊躇したんだけど
これは読んで正解ですよね。
「いずみ」ね〜あの名前だから見つからなかったっていうのもありますもんね。
そんな風な呼ばれ方するひといるのかしら?
| なな | 2008/09/27 11:14 PM |
こんばんは。
本の新シリーズが出たすぐあとに出たので不思議に思っていたのですが
今までとまた違った青春小説でしたね。
思わず実際のお祭りを見てみたいと思ったほど
読んでいた時はよさこい祭りに魅力を感じました。
| Yuki | 2008/09/28 12:21 AM |
こんにちは。
よさこい祭り、流行ってるんだ。
大阪ではちっとも気配がないけれど。
馴染みがないお祭りだけど、見たいと思いました。
参加はムリかなあ^^;
| しんちゃん | 2008/09/29 12:09 PM |
◇Yukiさんへ

新刊が続けてだったのでなんだろう?とは思ったのですが
こんな物語だとは。
よさこい祭り、おそろいの衣装に派手な化粧、
うるさい音楽でキャーキャーさわいで…と印象がわるかったのですが、来年の夏はもう少しちゃんと見てみたいなって思いました。

◇しんちゃんへ

よさこい。流行ってると思います。
私の町も実家の市も夫の実家の市も夏になるとやってます。
きっと、自由だしイベントとして取り上げやすいんでしょうね。
昨日、駅前でボーイスカウトの男の子が鼻歌歌いながら
鳴子両手に一人で踊ってました。
そういえば、小学校の運動会でも2年生が踊るみたいです。
| なな | 2008/09/29 3:32 PM |
ななさんのところでは「よさこい」やってるんですね!いいな〜。うちの方は・・・どうだろう。今まで気にも留めてなかったので、これからはチャックしなくちゃ。
でも、いいな〜って思いますよね。そういう土地に生まれつくのって。
主人とこの本の話してたら「よさこいって北海道にもあるよね」って言われて「高知から飛び火したんだよ〜」って、少しだけ優越感に浸ってしまいました。
| じゃじゃまま | 2008/10/11 9:40 PM |
じゃじゃままさん、こんばんは。
よさこいやってるのに、今まで全然気にしていませんでした。
今年なんて大雨の中びしょぬれになってやってましたよ。
来年は絶対に見ます。
衣装やら、音楽やら、鳴子やらをちゃんとチェックしなきゃ。
毎年夏になるとよさこい。
県全体で楽しんでいるって感じで素晴らしいです。
| なな | 2008/10/11 10:43 PM |
こんにちは。
読んでいて楽しい(特に後半が)話でした。
祭り当日のところは描写がリアルで、篤史は彼女と再会できるだろうか?と思いながら読みました。
よさこい祭りってあまり知らなかったんですが、スタッフや踊り子たちの祭りへの意気込みがすごかったです。
踊ることで解放されるような気持ちになるのは素敵だなと思いました。
| mint | 2008/10/14 11:33 AM |
mintさん、こんばんは。
本当によさこい祭りが楽しそうに描かれていて
来年はぜひとも見たいと思いました。
今日遊びに来た友達にもぜひ読んで!と
お薦めしちゃうくらい楽しい本でした。
| なな | 2008/10/14 9:28 PM |
この本、もうちょっと早く読んでいたら地元のよさこい祭りを見に行ってたのに!ふ〜ん、この辺でもやるんだぁ…とスルーしちゃいました。来年は見に行ってみよう。
頭の中で音楽や踊り子が踊っている様子が浮かんできて、読んでいるだけでも楽しい一冊でした。
| エビノート | 2008/10/20 7:58 PM |
エビノートさん、おはようございます。
エビノートさんの地元でもよさこい祭りやっているんですね。
本当に全国津々浦々広がっているんだ。
私も今までスルーしていたんだけど来年こそは絶対にみます。
よさこい祭りについて色々知ることが出来てお得な本でした。
| なな | 2008/10/21 8:27 AM |
ななさんと同じくよさこいにあまりいい印象がなかったのですが、偏見だったかも。
やっぱり仲間がいて、ひとつの事に熱くなるっていいですね〜。
篤史とイズミさんの再会シーンも爽やかでした。


| たまま | 2008/10/21 9:01 AM |
たままさん、こんばんは。
本当によさこいのよさを知ることが出来る物語でした。
周りでみていると「内輪うけ」っぽい印象ありますよね。
篤史とイズミさん、これからどうなるんだろう?と気になってます。
| なな | 2008/10/21 9:37 PM |
こんばんわ^^TBさせていただきました。
たくさんの人がひとつの事をやりとげる姿って良いですよね。
カッコイイです。
篤史の恋の行方も気になりましたけど、踊りも踊りきれるのかと最初は心配でしたが^^;
最後も爽やかでしたよね〜
| 苗坊 | 2009/02/27 11:09 PM |
苗坊さん、こんばんは。
熱くて暑い物語でしたよね。
これだけたくさんの人を動かす力ってすごいです。
| なな | 2009/02/28 8:09 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1390
トラックバック
【大崎梢】夏のくじら
 今のところとりわけお気に入り作家という訳でもない大崎梢だが、久しぶりに『平台がおまちかね』を読み、とりあえず未読本の予約を…と思って図書館ページにアクセス。あいにくと『片耳うさぎ』は出払っていたが、ラッキー! 最新作の本書がすぐに借りられる状態だっ
| higeruの大活字読書録 | 2008/09/27 5:56 PM |
夏のくじら/大崎梢
JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/9/16〜2008/9/18 [文藝春秋HPより] 高知の夏の風物詩・よさこい祭り。東京からやってきた内気な大学生・守山篤史は憧れの女性への思慕を胸に鯨井町チームに参加する
| hibidoku〜日々、読書〜 | 2008/09/28 12:16 AM |
「夏のくじら」大崎梢
夏のくじら(2008/08)大崎 梢商品詳細を見る 高知は父の郷里だ。市内の山側に祖父母の家がある。東京近郊に生まれ育った篤史にとって、遠く離れ...
| しんちゃんの買い物帳 | 2008/09/29 12:10 PM |
夏のくじら 大崎梢著。
≪★★★≫ 大崎氏の本屋以外の本ですね。 あ、他にも一作あったか、本屋以外。 東京から父の故郷である高知へ、大学進学のために祖母の家にやって来た篤史。従兄に誘われ、4年前に参加したっきりのよさこい祭りへ、戸惑いながらもまた参加することになった。 いったい
| じゃじゃままブックレビュー | 2008/10/11 9:37 PM |
『夏のくじら』 大崎梢
今日読んだ本は、大崎梢さんの『夏のくじら』です。
| いつか どこかで | 2008/10/14 11:26 AM |
夏のくじら 〔大崎 梢〕
夏のくじら大崎 梢文藝春秋 2008-08売り上げランキング : 100039おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 都会から高知にやってきた大学生・篤史は、従兄弟から強引に本場・よさこい祭りに誘われる。 衣装、振り付け、地方車、鳴子。 六年ぶりに復活
| まったり読書日記 | 2008/10/20 7:36 PM |
夏のくじら
夏のくじら 大崎 梢 大崎さんといえば本屋さん関係の人が出てくる小説を思い浮かべがち。 だけどこの作品の主人公は大学生。 高知県の「よさこい」を通じて、彼の心の動きを丁寧に描いたもの。 爽やかで明るくて楽しくて。とても気持ちよく読んだ。 主人公
| 読書三昧 | 2008/11/03 8:38 PM |
夏のくじら<大崎梢>−(本:2008年145冊目)−
夏のくじら # 出版社: 文藝春秋 (2008/08) # ISBN-10: 4163273301 評価:90点 さわやかでそして熱い、見事な臨場感の青春ど真ん中小説だった。 舞台は高知。よさこい祭り。 東京の高校からわざわざ高知大に進学した篤史。 高知に住んでいる従兄弟の太郎は
| デコ親父はいつも減量中 | 2008/11/08 11:39 PM |
夏のくじら  大崎梢
夏のくじら/大崎 梢 大崎梢 文藝春秋 2008 STORY: 高知の祖父母のもとに下宿し、大学に通うことになった篤史は、いとこに誘われ、しぶしぶながら地元のよさこいチームに入る。篤史が高知に来た訳は、4年前によさこいに参加したときに出会った女性にもう
| 読書・映画・ドラマetc覚書(アメブロ版) | 2008/11/20 12:23 PM |
夏のくじら 大崎梢
夏のくじら 都会から高知にやってきた大学生・篤史は、従兄弟の多郎から強引に本場・よさこい祭りに誘われる。 衣装、振り付け、地方車、鳴子。 六年ぶりに復活する町内会チームは、どこよりも熱い。 南国高知、真夏の風は、空から海へと吹き抜ける。 一途な思いを
| 苗坊の徒然日記 | 2009/02/27 11:01 PM |