CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「別冊図書館戦争 2」有川浩 | main | 「クールキャンデー」若竹七海 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「夏から夏へ」佐藤多佳子
夏から夏へ
夏から夏へ
佐藤 多佳子
JUGEMテーマ:読書


北京五輪で銅メダルに輝いた陸上男子4×100メートルリレー日本代表の、昨夏の世界陸上から今夏の五輪に臨むまでを描いたもの。

8月の北京オリンピック、ほとんど見ていなかったのです。話題になった人たちの事を職場で聞いて、それとなく…ていど。なので4継がメダルを取って、その時にメンバーが「朝原さんにメダルを取らせてあげられて嬉しかった」みたいな事を言っていたのはすごく印象的で覚えていたのです。あぁ、もっとちゃんと見ておくんだった。

400メートルのトラック1週を4人でつないでいく4継。一人が走るのは10秒弱。メンバー4人の走り、そして高速でのバトンパス。その全てがピッタリとはまらないと勝つことが出来ない。逆言えば、強豪国だってミスをして決勝まで勝ち抜けない場合がある。そんな4継の日本代表の4人。第一走者の塚原直樹、第二走の末續慎吾、第三走者の高平慎士、アンカーの朝原宣治。

スタートラインに立ったときにどうやって気持ちを盛り上げ、緊張を和らげるか。練習の仕方や走ることに対する考え。陸上、短距離走をやるきっかけ。他のメンバーに対して考えること。元々もっている素質はあるんだろうけど、その才能を伸ばす事が出来たのは出会ってきた陸上部の顧問の先生たちでもあるんだろうな。

そして全員が「リザーブの小島君がいたからこそ…」といいます。「一瞬の風になれ」の根岸君を思い出しました。
07年の4継の3走の高平、レースを走りながら「俺、もう少し早く走れないのか」って考えてるんです。走ってるのに、早いのに、それでも少しでも先に行きたい。

朝倉も末續も「目標に向かっていくのではなく、限界を超える場所」を目指してる。

練習に練習を重ねて、あるときぐんと伸びることがあるかもしれない。早くなれるかもしれない。そんな風に考えながら、暑い日も寒い日も練習に励む人たち。大会シーズンが終わり、次のシーズンが始まる4月までの間、それぞれが試行錯誤しながら自分にあった練習方法を見つけ出していく。筋肉のしなやかさだとか、肉体的に恵まれたものもあるんだろうけど、とにかく努力なんですね。短距離に打ち込む人たちの姿が素敵でした。
| 本:さ行(佐藤多佳子) | 19:59 | comments(8) | trackbacks(5) |
スポンサーサイト
| - | 19:59 | - | - |
コメント
レースに挑む四人の描写は鳥肌ものでした。
自分の場合、読むタイミングはどんぴしゃ。
だから、オリンピックはもう、うひゃ〜、でした。
あの北京のレースも書く、とブログで断言していましたよ。
| しんちゃん | 2008/09/22 11:17 AM |
しんちゃん、こんばんは。
TBおくっていただいた方の所に
世界陸上のYoutubeがあったのです。
それを見て鳥肌でした。
佐藤さん、北京のレースも書くんですね。
ってことはやっぱり観に行ってたんでしょうね。
| なな | 2008/09/22 10:03 PM |
補足。佐藤さんのブログ「日記のようなもの」です。
http://umigarasu-to.blog.so-net.ne.jp/

| しんちゃん | 2008/09/22 11:00 PM |
しんちゃん、こんばんは。
ありがとうございました。
見てきました。
オリンピック観戦のところを読んでるだけで鳥肌立ちますね。
本になる日が楽しみです。
| なな | 2008/09/23 9:18 PM |
こんにちは^^
この本読んでからまた「一瞬の風になれ」を再読してました。北京終って相当経つのに陸上熱が高まってるわたしです。熱くて愛があってすてきなルポでしたよね。
あーあたしも「もっと足速くなんねぇかな!!」
| まみみ | 2008/09/26 4:49 PM |
まみみさん、こんばんは。
この本が手元に来た時、「ノンフィクションなのか、
分厚いしどうしようかな〜」って躊躇してたのですが
まみみさんが「本を…」に書いていた日記を見て
読まなければ!と思ったのでした。感謝です。
私の場合、足が早くなるのは無理だってわかってるので
(最近は小3の息子にも負けます)
こういう人たち見て「ドキドキ」だけします。
| なな | 2008/09/26 9:42 PM |
一流の選手でも低迷して悩んだり努力したり‥スポーツの世界は厳しい!
自分の全てをかける生き方ってスゴイです。
怪我や故障で「歩けなくても走れるんだよな」って言葉が印象的でした。

世界陸上、今回かなり真剣に観てました!

| たまま | 2009/08/26 9:15 AM |
たままさん、おはようございます。
スポーツの世界って本当にストイックですよね。
練習しなければいけない、しすぎると怪我する。
精神的にも強くなければ上には上がっていけない。
世界陸上、私も真剣に見ました。
| なな | 2009/08/27 6:40 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1386
トラックバック
・「夏から夏へ」佐藤多佳子
2008年7月25日発売。北京五輪4×100決勝は8月22日。 2007年の大阪陸上から4×100のリレーメンバーを佐藤多佳子は追いかける。1走:塚原直貴、2走:末續慎吾、3走高平慎士、4走:朝原宣治。そしてリザーブ:小島茂之。大阪陸上で日本チームの
| 肩の力を抜いて | 2008/09/21 8:19 PM |
[学校] 地区ユース陸上競技大会3日目
 今日は本校が出場する競技はありません。朝もゆっくりホテルを出発し、競技場へ。競技場へ近づくにつれて雨足が強くなってきました。一昨日の台風通過時よりもひどい降りです。駐車場も一部川になっていました。 夏から夏へ 作者: 佐藤多佳子 出版社/メーカー: 集英
| 刮目(かつもく)日記 | 2008/09/22 10:29 AM |
「夏から夏へ」佐藤多佳子
夏から夏へ(2008/07)佐藤 多佳子商品詳細を見る 日本代表リレーチーム、メダルへの熱き挑戦! 『一瞬の風になれ』で本屋大賞を受賞した著者が...
| しんちゃんの買い物帳 | 2008/09/22 11:16 AM |
「夏から夏へ」 佐藤多佳子
夏から夏へ佐藤 多佳子集英社 2008-07売り上げランキング : 5236Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容説明 北京オリンピックの栄光に向けて、それは大阪世界陸上から始まった−。「一瞬の風になれ」の著者が、アスリート達の熱きバトンのドラマを、400mリレ
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2008/09/26 4:46 PM |
夏から夏へ<佐藤多佳子>−(本:2009年28冊目)−
夏から夏へクチコミを見る」 # 出版社: 集英社 (2008/07) # ISBN-10: 4087813908 評価:75点 『一瞬の風になれ』の佐藤多佳子初の書き下ろしノンフィクション。 著者の陸上競技への愛が随所に感じられるし、北京5輪で銅メダルを獲得した日本の4×100mリレ
| デコ親父はいつも減量中 | 2009/02/24 11:29 PM |