CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「月の裏側」恩田陸 | main | ニューヨークチーズケーキ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
おくりびと
JUGEMテーマ:映画


製作年度: 2008年
監督: 滝田洋二郎
上映時間: 140分
出演:本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、吉行和子、

楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は好条件の求人広告を見つける。面接に向かうと社長の佐々木(山崎努)に即採用されるが、業務内容は遺体を棺に収める仕事。当初は戸惑っていた大悟だったが、さまざまな境遇の別れと向き合ううちに、納棺師の仕事に誇りを見いだしてゆく。

4月に発売になった企画雑誌を手に入れたくてJ−BOOKの会員になったのです。そしたらメールで試写会のお知らせが。8月31日なら子どもを夫に預けて観にいけるかも!と応募したらあたったのです!早速友達を誘ってよみうりホールへ。

最初から笑い満載。そして時々ジーンと涙。涙を流しながらも面白いシーンに笑ったりと、脚本が素晴らしい。あっという間の2時間でした。

納棺師って仕事あるのでしょうか。遺族の前で見えないように着物を脱がせ、体を清拭し、旅立ちの服を着せてお化粧をして。亡くなった方が気持ちよく旅立てるように心を込めて支度をしてあげる。美人さんだと思ったら…子どもを残して亡くなった妻の死化粧を見て「今までで一番きれいになった」という夫(亡くなった妻の顔を見て名前を読んで泣き叫ぶ夫。その名前が私の名前だったのです。一瞬、自分が死んだら…と考えてしまいました)、女ばかりの家族にキスされてオカンに入れられるおじいさん。亡くなった時に色々あって険悪な雰囲気でも、納棺師の心を込めた支度を見ているうちに遺族の気持ちが解けてくる。

「旅のお手伝い」の求人広告に旅行会社かと思って応募した大悟。最初は死体を扱うということに戸惑っていましたが、遺族の人たちを見ていくうちに納棺師の素晴らしさを感じていきます。

チェロを弾き始めたのは6歳の時に家を出て行ってしまった父親の影響。大悟がチェロを弾き始めるとそれがオーケストラとなってバックミュージックになるのです。音楽が素晴らしくて聞きほれてしまいました。久石譲さん、さすがです。でもね、山形の自然をバックにあぜ道でチェロを弾くシーンは必要あったのかどうか…

そして広末涼子が奥さん役ですが、どうも彼女の演技は毎回同じ気がする…夫が納棺師だと知って家を出て行くのですが、数ヶ月してひょっこり戻ってくる。そして「お腹に赤ちゃんが」と。でも、お腹がペチャンコなんです。おかしいってば!そして大悟の親友の母親が亡くなり、大悟が納棺する時に家族でもないのに納棺に立ち会う。そんな所が気になってしまいました。

色々書いたけど、すごく素敵な映画でした。「うまいですか?」「こまっちゃうくらいに」が印象的。

| 見る(邦画) | 21:50 | comments(10) | trackbacks(15) |
スポンサーサイト
| - | 21:50 | - | - |
コメント
すっかりご無沙汰してしまって、すみません。<(_ _)>

ふと、ななさんのことを(今頃)思い出して来ました。

今日は、旦那さまのお誕生日ですね。
おめでとうございます。
| みのり | 2008/09/01 4:18 PM |
みのりさん、こんばんは。
お久しぶりです。ちょくちょく覗いてはいるんですけど
コメント残さずにいました。
私も今日みのりさんのこと思い出していたんですよ。
甥っ子くんと憧れの方のお誕生日だなぁって。
| なな | 2008/09/01 7:01 PM |
本当に誘ってくれてありがとう!
夏休みの一番の思い出になりました。

これからケンタッキーを食べるたびに思い出すだろうね。
楽器を触る前は、手を洗うよね?って言ったことも(笑)。
| ゆうき | 2008/09/05 11:24 AM |
本当に楽しかったね。
ケンタッキーといえばこの映画だよね。
映画観てすぐに感想を言い合ったから
すごく印象深いシーンがいっぱいあるよ。
又あたるといいね。
| なな | 2008/09/05 9:15 PM |
 ホント、あっという間でした。思わず時計を確かめたほど。

>お腹がペチャンコ
 うーん、言われてみれば少なくとも妊娠三ヶ月くらいのはず? 納棺立会いは確かに不自然に思いましたね。でもあれ以外のシーンでは夫の仕事を見直すというプロセスに説得力が無いんだろうとは思いますが。

 それにしても…ふぐの白子ってのは、「困っちゃうくらいに」うまいんですかね? 食べたことないもんで。(^^;
| higeru | 2008/09/16 10:35 PM |
higeruさん、こんばんは。
本当にあっという間でしたよね。
楽しい時間でした。

大悟の奥さん、多分妊娠5ヶ月くらいにはなってるんです。
クリスマスの前に出て行って帰って来たのは桜が咲くころですもの。納棺立会いもストーリー上仕方ないですけどね。

ふぐの白子、食べたことありますがそれほどでも…
あの網焼きが美味しいのかしら。
| なな | 2008/09/17 9:51 PM |
こんばんは。
初め笑って、だんだんジ〜ンとくるいい映画でしたね。
モックンと山崎努が本当に良かったです。
広末はウェブ・デザイナーという設定でなくても
いいのでは?と思ったりしましたが。
久石譲さんの音楽もよかったですね。
そうそう、普通はあぜ道でチェロは
弾かない気がしますが…(笑)。



| mint | 2008/09/18 9:05 PM |
mintさん、こんばんは。
本当にいい映画でした。
映画の宣伝などでモックンを見るたび
「あぁ、おくりびと」って思っちゃいます。
大悟の奥さんの役を誰にするか悩んでいたみたいですね。
あぜ道でのチェロ、不自然でしたよね。
曲が素敵だったからよかったんですけどね。
| なな | 2008/09/18 9:17 PM |
TBうまくできてないかもしれません。(涙)
この作品はよかったですね〜、笑えて泣けて。
山をバックにチェロを弾くシーンは、モックン一番のお気に入りみたいですね。(違ったかな?)
私は広末さんが好きじゃないんですけど、彼女って童顔すぎるせいか、モックンの奥さん役ちょっと似合いませんね。
| じゃじゃまま | 2009/10/14 2:11 PM |
じゃじゃままさん、こんばんは。
TB、許可制にしたのでそれでかもしれません。

山をバックに弾くシーン。
きっとこだわりがあったのでしょうね。
画面一面に山が写しだされ結構長かったですもん。

私も広末さん苦手。
だっていつも同じ「ぶりっこ」演技なんだもん。
奥さんにしたら若いって感じはありましたね。
| なな | 2009/10/14 8:53 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1363
トラックバック
おくりびと
  おくりびと  http://www.okuribito.jp/ ななちゃんに試写会に誘ってもらい、8/31に観て来ました。 いやー、いい映画。 音楽が久石譲さんで、全編を気持ちのいい音楽が包み、 もっくん、山崎努、余貴美子という、いい俳優が演じ、 ストーリーも静かであ
| わすれるまえに | 2008/09/05 11:22 AM |
【映画】おくりびと
 ひ・さ・し・ぶ・りーの映画である。この三ヶ月、何だか映画を見に行く気になれなかったのだが、これはずーっと前から楽しみにしていた。なぜなら!――広末が出るから。(^^  念願のチェロ奏者となったのも束の間、オーケストラ解散の憂き目にあい、大吾(本木雅
| higeruの大活字読書録 | 2008/09/16 10:15 PM |
『おくりびと』 試写会鑑賞
求人広告を手にNKエージェントを訪れた大悟は、社長の佐々木から思いもよらない業務内容を告げられる。それは“納棺”、遺体を棺に納める仕事だった。戸惑いながらも、妻の美香には冠婚葬祭関係=結婚式場の仕事と偽り、納棺師の見習いとして働き出す大悟。美人だと思っ
| 映画な日々。読書な日々。 | 2008/09/17 12:56 AM |
『おくりびと』
映画『おくりびと』を見てきました。
| いつか どこかで | 2008/09/18 8:25 PM |
『おくりびと』
□作品オフィシャルサイト 「おくりびと」□監督 滝田洋二郎 □脚本 小山薫堂 □キャスト 本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、杉本哲太、吉行和子、笹野高史、峰岸徹、山田辰夫 ■鑑賞日 9月14日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★☆(5
| 京の昼寝〜♪ | 2008/09/23 8:24 AM |
【映画】おくりびと
▼動機 連れてってと言われたので ▼感想 美しき日本の様式美 ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は好条件の求人広告を見つける。面接に向かうと社長の佐々木(山崎
| 新!やさぐれ日記 | 2008/10/24 10:10 PM |
映画:おくりびと 観てきました。
 Goo映画では88点(記事作成時)という、高評価な映画、おくりびとを観てきました。
| よしなしごと | 2008/11/19 8:03 AM |
おくりびと
こちらずっと気になっていた作品なかなか見ることが出来なかったんですがやっと映画館で見ることができました予備知識はアカデミーをとったことと納棺師のお話ということぐらいだったんですが思わず泣いてしまいました自分はあまり感動して泣く方ではないのですが、何で
| にき☆ろぐ | 2009/03/02 8:20 PM |
おくりびと (本木雅弘さん)
◆本木雅弘さん(のつもり)本木雅弘さんは、映画『おくりびと』に小林大悟 役で出演しています。第81回アカデミー賞外国語映画賞、および第32回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞作品ということで、先日、遅ればせながら劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想
| yanajunのイラスト・まんが道 | 2009/03/04 1:15 AM |
『おくりびと』/2回目
   9/22の『おくりびと』の記事で、 僕の拙い言葉で全てを説明できないけれど、なかなか星を4つ半つけない僕がつけたということで、是非cyazに騙されたと思って劇場に足を運んでいただきたい。 人生の視点が少し変わるかもしれない、そんな映画です。 と
| 京の昼寝〜♪ | 2009/03/04 5:50 PM |
おくりびと
いのち芽吹く物語。  
| Akira's VOICE | 2009/03/05 5:32 PM |
おくりびと
2008 日本 邦画 ドラマ 作品のイメージ:感動、泣ける、笑える、ほのぼの、ためになる 出演:本木雅弘、広末涼子、笹野高史、余貴美子、山崎努 第 32回モントリオール世界映画祭でグランプリを受賞し、第81回アカデミー賞外国語映画賞でオスカーを受賞したことによ
| あず沙の映画レビュー・ノート | 2009/03/16 3:25 PM |
mini review 09360「おくりびと」★★★★★★★☆☆☆
ひょんなことから遺体を棺に納める“納棺師”となった男が、仕事を通して触れた人間模様や上司の影響を受けながら成長していく姿を描いた感動作。監督には『壬生義士伝』の滝田洋二郎があたり、人気放送作家の小山薫堂が初の映画脚本に挑戦。一見近寄りがたい職業、納棺
| サーカスな日々 | 2009/04/05 6:03 AM |
おくりびと−(映画:2009年)−
監督:滝田洋二郎 出演:本木雅弘、広末涼子、杉本哲太、吉行和子、余貴美子、笹野高史、山崎努 評価:93点 いまさらながらDVD鑑賞。 泣いた。久しぶりに号泣した。 一人で見ていてほんとによかった。これが高校生の娘と一緒だったらどれほど困っていたか
| デコ親父はいつも減量中 | 2009/09/14 11:32 PM |
【おくりびと】
≪★★★★★≫ なんだか【シコふんじゃった】を思い出した。モックンは最高の俳優さんだね。 テーマは身内との別れなのに、コミカルで笑えて、静かに泣ける。そんな作品で、アカデミー賞を取ったからではないけど、日本を代表しても恥ずかしくない映画だと思う。 職を
| じゃじゃまま映画館 | 2009/10/17 4:45 PM |