CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< ベッカムに恋して | main | 「月の裏側」恩田陸 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「カイシャデイズ」山本幸久
カイシャデイズ
カイシャデイズ
山本 幸久
JUGEMテーマ:読書


内装会社ココ・ファームを舞台に、平社員から社長まで、それぞれの日々の出来事を綴った連作短篇集。

山本さんらしい物語。登場人物が生き生きしてます。そして物語の始まりで3人が5件梯子したのが私が住む街。やるき茶屋!白木屋!?そこから国分寺まで徒歩なら私のうちの前を通ってるじゃないって妄想が膨らんでしまいました。

社員全員に慕われているが酒癖の悪い営業チーフ・高柳(タカさん)、いつも作業着で仕事熱心。自分が施工したところでなくても壊れているところがあると直してしまう施工管理部・篠崎(シノ)。天才肌だが、やることはむちゃくちゃなの設計部・隈元(クマ)。高柳に「女神」と認定された小田。高柳の部下で元DJの石渡(ハヤブサ)。同じく部下で新入社員、ケーオー出身で小田の恋人の橋本(ケーオー)高柳の同期で出世願望の強い江沢(裏のアダナはエザっち)勤続32年で会社の事はなんでもわかっている。統括室室長・大屋。一昔前に流行ったシルバーの壁をいまでもデザインしてクマと対立する水木。個性的な社員の中でも営業の高柳、設計の隈元、施工監理の篠崎の黄金トリオ(魔のトライアングル)を中心に、色々な社員の視点で語られる内装会社の日々。

黄金トリオが仕事をする様子はすごく楽しそうなんです。この会社みんな仕事が好きで、だけどすごくゆるい空気が流れてる。一人だけ「上」を向いてる江沢の空回りっぷりも笑える。社長がかもし出す雰囲気なんでしょうかね。だから「カリスマ社長」になる為の研修に行かされる時なんて「それはやめようよ。この会社のよさがなくなっちゃうよ」って心の中で真剣に反対する私。もちろん社長は私の期待に答えてくれました(笑)
「女神の呼び名」
営業・チーフの高柳。二日酔いで出社した朝、部下がウォーターサーバーの水を補充し忘れたことに気がついた。そこに現れたのが庶務課の小田。現在の高柳の女神だ。高柳の部下で慶應出の橋本と付き合ってる?!

「魔のトライアングル」
施工管理部・チーフサブの篠崎。会社から支給された作業着を来ている70年代のイケメン。現場にいない時には飲み屋かフーゾクにいる篠崎が現場の空き時間に寄った2年半前に作った隠れ家的喫茶店。オーナーが店を閉めるという。

「夢破れて」
高柳の部下・石渡。葛飾うまれの葛飾育ち、大学時代はハヤブサと言う名前でDJをやっていた。コンペで落とされた会社に再度見積もりを持っていったがお説教され、昔のDJ仲間はすっかりビジネスマンになっていた。

「いつもおひとり様」
統括室長の大屋。ミスドのドーナツが大好きでココファームに勤めて32年。社員が色々な相談を持ち込み「大屋参り」と言われている。施工費未払い物件に出かけて行ってはやんわりと支払を迫る。

「バームクーヘン」
高柳と同期の江沢。夢はいつか社長になること。高柳より仕事が出来るはずなのに、高柳の方が人望が厚いような気がする。自分の課が受け持っている琉珈琲店の改装工事にシノとクマを使おうと目論む。琉珈琲店の専務・バームクーヘンにペコペコする江沢。ココ数ヶ月珈琲店からの支払が滞ってる。

「ガウディでよろしく」
設計部の隈元。思い込んだらわが道を突き進む。ゴム鉄砲が趣味。水木部長のデザインを勝手に除いて勝手に変更してしまう。クマが勝手に設計したアイデアを使ってくれることになったパッサー・モンタナス。担当は以前タカさんが胸をもんだ鮎川。

「スナイパーヒロコ」
高柳の部下・橋本。父親は国会議員で慶應卒業した橋本は父の力を借りずにココに就職した。パッサー・モンタナスの経営する居酒屋店の改装工事の打ち合わせに行ったと思ったら、みんなで働く事に。

「社長教育ABC」
社長の巨瀬。総務部長の指示で社長教育セミナーに行く事になった。辛いセミナーからの帰り道、鴻上の事を思い出していた。30年以上前、工務店のアルバイトだった巨瀬に声をかけてきた鴻上。そして二人で会社を立ち上げた。鴻上が作ってきた名刺は印刷所のミスで巨瀬が社長になっていた。そして突然鴻上は放浪の旅に出た。
| 本:や行(山本幸久) | 22:43 | comments(13) | trackbacks(8) |
スポンサーサイト
| - | 22:43 | - | - |
コメント
いい意味ですごくゆるい会社だったな〜。
こんな会社だと色々自分のやりたいことを
やらせてもらえそうで
居心地良くなりそうです。
あ、エザっちだけは近寄りがたしですけど。
山本さんのお仕事系小説は
ほんと、いい感じで面白く読めますね。
| す〜さん | 2008/08/31 12:05 AM |
す〜さん、こんばんは。
ゆるゆるでしたね。こんな会社だったらのびのびいい仕事できそうです。
エザっち(本返してしまっていてヘンテコなあだなつけてました。す〜さんに感謝)まったくしょうがない男ですが
そんなエザっちも小ばかにして許してる社風、いいです。
| なな | 2008/08/31 9:05 PM |
こんばんは。

おお。地元小説だったのですね。
それは思い入れが強くなりそうです。
こんな素敵な作品ならなおさら♪

本当、ええ会社でこんなところで働きたいって思いました。
楽しそうでいいですよね〜。
| ちきちき | 2008/08/31 11:03 PM |
こんばんは。
ユーモアいっぱいのお仕事小説でした。
働いている人、誰もが、とても楽しそうでしたね。
魔のトライアングルのコンビネーションも、笑わせてもらいました。
彼らが家の前を通ってる、
…リフォーム見積もりに、来てもらえそうですね(笑)。
| 藍色 | 2008/09/01 1:21 AM |
◇ちきちきさんへ
そうなんです。近所で飲んでいらっしゃいました(笑)
山本さんの書く物語ってなぜかよく知ってる場所が多いのです。不思議です。
こんな会社で働きたいですよね。
壁塗りたいです。

◇藍色さんへ
こんな風に仕事が出来たらいいな。
仕事にこれだけ情熱を注げたらいいのになって思いました。
リフォームの見積もり。いいかも。
| なな | 2008/09/01 6:38 PM |
ななさん、遅くなってしまいすみません。
会社の雰囲気が良かったですよね〜。
私もこんな会社で働きたいです!
えざっち、最初はヤナ奴なんて思いましたが、最後は憎めなくなっちゃいました。
| エビノート | 2008/09/03 7:21 PM |
エビノートさん、こんばんは。
お忙しい時にコメントありがとうございます。
こんな会社で働けたらいいですね。
えざっち、最後には憎めない存在になりました。
そうさせちゃう周りの雰囲気がすごいんだなって感心。
| なな | 2008/09/03 9:38 PM |
こんばんは。
作品としては面白かったです。
だけど使う立場とすれば…躊躇するかも。
黄金トリオには仕事を頼みたい。でも…。
こんな風には理想だけど、いかないんだよなあ。
| しんちゃん | 2008/09/16 10:55 PM |
しんちゃん、こんばんは。
そうか〜しんちゃんは使う立場になる人なんですよね。
実際はこうはいかないんでしょうね。
でも、物語としてはすごく面白かったですね。
| なな | 2008/09/18 9:28 AM |
読後のこの幸福感はまさに「幸福ロケット」以来でした。
リフォームのときに、この3人に来てもらえたら最高ですね!
そうそう、えざっち。なんか憎めなくなっちゃいましたね。
橋本君と小田さん、ちゃんと結婚できるのかな?橋本君に実家の両親を押し切る勇気あるか心配です。(苦笑)
| じゃじゃまま | 2008/10/22 10:16 PM |
じゃじゃままさん、こんばんは。
本当に読んだ後ニッコリしちゃう物語でした。
えざっちでさえかわいらしく見えてくるんだから
すごいことです(笑)
橋本くんと小田さん、きっと小田さんが橋本君の両親を押し切ると信じてます。彼女なら大丈夫。
| なな | 2008/10/23 7:18 PM |
ななさん、こんばんは♪
TBさせていただきました。
山本さんのお仕事系作品って本当にユーモラスでかつ癖がなくって読みやすいですよね。

私も小田さん、橋本君の両親を押し切ると思いますしそう願ってます。
彼女は男性読者の“女神”でもありますから(笑)
| トラキチ | 2009/02/19 11:47 PM |
トラキチさん、こんばんは。
山本さんのお仕事系作品、毎回楽しみですよね。
愛すべき人々が登場して、その業界についても詳しくなれちゃう。

小田さん「女神」ですか(笑)
| なな | 2009/02/20 8:48 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1356
トラックバック
カイシャデイズ   〜山本 幸久〜
久々山本さんです。 けっこう熱血な営業チーフ、 古臭い二枚目顔の施工監理部、 掟やぶりのヒラメキ型デザイナー。 彼ら“魔のトライア...
| My Favorite Books | 2008/08/31 12:13 AM |
カイシャデイズ
JUGEMテーマ:読書 “いつもおひとり様”な庶務女史に、出社拒否の新入社員、奇想天外なデザイナー。内装会社のほろ苦くも楽しい日常を軽やかに描く 内装会社ココ・ファームを舞台に、平社員から社長まで、それぞれの日々の出来事をユーモアあふれる筆致で綴った連
| ぼちぼち | 2008/08/31 11:04 PM |
カイシャデイズ 山本幸久
カイシャデイズ(2008/07)山本 幸久商品詳細を見る 装画は寺田順三。装丁は野中深雪。別冊文藝春秋掲載を改稿。 内装会社ココスペースに勤める人...
| 粋な提案 | 2008/09/01 1:22 AM |
カイシャデイズ 〔山本 幸久〕
カイシャデイズ山本 幸久文藝春秋 2008-07売り上げランキング : 70466おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ “いつもおひとり様”な庶務女史に、出社拒否の新入社員、奇想天外なデザイナー。 内装会社のほろ苦くも楽しい日常を軽やかに描く (出
| まったり読書日記 | 2008/09/03 7:15 PM |
「カイシャデイズ」山本幸久
カイシャデイズ(2008/07)山本 幸久商品詳細を見る けっこう熱血な営業チーフ、古臭い二枚目顔の施工管理部、掟やぶりのヒラメキ型デザイナー。...
| しんちゃんの買い物帳 | 2008/09/16 10:56 PM |
カイシャデイズ
JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/9/22〜2008/9/23 [文藝春秋HPより] “いつもおひとり様”な庶務女史に、出社拒否の新入社員、奇想天外なデザイナー。内装会社のほろ苦くも楽しい日常を軽やかに描く 内装会社ココ・ファームを舞台に、平社員から社長まで、そ
| hibidoku〜日々、読書〜 | 2008/10/01 1:58 AM |
カイシャデイズ 山本幸久著。
≪★★★★☆≫ いや~、久しぶりに大満足の山本氏の作品読んだ。 この幸福感は「幸福ロケット」以来かも。星五つでもよかったんだけど、さすがに五つってのは、私の中ではお買い上げ、家の本棚に永久保存版なので、う~ん、すごく充実感のある作品だったけど、何度も読み
| じゃじゃままブックレビュー | 2008/10/22 10:11 PM |
『カイシャデイズ』 山本幸久 (文芸春秋)
<奥田さんや荻原さんに対する挑戦状的作品?> 別冊文芸春秋に連載されたものを改稿し単行本化。 物語の舞台は内装会社ココ・ファーム。 そこで働く人々(社長も含め)の日々の出来事を綴った8編からなる連作短編集。 奥田英朗さんの『ガール』や『マドンナ
| 続 活字中毒日記 | 2009/02/19 11:41 PM |