CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 笑う大天使(ミカエル) | main | 「そのノブは心の扉」劇団ひとり >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「まだ殺してやらない」蒼井上鷹
まだ殺してやらない (講談社ノベルス ア AF-01) (講談社ノベルス アAF- 1)
まだ殺してやらない (講談社ノベルス ア AF-01) (講談社ノベルス アAF- 1)
蒼井 上鷹
JUGEMテーマ:読書


残虐な方法で殺人を繰り返す謎の人物「カツミ」。最愛の妻を殺されたノンフィクション作家・瀧野和一は自ら調査に乗り出し、犯人は逮捕される。しかし同じような手口の事件が発生し、瀧野の元に犯人からのメッセージが届く「カツミは捕まっても、おれは捕まらない」真犯人は一体誰なのか?見えない犯人を追う瀧野。そして衝撃の結末が訪れる!

蒼井さんの新刊。最初からもう目を覆うような描写ばかりが続きます。

長野県の避暑地のペンションに集まった4人はそれぞれ家族を殺されていて、4件とも未解決。一見無関係に見える4つの事件が同一犯によるものではないかと考えた4人が会って話し合うことで隠れた共通点を見つけられるのでは…とペンション<きざはし>に集まりました。そこで解決した一つの事件と明らかになった事実。そして連続犯は逮捕された。ホッとしたのもつかの間、新たな殺人が。殺されたのは藤樹探偵事務所で「カツミ」事件を担当していた高瀬。そして犯人は「カツミは捕まっても、おれは捕まらない」と瀧野に向けてメッセージを送ってきた。

瀧野のファンで探偵事務所に勤める新人・米本が瀧野の妻・都殺人事件について調査することになった。憧れのノンフィクション作家・瀧野に会えると意気揚々と出かけた米本は連続する殺人事件に意気消沈している滝野を目にして、自分が瀧野を救わなければと思う。そんなある日、瀧野の仕事部屋で日記を見つけた米本は瀧野が息子・克実に抱いてる気持ち、妻・都の従姉妹で家事全般を請け負っている園山深雪との関係を知る。さらに克実の誘拐未遂事件や知り合いの弁護士の殺人未遂事件など、滝野の周りにいる人たちが狙われる。犯人はいったい誰なのか?
次から次へと起こる殺人事件。それも猟奇的殺人事件に、読むのが辛くなるほどでした。誰が真犯人なのか?あの人?この人?もしかして彼???とあれこれ考えるのが面白かったですが、残り少しのところでえーーーーと驚きました。

ネタバレだと思うので反転して
真犯人も驚きだけど、その動機はもっとすごい。そしてラストどうするか。なんとなく予想はついていたんだけど、目には目をですか…って感じ。さらに最終ページに「犯人を待ち受ける衝撃の結末はメフィストホームページ『メフィスト番外地』へ」ですから。そりゃ〜Webへとんで行きますよね。衝撃でした。私も…なんですよ。でもね、なんとなく結末がウェブでってずるくないですか。見れない環境にいる人はどうすればいいのでしょう。

表紙の裏に「作中の人物・事件には実在のものもあるかもしれません。ですから読者の中には、読み終えて不快になる方もおられるでしょう。私(蒼井)への抗議はどうかご遠慮下さい。 私は作者ではないのです。 瀧野和一氏(仮名)に「変名で本を出したい」と頼まれ、名義をお貸ししただけなのです。恩人の頼みだけに、どうしても断れなくて―」とあります。そうなの???
| 本:あ行(蒼井上鷹) | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:27 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック