CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 霧が峰 | main | リプリー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ハチ公の最後の恋人」吉本ばなな
ハチ公の最後の恋人 (中公文庫)
ハチ公の最後の恋人 (中公文庫)
吉本 ばなな
JUGEMテーマ:読書


ハチと過す時間が、唯一自分と私がデートできる、短くて切ない時だった。超能力を持つおばあちゃんは私が「ハチ公の最後の恋人」になると言ったけど…。

「サウスポイント」を読んだ時内容を全然忘れていて再読したいなって思っていた本です。「サウスポイント」のテトラちゃんは恋愛におおらかなお母さんがいて、義父が自分を見る視線から何としてでも逃れようと、自分の居場所を探そうと一生懸命だったけど、マオちゃんも同じように居場所を探してハチ公と会い、ハチ公がいなくなった後にはイタリア人のおじさんの家に居候してと自分の居場所を一生懸命探しているのね。
最初から「別れ」がある事を知って付き合うマオとハチ公。ハチ公がインドに帰るのがいやだって思ったときにはマオは全然平気で、マオが毎日淋しくて泣き続けてる時にはハチ公の心はすでに揺ぎ無いものになっていたり。同じタイミングじゃないところが素敵なんだなぁ。

ハチ公がいなくなった後、淋しくて淋しくて…って部分。好きな人がいるんだけど、だけど今は遠くにいて会うことが出来ない。そんな状態がすごくよく表現されています。若い頃、そう思っていた時期があったのですが、その頃の気持ちにストンと戻りました。
| 本:や行(よしもとばなな) | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:09 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1330
トラックバック