CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< デート・ウィズ・ドリュー | main | コンスタンティン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ヴァン・ショーをあなたに」近藤史恵

ヴァン・ショーをあなたに (創元クライム・クラブ)
近藤 史恵
JUGEMテーマ:読書


「タルト・タタンの夢」に続くビストロ・パ・マル・シリーズ第2弾。

ナゾが多い三舟シェフの若い頃の話や前作で落ち込んだ人にサービスしていたパ・マルの裏メニュー「ヴァン・ショー」との出会い、三舟シェフの恋など盛りだくさんで面白かったです。

なんとなく料理の印象が薄い気がします。一番印象に残ってるのはフランスで病気になった若者に若かりし頃の三舟シェフが作ってあげた味噌汁と卵粥。リュックから鰹節1本出てくるなんてかっこいい(?)
「錆びないスキレット」
ゴミ置き場にやってきた黒猫に餌を与えてしまった三舟シェフは志村さんに怒られ、店に「猫貰ってください」の張り紙を張った。そんな時やってきた近所に住む田上夫妻。カウンターに座った田上夫妻だが、夫がシェフのスキレットに感心した。田上さんはスキレットの手入れをしているのに何度やっても錆が出てしまうという。

「憂さばらしのピストゥ」
三舟シェフと以前一緒に働いていた南野が隣の市にオーナーシェフとしてお店をだしたと案内が来た。それから暫くして予約していた女性二人が当日に「実はベジタリアンで、乳製品も砂糖も受け付けない」と言ってきた。なんとか対応し、話を聞いてみると南野が店を出しているビルのオーナーの娘だという。そして南野の店でフランス伝統のピストゥを使ったスープ・ド・プストゥだという。

「ブーランジュリーのメロンパン」
<パ・マル>のオーナー小倉さんは20代後半なのに近所に何件もの飲食店を経営する男だ。今度小倉さんが手がけるのが女性二人がやるパン屋で、店舗が広いのでカフェを併設するらしい。そのカフェのメニューを考えて欲しいとの事だった。それを聞いた金子さんが裏側に昔ながらのパン屋があるが…と心配顔になった。

「マドモワゼル・ブイヤベースにご用心」
仕事帰りに金子さんに「お茶でも」と誘われた高築。金子さんが言うにはシェフがお店にブイヤベースを食べに来る20代後半みんなの中では「マドモワゼル・ブイヤベース」と呼ばれている女性に恋をしているというのだ。次の日、その「マドモワゼル・ブイヤベース」の名前で2名の予約が入っていた。相手は誰なのか?シェフは失恋?

「氷姫」
杏子が出て行き、やけ酒をした次の日。トイレの中で吐きながら夜に大学の時の教授と食事に行くことを思い出した。友人の妹だった杏子と知り合って10年。一緒に暮らして3年。カキ氷が大好きだった杏子。

「天空の泉」
コルド・シュル・シエルの<シェ・アルチュール>と言うレストランのトリュフのオムレツが素晴らしいと言ってたカミューの言葉を思い出して旅をした私。レストランに入ろうとしたら、後ろにいた日本人とつれだと思われ二人席に通された。彼は三舟と名乗りレストランで見習いをしているという。その彼に話した自分の事。

「ヴァン・ショーをあなたに」
8月から半年近くフランスを旅していた僕は熱を出しドミトリーのベッドで唸っていた。そこにやってきた三舟は自分の鞄から鰹節と味噌を出してきて味噌汁を作ってくれた。朝起きたら卵粥が。すっかり復活した僕とユースのスタッフ・ルウルウと三舟の3人でマシェル・ド・ノエルを見に行った。ルウルウが「ミリアムおばあさんのヴァン・ショーを飲まなければ」と言うので飲んでみたが、飲み終わったルウルウが「本当はこんなんじゃない」といいおばあさんに話を聞きに行った。ミリアムさんは去年までのヴァン・ショーは二度と作らないという。
| 本:か行(その他の作家) | 23:14 | comments(14) | trackbacks(8) |
スポンサーサイト
| - | 23:14 | - | - |
コメント
三舟シェフの修行時代や恋に関する話などが読めて楽しかったですね〜。鰹節丸ごと一本取り出すところでは私もカッコイイ〜となりましたよ(笑)三舟シェフが作る和食も美味しそうでした!味わってみたい。
| エビノート | 2008/08/12 10:14 PM |
エビノートさん、こんにちは。
そうそう、前作では謎めいていた三舟シェフの過去を覗き見ることが出来て、楽しかったです。
鰹節かついだバックパッカー。いいですよね(笑)
たしかに日本料理も基本からきちんとしていて美味しそう。
| なな | 2008/08/16 12:24 PM |
こんばんは。そして、お帰りなさい。
帰省(あるいは避暑)、お疲れ様でした
(外れてたらスルーしてください、恥)。

三舟シェフの昔のこと、ちょっとスペシャルな感じで素敵でしたね。
リュックから鰹節1本が出てきて、
おぉ日本の味を忘れず海外で!でした(腕の立つ素浪人、笑)。
三舟シェフの味噌汁と卵粥、ぜひ裏メニューで置いてほしいです。
| 藍色 | 2008/08/17 12:03 AM |
藍色さん、こんばんは。
そうです、夏休みなので避暑でした。

三舟シェフ、まさに「包丁いっぽん♪」でしたね。
今回二日酔いの人にポテトスープ(ポトフだったかしら?)を出してましたけど、やっぱり味噌汁ですよね。
裏メニューにするべきです!
| なな | 2008/08/17 10:44 PM |
三舟シェフの鰹節にはしびれました。さすがサムライ。(違うか)
味噌汁好きとしてはかなりそそられました。
裏メニューに味噌汁…ありかも。
そうすると裏メニューのがそそられるのがいっぱいになったり…
| ちきちき | 2008/09/03 9:53 PM |
ちきちきさん、本当に鰹節には痺れました。
裏メニューに味噌汁のあるフレンチレストラン。
フレンチはいいからそっちだけお願いって言いたくなっちゃいそうです。
| なな | 2008/09/05 6:48 AM |
今回はビターな客が多いように感じました。
「憂さばらし」「マドモワゼル」はムカつきました。
でもそれらがあって、スタッフ4人が輝くのでしょうね。
| しんちゃん | 2008/09/12 1:05 PM |
しんちゃん、こんばんは。
そういえばビターテイストでしたね。
「憂さばらし」と「マドモワゼル」は同業者ですからね。
少しずつスタッフ4人の背景が見えてきますね。
続きもありますよね。
| なな | 2008/09/12 6:47 PM |
こんばんわ。TBさせていただきました。
確かに料理の印象が薄めな気がします。
人との関わりの方が細かく書かれていたように思います。
それに、シェフの過去もちょっと分かりましたし^^
次回作もありますよね。
ありそうな終わり方でしたし^^
楽しみです。
| 苗坊 | 2008/09/16 11:07 PM |
苗坊さん、こんばんは。
前回より料理の印象薄めですよね。
今思い出すのはさびちゃうスキレットと鰹節。
料理じゃないじゃない!!!って感じです。
続きあるといいなぁ。
| なな | 2008/09/18 9:41 AM |
こんばんわ。
今回はパ・マル以外の事件も多く、お料理は少なめでしたね。
リュックから包丁1本ならぬ鰹節1本、三船シェフは渋いですね〜(笑)
プロ仕様のスキレット、欲しくなっちゃいました。
| ia. | 2008/10/14 12:51 AM |
ia.さん、こんばんは。
お料理少な目でしたが、三舟シェフの過去が面白かったです。
スキレット、お手入れが大変そう。
私はきっと錆をだしてしまうでしょう。
| なな | 2008/10/14 9:23 PM |
ななさん☆おはようございます
「包丁一本♪」って古い歌なのに、みなさんご存じなんですね。
三舟シェフはフレンチのシェフだけど、心は「板さん」なのかもって思っちゃいました。
更に続きが読みたいですよね。
| Roko | 2008/10/17 8:01 AM |
Rokoさん、こんばんは。
「包丁一本♪」はドリフで志村ケンが歌っていたのを知ってます。元は誰でしたっけ???
三舟シェフ、心は「板さん」なのかもしれないですね。
続き、早く出るといいですね。
あるんですよね???
| なな | 2008/10/17 8:45 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1327
トラックバック
ヴァン・ショーをあなたに 〔近藤 史恵〕
ヴァン・ショーをあなたに (創元クライム・クラブ)近藤 史恵東京創元社 2008-06売り上げランキング : 9242おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 下町のフレンチレストラン、ビストロ・パ・マルのスタッフは四人。 二人の料理人はシェフの三舟さ
| まったり読書日記 | 2008/08/12 10:09 PM |
ヴァン・ショーをあなたに 近藤史恵
ヴァン・ショーをあなたに (創元クライム・クラブ)(2008/06)近藤 史恵商品詳細を見る ブックデザインは緒方修一。カバーイラスト・デザインは谷...
| 粋な提案 | 2008/08/17 12:05 AM |
ヴァン・ショーをあなたに
JUGEMテーマ:読書 下町の小さなレストラン、ビストロ・パ・マルでは相変わらず、変わり者の三舟シェフが素敵に美味しい料理の数々で客たちの舌を喜ばせ、相変わらずの名推理で客たちの持ち込む謎を解いてみせます。今回の目玉は、フランス時代の三舟シェフのエピソー
| ぼちぼち | 2008/09/03 9:54 PM |
「ヴァン・ショーをあなたに」近藤史恵
ヴァン・ショーをあなたに (創元クライム・クラブ) 下町のフレンチレストラン、ビストロ・パ・マルのスタッフは四人。二人の料理人はシェ...
| しんちゃんの買い物帳 | 2008/09/12 1:05 PM |
ヴァン・ショーをあなたに 近藤史恵
下町のフレンチレストラン、ビストロ・パ・マルのスタッフは四人。 二人の料理人はシェフの三舟さんと志村さん、ソムリエの金子さん、そしてギャルソンの僕。 気取らない料理で客の舌と心をつかむ変わり者のシェフは、客たちの持ち込む不可解な謎をあざやか
| 苗坊の読書日記 | 2008/09/16 11:32 PM |
【近藤史恵】ヴァン・ショーをあなたに
 普段おじゃましているブログで結構目に付いた作品。印象的な表紙から『タルト・タタンの夢』とやらの続編らしいと知れる。ならばそちらから、と思ったのだがすべて貸出中。ところがこちらの新作の方はすぐに借りられる状態だったので、短編集のようだしどっちが先でも
| higeruの大活字読書録 | 2008/10/04 2:24 AM |
ヴァン・ショーをあなたに
著者:近藤 史恵 出版社:東京創元社 紹介文: 『ビストロ・パ・マルシリーズ』第二弾。 前半は前作と同じく高築くんによって語られる物語なのですが、後半は一作ごとに語り手が変わります。 前半は、おなじみパ・マルを舞台にした楽しい作品。 『錆びないスキ
| どくしょ。るーむ。 | 2008/10/14 12:52 AM |
『ヴァン・ショーをあなたに』 近藤史恵
ヴァン・ショーをあなたに (創元クライム・クラブ)posted with ama
| Roko's Favorite Things | 2008/10/17 8:03 AM |