CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< パーフェクト・ストレンジャー | main | 「変愛小説集」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ラブコメ今昔」有川浩
ラブコメ今昔
ラブコメ今昔
有川 浩
JUGEMテーマ:読書



「クジラの彼」に続く、自衛隊ベタ甘胸キュンラブコメシリーズ第二弾。初出・野性時代+書き下ろし。

眠いなぁ〜って思いながら読み始めたんだけど、色んな所で繰り広げられるラブラブに眠気は吹っ飛びました。「図書館戦争別冊」に比べたら甘さは控えめだったかしら。いや、いや。郁と堂上が甘すぎるんだよね(笑)

自衛官って何かあれば自分の身の危険をかえりみず、国のため(ってへんな言い方かな?)国民のために自分を犠牲にすることもいとわない。外国での紛争だったり、日本や海外での災害時に派遣されたり、訓練中の事故だってあるわけです。毎日帰りを待つ家族の気持ち。非常時に夫は出かけてしまうので家を残された家族を守らなければいけない妻の覚悟。そんな事をひしひしと感じました。

「ラブコメ今昔」の今村二佐がお見合いした時の話。素敵だなぁ。
「ラブコメ今昔」
航空機のここぞと言うシーンを逃さない吉敷一曹と新しく組む事になった矢部二尉。矢部が手がける隊内誌「あずま」の新しい企画「自衛官の恋愛と結婚について」の最初の取材ターゲットに選ばれた今村二佐。あの手この手を使って「奥様とのナレソメ」を聞き出そうとする矢部とかわす今村。双方一歩もひかない攻防戦の行方は?

「軍事とオタクと彼」
東京主張からの帰り道、混雑する新幹線で席を譲ってくれた年下自衛官と恋に落ちた歌穂。佐世保基地にいる光隆と大阪に住む歌穂のメールや電話でのやり取りが始まり1年が経つ頃、修理で阪神基地に立ち寄るという彼が怪しい行動を。土地土地の女がいるのか?と尾行する歌穂が見たものは…

「広報官、走る!」
「広報に必要な適正は女ったらしであることだ!」と言う稲崎一佐。「おい、たらし!」と呼ばれる事もある政屋一尉が、ドラマ撮影のスタッフ・鹿野とであった。とても感じのいい女の子だが、時間にルーズなドラマ隊の王様に怒られっぱなしの彼女。

「青い衝撃」
ブルーインパルスのパイロットを旦那に持つ公恵。久しぶりに近くで航空ショーがあったので息子・優太を連れて見学に。そこで地上から公恵を挑発するように見上げる女性が。そして旦那の制服を洗濯しようとしたら公恵にしか見つけられないような場所にメモがあった。

「秘め事」
よりによって上官水田三佐の愛娘と恋に落ちてしまい、2年が過ぎた手島。彼女への思いは真剣だが、彼女の父親である上官にその事を伝えられずにいる。そんな時、彼女との事を知っていた宮崎が事故にあった…

「ダンディ・ライオン〜またはラブコメ今昔イマドキ編」
自衛隊広報センターで見かけた写真。その写真のメッセージを感じ取った千尋はカメラマンの名前「吉敷一馬」の名前を覚えていた。帰郷したさい、写真が趣味の父親の雑誌で見かけた吉敷が入賞した写真。持ち前の行動力で吉敷の捜索を始めた千尋。千尋に心の中を見透かされた事に驚いた吉敷は自分より階級が千尋にひどいことを言ってしまう。
| 本:あ行(有川浩) | 23:18 | comments(16) | trackbacks(7) |
スポンサーサイト
| - | 23:18 | - | - |
コメント
またまたッ(☆。☆)!
かぶっちゃいました!…と言ってもワタシ、まさにこれから読む本です*・.。*(〃´∀`)・.。*・.。*

『クジラの彼』の続編??ワタシ読んでないんですけどよかったかしらΣ(゜ε゜ ノ)ノ?

…と言うことで『埋もれる』はまだまだ先になりそうですが(;^_^A

ななさん、読むペース早いですね(*゜▽゜ノノ゛☆
羨ましいなぁ(*^-^)b
| テピョン | 2008/08/09 1:47 AM |
こんばんは。
甘さは控えめって思ってましたけど、郁と堂上が甘すぎて、そう感じちゃうんでしょうね(笑)。
自衛官であることのシリアスな部分、真剣さも感じられました。
今村夫妻の温かいエピソードに胸キュンでした。
| 藍色 | 2008/08/09 3:51 AM |
こんばんは。
この甘さでは物足りない。でも自衛官の務めの重さはひしひしと。
乙女推進委員会だっけ?ななさんの判断はどうでしたか??
| しんちゃん | 2008/08/09 11:26 PM |
◇テピョンさんへ

「くじらの彼」の続編と言うより、自衛隊周辺の物語と言ったほうが正しいのかもしれません。
読んでいなくても大丈夫です、が「くじら…」も素敵なのでぜひぜひ読んでください。
本読んでばっかりで、しなきゃいけないことあまりしてないのです…

◇藍色さんへ

甘いんですけど、郁と堂上にくらべたら…って感じです。
すっかり耐性ができました(笑)
耐性が出来た分、自衛官の真剣な気持ちがひしひしと伝わってきましたね。

◇しんちゃんへ

そう、キュンキュンし足りなかったですね。
乙女道推進委員会、委員長としてはもう少しキュンキュンしてほしかったところです。
| なな | 2008/08/10 7:20 AM |
イッキに読み終わりました…(*゜▽゜ノノ゛☆
すごく、すごく、すごーくよかったですッ!!
一応‘ラブコメ’ってあるのに、ついつい泣ける話もありましたネ!
すごいですねぇ〜( ´艸`)なぜか感動しました♪
また好きな作家さんが増えましたよ(笑)
ぜったい『クジラの彼』を読みます!!
| テピョン | 2008/08/12 1:22 AM |
テピョンさん、おはようござます。
>すごく、すごく、すごーくよかったですッ!!
「すごく」を何度もつけてしまいたくなる気持ちわかります。
有川さんいいですよね〜
「クジラの彼」を読むと「空の中」と「海の底」も読まなきゃ!ってなります。
| なな | 2008/08/16 8:54 AM |
ぼくはどうも、有川浩という作家の評価を間違えていたと思わせる作品でした。いや、有川浩偉い、スゴイ、万歳です。ぼくのなかではそういう意味でいまのところ有川浩のベストです、この作品。
| すの | 2008/09/12 1:39 PM |
すのさん、こんばんは。
あら、すのさんたら有川さんの評価低かったんですか?
私はもう何読んだって「いいわぁ〜」としか思えない。
そんな作家さんになってしまいました。
| なな | 2008/09/12 6:56 PM |
予約待ちしてやっと読めました。
有川さん図書館でも大人気なんですよね。

好きなのは「軍事とオタクと彼」
関西人らしい歌穂の勢い良かったなぁ〜

仕事関係で自衛隊のお客様がみえる職場なんですが、有川さんの本知ってらっしゃるのか話題に出したくて、うずうずしてしまいます。

| たまま | 2008/09/16 8:55 AM |
たままさん、こんばんは。
有川さん、本屋さんには図書館シリーズが平積みでならんでるし、図書館の予約は長い順番待ち。
人気ありますよね。

「軍事とオタクと彼」のあの彼の好きなものが
息子△亮駝とピッタリで、私なら話があうかも!と思いました。

自衛隊の方、読んでいらっしゃるのかしら。
だとしたらどう感じるのか、ぜひ聞きたいです。
| なな | 2008/09/16 9:53 PM |
こんばんは。
ななさんは、別冊読まれたみたいですが、私はやっとラブコメです…
やっぱり甘さ控えめなんですねえ。
でもこれくらいの方が私好みかもしれません。
でもこの人たちも、そのうち郁と堂上みたいに…
| ちきちき | 2008/09/20 9:25 PM |
ちきちきさん、こんにちは。
別冊2、やっぱりグフフでしたよ。
これも甘さ控えめと感じるけど、それは図書館シリーズを読んでいるからですもんね。
普通に読んだらこれでも甘々ですよね。
| なな | 2008/09/21 2:48 PM |
んま〜〜っ!って思いながら読んでました。(笑)
自分がヒロインならロマンチックでいいですけど、こんなノロケを聞かされた日にはグーでパンチです。(爆)
お見合いの話も味が染みててよかったですし、秘め事も好きかな〜。表題作で二人が付き合ってるって分かった瞬間は、なんだよ!そういうことかよ!って突っ込んでしまいました。
| じゃじゃまま | 2008/12/03 11:06 PM |
じゃじゃままさん、こんばんは。
グーでパンチですか(笑)
私がヒロインだったら、勿体ないから誰にも話さない!かも(笑)

「秘め事」よかったですよね。
ラブ度も高かったけど、自衛官の仕事に対する気持ちなどにはっとさせられました。
| なな | 2008/12/04 10:06 PM |
こんにちわ☆
図書館で予約してやっと読めました。
期待を裏切らない、ラブラブぶりで。。w

自衛官の恋愛を書かせたらピカ一かもしれませんね〜
| ゆき | 2009/03/26 8:26 AM |
ゆきさん、こんばんは。
読みながらにやけちゃいますよね。
ラブラブぶりに読んでる私が照れたりして…
自衛官と恋愛、いっけんつながらなそうなところを
つなげちゃうのが有川マジックです。
| なな | 2009/03/26 10:33 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
ラブコメ今昔 有川浩
ラブコメ今昔(2008/07/01)有川 浩商品詳細を見る イラストレーションは徒花スクモ。ブックデザインは片岡忠彦。初出野性時代+書き下ろし。 「ク...
| 粋な提案 | 2008/08/09 3:41 AM |
「ラブコメ今昔」有川浩
ラブコメ今昔(2008/07/01)有川 浩商品詳細を見る 突っ走り系広報自衛官の女子が鬼の上官に情報開示を迫るのは、「奥様とのナレソメ」。双方一歩...
| しんちゃんの買い物帳 | 2008/08/09 11:27 PM |
「ラブコメ今昔」(有川浩)
「ラブコメ今昔」は、自衛隊を舞台にした恋愛小説の短編集。 有川ワールド全開だ。 1作目の「ラブコメ今昔」は、結婚20数年の夫婦の話...
| 心に残る本 | 2008/09/02 8:24 PM |
「ラブコメ今昔」有川浩
「ラブコメ今昔」有川浩(2008)☆☆☆☆☆[2008084] ※[913]、国内、現代、小説、短編集、恋愛、自衛隊 ※ネタバレ少しあり、ごめん! 「乙女だってオタクだったおっさんだって自衛官だってベタ甘ラブで何が悪い! ALL TOU NEED IS LOVE!」(本書オビより) こ
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2008/09/12 1:35 PM |
ラブコメ今昔
JUGEMテーマ:読書 全世代対応、制服ラブコメの決定版! 乙女だっておっさんだってオタクだって人妻だって、恋がなければ生きてゆけない。ベタ甘ラブに耐性のない方お断り(もしくはこの機会に溺れてみる?)。の最強短編集。角川書店HPより あいかわらず有川作
| ぼちぼち | 2008/09/20 9:28 PM |
ラブコメ今昔/有川浩
JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/9/8〜2008/9/10 [角川書店HPより] 乙女だっておっさんだってオタクだって人妻だって、恋がなければ生きてゆけない。ベタ甘ラブに耐性のない方お断り(もしくはこの機会に溺れてみる?)。の最強短編集。
| hibidoku〜日々、読書〜 | 2008/09/24 11:52 PM |
ラブコメ今昔 有川浩著。
≪★★★≫ んま~~~っ!自分がヒロインだったら酔いしれるところだけど、これが友だちの話で、こんな風にのろけられたら、どついたるねん! 「ラブコメ今昔」 着任したばかりの広報自衛官、千尋が、隊内紙「あづま」に載せる特集記事のために、上官に面会を申し込む。
| じゃじゃままブックレビュー | 2008/12/03 11:02 PM |