CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< アイ・アム・レジェンド | main | 北海道の定番 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「荒野」桜庭一樹
荒野
荒野
桜庭 一樹
JUGEMテーマ:読書


北鎌倉の旧家で、恋愛小説家の父、若いお手伝いさんと3人で暮らす12歳の少女・山野内荒野(こうや)。中学の入学式に向かう電車で彼女は一人の少年に助けられるのですが、教室で再会した彼はなぜか氷のような視線を荒野に投げかけてきます

桜庭さんに少女の物語を書かせたら天下一品というのか、大人と子供の間で揺れ動いている年代の女の子特有の感性が抜群です。
母親が亡くなってから、父親にはいつも愛人がいた。父親の離れから立ち上る女の存在感。「俺の黒猫ちゃん」と荒野をかわいがる父親。そして愛人は荒野に嫉妬の目を向ける。そんな人たちを見ていたら、人に触られるのが苦手になった荒野。母親が亡くなってから淡々と世話をしてくれていた家政婦でさえ、父親の愛人だった事を悟った時の荒野の気持ち。

父親が再婚したら、クラスで気になる存在の神無月悠也と兄弟になった。一人離れで生活する悠也が気になる荒野。「荒野をめざしてる」悠也はアメリカに留学し、二人はお互いの気持ちを知りながら文通だけで過ごす。なんだか、いいんです。日本に帰ってきた悠也は東京の高校に入り一人暮らし。時々、二人でデートをする。悠也が家に帰ってきても普通に過ごす。いいなぁ。そういうの、若い頃にはうんと憧れたと思います。

私立中学に入り仲良しになった3人。巻き巻きヘアーで整った顔の田中江里華と陸上部で人気者の湯川麻美。3人の関係も好き。そして「女の子が好きだ」と告白する江里華。彼女の物語も読んでみたい気がする。
| 本:さ行(桜庭一樹) | 20:03 | comments(9) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
| - | 20:03 | - | - |
コメント
素敵な恋の物語でした。
主人公の荒野も含めて女のひとの書き方がうまい。
(とはいえ、私はなんだかダメ父がツボで出番を心待ちにしてました…)

舞台となった鎌倉の雰囲気も良かったですね。
なかなかすごい作品でした。
| ちきちき | 2008/07/31 9:36 PM |
こんばんは。
心と体への戸惑いや、恋への期待と不安。
少女の成長を瑞々しく描いていて
揺れ動く気持ちがとても伝わってきました。

江里華(麻美)の物語も読んでみたいです。
| 藍色 | 2008/08/01 3:40 AM |
着物のバイトとか、うさまんをはふはふ食べるとか、荒野達がすごく可愛くて、少女漫画のような世界でしたね。
前作とあまりに違っていてちょっと驚きましたが。

私は生まれた妹、鐘ちゃんのお話が読みたいです。

| たまま | 2008/08/01 9:06 AM |
◇ちきちきさんへ

本当に女の人の書き方がうまいですよね。
荒野が少しずつ成長していくのもなるほどって思ったけど
蓉子さんが女になったり、母になったり。
鎌倉の風景が目に浮かびました。

◇藍色さんへ

子供が女を意識し始める時、心と体の揺れ。
体のほうは荒野のような悩みを感じた事ないのが悲しいのですが、心の揺れは懐かしいなって思いました。
江里華や麻美の物語、興味あります。

◇たままさんへ

そうそう。少女マンガの世界。
共学だったけど、なんだか女子校の雰囲気たっぷりで
懐かしくなりました。
鐘ちゃんのお話!!!それは気がつかなかったけど
読んでみたい!
| なな | 2008/08/01 9:33 PM |
こんばんは。
荒野の持っている雰囲気がすごくいいなぁと思いながら読みました。
悠也との文通やデートも初々しいし、学校帰りの親友たちとの楽しい時間も懐かしい感じです。
前作と比べるとかなり雰囲気が違う話ですが、私は結構好きな世界です。



| mint | 2008/08/01 11:02 PM |
荒野よりもお友達の方に魅力を感じました。
それとお父さんも個性的で印象深いです。
個人的には麻美ちゃんが好きでした。
でも麻美の物語はふつうっぽいかな。
| しんちゃん | 2008/08/02 1:06 PM |
◇mintさんへ

女の人だったら、自分が過ごしてきた中学時代を色々思い浮かべますよね。
同じ家に好きな男の子がいるなんて、中学生だったら本当にドキドキしそうです。
私も桜庭さんのこの手の物語好きな世界です。

◇しんちゃんへ

しんちゃんのツボは麻美なんですね。
なるほど。なるほど。
お父さんはこの先どうなるんだろう?って
ちょっと心配になります。
いつまでも魅力的でいられるのかな…とか。
| なな | 2008/08/02 9:53 PM |
こんばんは。
これは本当面白かったし、荒野も悠也もかわいくてすごくよかったです。
なんかこの二人の関係すごくいいなー、本当いいなーと思って読みました。
江里華の話も是非読んでみたいですね。
| masako | 2008/11/10 11:38 PM |
masakoさん、こんばんは。
荒野と悠也の関係よかったですよね。
家に同級生がいて、その子のことが気になる…
そんな幸せな環境、中学生だったら憧れます。
| なな | 2008/11/11 9:33 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1311
トラックバック
荒野
JUGEMテーマ:読書 山野内荒野、12歳。恋愛小説家の父と暮らす少女に、新しい家族がやってきた。“恋”とは、“好き”とは? 感動の直木賞受賞第一作 『私の男』で直木賞を受賞した桜庭さんの、受賞後第一作の登場です。 北鎌倉の旧家で、恋愛小説家の父、若い
| ぼちぼち | 2008/07/31 9:37 PM |
荒野 桜庭一樹
装幀は大久保明子。写真は大橋愛。ファミ通文庫刊『荒野の恋』第一部第二部加筆修正に第三部書き下ろし。山野内荒野は中学初登校日、窮地を...
| 粋な提案 | 2008/08/01 3:45 AM |
『荒野』 桜庭一樹
今日読んだ本は、桜庭一樹さんの『荒野』です。 主人公の山野内荒野(やまのうち こうや)が子供から大人に成長していく姿を描いています。
| いつか どこかで | 2008/08/01 10:37 PM |
「荒野」桜庭一樹
荒野(2008/05/28)桜庭 一樹商品詳細を見る 以前ファミ通文庫で刊行された「荒野の恋」の第一部と第二部の二冊に、第三部を新たに書きおろして、...
| しんちゃんの買い物帳 | 2008/08/02 1:02 PM |
桜庭一樹 『荒野』
荒野/桜庭 一樹 ¥1,764 Amazon.co.jp 山野内荒野、十二歳。恋愛小説家の父と暮らす少女に、新しい家族がやってきた。“恋”とは、“好き”とは? 面白かったです。こういうお話かなり好き。ミステリーでもないのに続きが気になってしまって、1日で読ん
| 映画な日々。読書な日々。 | 2008/11/10 11:38 PM |
荒野<桜庭一樹>−(本:2009年)−
荒野クチコミを見る # 出版社: 文藝春秋 (2008/5/28) # ISBN-10: 416327040X 評価:88点 山野内荒野(こうや)という女の子が、子供(12歳)から少女(16歳)へと変わっていく様子を美しく繊細な描写でつづっていく。 揺れ動きながらも、きっちりと芯の通っ
| デコ親父はいつも減量中 | 2009/09/19 8:00 AM |