CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「終わりは始まり」中村航、フジモトマサル | main | 「銀河不動産の超越」森博嗣 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「実験4号」伊坂幸太郎、山下敦弘
実験4号―後藤を待ちながら
実験4号―後藤を待ちながら
伊坂 幸太郎,山下 敦弘
JUGEMテーマ:読書



舞台は今から100年後、温暖化のため火星移住計画の進んだ地球…。作家・伊坂幸太郎、映画監督・山下敦弘が、Theピーズの名曲「実験4号」をもとにそれぞれの世界を構築。小説とDVDをひとつの作品にした最強のコラボレーション。

100年後の地球。地球の人口の2/3は火星に行ってしまって、昔言われていた地球温暖化なんていうのは嘘だったのか、寒い日々が続いている。そんな中、いまだにロックンロールをやっているバンド。2年前に火星に行ってしまったメンバーの後藤を待ちながら、小学校の横で細々とバンド練習をする柴田と桑原。二人が音を鳴らせば、隣の小学校の生徒が屋上からメガホンで「うるせーへたくそー」と叫ぶ。その小学校。生徒はシンちゃん、ハル、アビちゃんの3人。シマ子先生と用務員の小田斬さんだけ。

本を読んでからDVDを観たのですが、寂しい未来です。みんな火星に行っちゃっておいてけぼりだからなのかな。しんみりします。


小説「実験4号―後藤をまちながら」
火星へ行ってしまったギタリスト後藤の帰りを待つ、バンドメンバーの柴田と桑原。彼らは過去の遺物になってしまった音楽、ロックンロールを演奏する時代遅れな3人組だった。ある日、柴田と角倉は100年前に存在したロックバンドの記事を手にするが…。

現在流行っているのはジャカジャカ。ロックンロールなんて過去の遺産な世界。そこで「ロックンロールとは何か?」と問いながらバンドを続けている二人は火星に行ってしまった後藤を待っています。この後藤のキャラが伊坂さんらしいのです。ずるいんだけど憎めないやつ!

DVD「実験4号―It’s a small world」
小学6年生のアビちゃんは、明日の卒業式を最後に、地球を離れ火星へ旅立ってしまう。全校生徒3名の小学校を舞台に、校長兼教諭のシマ子先生や謎の用務員・小田斬らと過ごす、3人の子どもの“最後の2日間”。

本を読んでどんな生活をしているのかわかって観始めたのですが、小学生3人が朝はじめにやる事は水を汲んでくること。その水を小屋の中に持っていって何かをします。光がピカピカ光って、その後煙が出てくるんだけど、あれは何をしているんだろう。校舎に住んでいる3人の生徒とシマ子先生と小田斬。どこもかしこもゴミだらけです。火星にいる両親が迎えに来るアビちゃんの卒業式を明日に迎えた日。リハーサルのアビちゃんの「答辞」は「ありがとう」だけです。地球に残していく小学校の人たちが心配なアビちゃん。シマ子先生の寝室に相談に行くと、布団の中にはシンちゃんとハルが。なんだかほのぼのしました。ラストのアビちゃんの答辞がよかったな。
| 本:あ行(伊坂幸太郎) | 22:39 | comments(8) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | 22:39 | - | - |
コメント
図書館で借りたので、伊坂さんの小説だけでした。
読む前は本だけでいいって思ってたのに、読み終わるとやっぱり映像も見たくって、なんだか不完全燃焼…
何とか入手したいです。
| ちきちき | 2008/07/31 9:38 PM |
ちきちきさん、おはようございます。
あら、小説だけだったんですね。
私も図書館で借りたのですが、2つセットでした。
小説を読んでからDVD観るとなかなか味わい深い。
どこかで映像見ること出来るといいですね。
探してみたけどYou Tubeにもなかったです。残念。
| なな | 2008/08/01 7:26 AM |
私の地域の図書館もDVD貸し出しナシでした。
DVD観た方がよさそうですね〜。観たい観たい‥。
視聴覚室で観る事は可能なのかも?

小説は短くてあっという間でしたが、伊坂さんらしさはしっかり、でした。

新刊の『モダンタイムス』今手元にあります。楽しみ♪
| たまま | 2008/10/27 11:12 AM |
たままさん、こんばんは。
DVDの世界もなかなかよかったですよ。
視聴覚室で見ることができたら、ぜひぜひ。
DVDも短いです。
「モダンタイムス」手元にあるんですね。
私は予約の4番目。
とりあえず「魔王」をおさらいしなきゃ!
| なな | 2008/10/27 8:39 PM |
この商品、図書館では本だけというのが多いようです。ななさんのレビューを見て、どうにも気になり調べたら、大好きな映画「リンダリンダリンダ」の監督が製作した短編映画ということで、ついに購入を決意、納品待ちです。ところで、同じ監督の映画「天然コケッコー」を、そのノリで見たのですが、なんとも素敵な映画でした。
原作(くらもちふさこ)を先に読んでしまったのが成功なのか、失敗なのかわからないのですが、もし原作を読まれてなく、興味をもたれたら、ぜひ予備知識なく観た感想を聞かせてほしいです。
| すの | 2008/10/29 12:59 PM |
すのさん、こんばんは。
DVDも一緒に貸し出しって珍しいんですね。
地元の図書館だったか、職場の図書館だったか
忘れましたが、寛大だったんだ。
「リンダリンダリンダ」の監督さんだったとは!
「天然コケッコー」みたいなって思ってる作品です。
| なな | 2008/10/29 10:52 PM |
こんばんわ。
DVDもご覧になったのですね。
寂しいって言うのは哀しいですね・・・。
本を読んでいてもその人の少なさはわかりました。
これが現実にあったら、やっぱりちょっと寂しいですね。
Theピーズさんは知らない方でしたが、雑誌の切り抜きの言葉が面白かったです。
| 苗坊 | 2010/05/10 8:47 PM |
苗坊さん、こんばんは。
DVD,独特の雰囲気ありました。
もう一度みたいって思えます。
今、考えると本よりもDVDの内容の方が印象に残ってます。
やっぱり映像の力ってすごいんですね。
| なな | 2010/05/10 10:53 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
実験4号―後藤を待ちながら
JUGEMテーマ:読書 新作小説と新作映画がコラボ! 熱狂的人気を誇る2人が場所やキャラクターをリンクさせた奇跡のコラボレーション作品集 Theピーズの名曲『実験4号』に捧げる、青春と友情と感動の物語! 舞台は今から100年後、温暖化のため火星移住計画の進んだ
| ぼちぼち | 2008/07/31 9:39 PM |
「実験4号 後藤を待ちながら」伊坂幸太郎
「実験4号 後藤を待ちながら」伊坂幸太郎(2008)☆☆☆★★[2008101] ※[913]、国内、近未来、小説、短編、ロックンロール ※あらすじあり未読者は注意願います。 短編もいいな、とちょっと思った。短編集は苦手だが、短編ひとつだけならいいかもしれない。薄っ
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2008/10/29 12:53 PM |
実験4号 後藤を待ちながら 伊坂幸太郎
実験4号クチコミを見る 舞台は今から100年後、温暖化のため火星移住計画の進んだ地球―。 火星へ行ってしまったギタリスト後藤の帰りを待つ、バンドメンバーの柴田と角倉。 彼らは過去の遺物になってしまった音楽、ロックンロールを演奏する時代遅れな3人組だった。
| 苗坊の徒然日記 | 2010/05/10 8:38 PM |