CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< チャーリーとチョコレート工場 | main | 「誰よりも美しい妻」井上荒野 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「悪党たちは千里を走る」貫井徳郎


人生をドロップアウトして、今はケチな詐欺師の高杉。舎弟の園田と一緒に田舎成金を騙そうとやってきた。ところが隣の部屋にいた美人の詐欺師に正体をばらされそうになる。気を取り直して次の計画の準備をしていたところ、再びその美人・菜摘子と出会い、仲間に入れざるおえなくなる。着々と準備を進めていたところ、なんととんでもないお荷物が・・・

全体的に軽快なコメディタッチで描かれているのでとてもテンポよく読めました。3人が計画していた誘拐が思わぬ展開をみせ、慌てるふためく姿が面白い。ちょっとありがちな設定だったけど、いいんです。楽しかったから。

誘拐を企てる三人のキャラクターが好きです。主人公の高杉はお人よしで、金のために非情になり切れない三流詐欺師。いつもボケてるんだけど、時々鋭い洞察力を見せます。高杉をアニキと慕う園部は、外見はいかついが頭の回転がちょっと。何も考えていないようで、時々鋭い事を言う。そんな二人の前に現れた菜摘子。頭脳明晰、容姿端麗なんて言葉がぴったり。だけど人生に傷ついてる。そんな3人がテンポよく「ボケとつっこみ」していくんです。

前半部分で詳しくかかれてた巧の両親や警察の陰木や天王寺が途中でいなくなってしまったのが残念。警察は納得したのか?

貫井さん初めて読みました。この本はきっと貫井さんの本の中では軽いんでしょうね…次は「追憶のかけら」を読んでみたいって思います。

| 本:な行(貫井徳郎) | 22:38 | comments(2) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | 22:38 | - | - |
コメント
コメントとトラバありがとうございます。
貫井さんはデビュー作「慟哭」からか、最近作からかですが、私は「慟哭」から入ったので前者をおすすめします。
新しいブログへトラバ返ししておきますね。
JUGEMは、カテゴリ、コメント、トラバがツリー表示されるテンプレートがあるのでいいですね(笑)。
また合う記事がありましたらトラバさせていただきます。ご訪問・コメント・TB・TB返しお気軽にどうぞ。
こちらからも、またうかがいますね。
| 藍色 | 2006/04/29 11:21 AM |
藍色さん、こちらにもTBありがとうございました。
最新作2つ読んだので、あとは最初から順番に読んでいこうかと思っています。

JUGEMのツリー化は皆さん多分カスタマイズだと思います。私もカスタマイズのやり方を公開しているブログにお邪魔してまねっこしたのです。

| なな | 2006/04/29 9:54 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/13
トラックバック
「悪党たちは千里を走る」貫井徳郎
「悪党たちは千里を走る」貫井徳郎(2005)☆☆☆★★ ※[913]、国内、現代、小説、誘拐、詐欺師、ユーモア これは、ちょっと酷いんじゃないか。正直な感想。 貫井徳郎という作家、評判は聞いていたが、実は読むのは二作目。ちなみに一作読んだのは「神のふたつの貌
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2006/03/12 7:41 AM |
悪党たちは千里を走る、貫井徳郎
イラストレーションは佐々木啓成。 詐欺師になって4年の主人公、高杉篤郎は舎弟(?)の園部と金満家の屋敷を訪れ、徳川埋蔵金のネタでカモにしようとした矢先、一足先にリトグラ
| 粋な提案 | 2006/04/29 11:51 AM |
読書感想「悪党たちは千里を走る」
読書感想「悪党たちは千里を走る」 悪党たちは千里を走る 【評価】★★★
| 三匹の迷える羊たち | 2006/08/12 7:35 PM |