CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< おわらない物語 アビバの場合 | main | 「フリッツと満月の夜」松尾由美 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「義弟」永井するみ
義弟
義弟
永井 するみ
JUGEMテーマ:読書


スポーツインストラクターの克己と弁護士の彩は、血の繋がりのない義理の姉弟。成人した今、克己の彩に対する感情は、姉以上のものになっていた。そんな中、彩の不倫相手が彼女の職場で急死する。助けを求められた克己は、彼女を守るため遺体の処理をするのだが…「小説推理」に連載されていた「薄氷」に加筆・修正を加えたもの。

タイトル「義弟(おとうと)」より「薄氷」の方がこの本の雰囲気にあってるような気がします。義弟なんていうと夫の弟…禁断の恋…そんな方向に考えてしまいました。(考えすぎ?)

幼い頃母親を亡くした克己と父親を癌で亡くした彩。その親どうしが結婚して義理の姉弟になった6歳違いの二人。高校の頃から優秀だった彩は弁護士を目指し、それを見た克己の父親は彩と同じレベルを克己に求める。克己からサッカーを取り上げた父親。勉強してもちっとも認めてくれない。そんな16歳の冬、家に火をつけて両親を殺そうと思う。後は実行するだけと言う時姉の彩がバイクで戻ってきた。家の状態を見た彩は片づけをした後、バイクの後ろに克己を乗せスピードを出す。そして事故にあった二人。

そんな風に物語が始まります。いつも相手の事を気にしている二人。バイクの事故以来何も言わなくなった両親。克己は東京に出て有名ジムでトレーナーとして働きます。彩はあの事故が原因で右足が不自由になってしまい、弁護士として働く。ある日法律相談に来た島岡という男性とのみに行き、克己といる時と同じような楽しい時間を過ごす彩は島岡と会うようになる。島岡に頼まれ職場を見せた彩。そして島岡はそこで心臓発作で死んでしまう。どうしようと思った時、最初に電話したのは克己のところだった。
彩の足が不自由になってしまったのは自分のせいだと責める克己。ところが彩にはあの日スピードを出したかった理由があった。お互いに相手の事を思いやっているんだけど、方向が違うというのか、姉弟だから考えてはいけない気持ちがある。

克己のイライラした気持ちはすごくよく表現されていたと思います。島岡の死体を遺棄したことでそのイライラが消えていく。彩は世間体を考えて救急車を呼べず、島岡を死なせてしまったことを悔やみます。そんな時彩の元を訪れた島岡の妻・真由美。自分が疑われているからと彩に相談してきた真由美は自分と島岡の事を疑っているのでは?そんな克己が起こしてしまった事件。克己がやったと思われる違う現場から出てきたロレックスの時計。

ラストはすごく中途半端なところで終わります。でも、でも、きっと二人は自分の気持ちに気がついたんですよね。誰が一番大切かって。この先どうなるのかがすごく気になるラストでした。
| 本:な行(永井するみ) | 21:16 | comments(6) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | 21:16 | - | - |
コメント
あ、本当ですね。
「薄氷」の方があってると思います。
「義弟」ってちょっと(^_^;)別に禁断の恋でもない気がしますし。
そして私も克己のジリジリした感じがすごくうまく書けてるなあって思いました。
島岡の事件、いらんかったんじゃないの?なんて。

| ちきちき | 2008/07/24 9:56 PM |
ちきちきさん、おはようございます。
「義弟」って変な方向、想像しますよね???
なんでタイトルかえちゃったんだろう?
克己の押えきれない気持ち、一緒にモヤモヤしました。
島岡の事件…その後の奥さんと彩の会話を読んで
最後に「奥さん、怖い…」って思いました。
ああいう風に被害者ぶって、弱者ぶって実は…って言うのが
一番怖いです。
| なな | 2008/07/27 7:37 AM |
こんばんは。
タイトル、その方向もありましたね。
語り手が交互なので、立体的に読めて面白かったです。
二人が自分の気持ちに気がついたところで終わっちゃったので、
先がどうなったのか、と〜っても知りたいです。

TBうれしかったので、深夜操業続きですが
送れてなかった分、送らせていただきました。
古い記事ばかりで、ちょっと冷や汗ですけど。
| 藍色 | 2008/08/06 2:11 AM |
藍色さん、たくさんありがとうございました。
いつも藍色さんのコメント時間を見て
遅い時間まで起きていらっしゃるんだなって思ってました。
お体お気をつけてくださいね。

タイトル、そっち方向で考えてしまった私の心の汚れ具合が恥ずかしいです。
姉弟って枠に入り込んでしまったからこその気持ちのズレ。
この先が気になりますよね。
| なな | 2008/08/06 7:46 AM |
私も、タイトル見て妹の旦那か、夫の弟との不倫かと思った!
悲しい展開だったね。
| ゆうき | 2008/11/26 11:54 AM |
ゆうき、タイトルと表紙の絵、違った物語を想像させるよね。
どうにもならない姉弟の物語。
苦しくなったよ。
| なな | 2008/11/26 10:11 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1297
トラックバック
義弟
JUGEMテーマ:読書 克己と彩は血の繋がりのない義理の姉弟。成人した今、克己の彩に対する感情は、姉以上のものになっていた。そんな中、彩の不倫相手が彼女の職場で急死する。助けを求められた克己は、彼女を守るため遺体の処理をするのだが……。克己の抑えられない
| ぼちぼち | 2008/07/24 9:56 PM |
義弟 永井するみ
義弟(2008/05/20)永井 するみ商品詳細を見る 「小説推理」連載の「薄氷」に加筆・修正。 貴船克己は五歳の時、交通事故で母を亡くします。 四年...
| 粋な提案 | 2008/08/06 2:12 AM |
義弟
  「義弟」 永井するみ 2008年 339頁   克己と彩は親の再婚による連れ子姉弟。   少年時代の克己にとって、彩だけが心を許せる家族だった。   父との確執に耐えられなくなり、自宅に火を放とうとしたとき、   奇跡のように彩が現れた。   そして
| わすれるまえに | 2008/11/26 11:55 AM |
永井するみ 「義弟」
両親の再婚}で姉妹の関係になってけど、問題を抱えていたのは弟だけではなく、姉もだった。泥臭い展開になるかと思っていたらそこまでならなかったのは、今後の展開を読者に推測させるためなのでしょうか。
| ゼロから | 2010/12/28 11:15 AM |