CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「切羽へ」井上荒野 | main | 「カウントダウンノベルズ」豊島ミホ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「さよなら渓谷」吉田修一
さよなら渓谷
さよなら渓谷
吉田 修一
JUGEMテーマ:読書


きっかけは隣家で起こった幼児殺人事件だった。その偶然が、どこにでもいそうな若夫婦が抱えるとてつもない秘密を暴き出す。取材に訪れた記者が探り当てた、 15年前の"ある事件"。長い歳月を経て、"被害者"と"加害者"を結びつけた残酷すぎる真実とは――。

過去に起こったあの事件やこの事件と実際に起こった事件をモチーフにしているのでしょうか。最初は幼児次殺人事件を起こした主婦がメインの物語なのかと思ったら、主人公はその隣の夫婦。現在の二人と尾崎の過去。色々な想いが詰まってました。

主人公 尾崎とかなこが住む寂れた団地で、幼児殺人事件が起きたところから、物語はスタートする。容疑者は幼児の母親・立花里美。取調べ中の立花里美が尾崎の名前を出していると言って警察がやってきた。立花に張り付いてた記者・渡辺は一緒に仕事をしていた運転手から尾崎が15年前に起こした事件について聞かされる。そして渡辺は尾崎俊介が15年前に起こした野球部レイプ事件について調べていきます。尾崎と3人の野球部メンバーのその後。被害者水谷夏美のその後。そんな時、尾崎の内縁の妻・かなこが尾崎と立花が関係を結んでいたと供述した。

ネタバレしてます。未読の方はご注意下さい。
事件によって追い詰められた被害者の怒りと悲しみ、追い詰めた加害者の罪と罰。 そして、それぞれが抱える深い闇と孤独…名前を偽って一緒になっている尾崎と加奈子。苦しむ為だけに生きている二人。「どこまでも不幸になるためだけに、私たちは一緒にいなくちゃいけない」その言葉がずしっと響きます。そして尾崎が警察から戻ってきた後、二人で温泉に行った帰り道加奈子が言う「……私が決めることなんだよね」の言葉。どうして二人で幸せになることはできなかったんだろう。

昔レイプ事件を起こしてしまった尾崎が先輩のつてで証券会社に就職し、そこで同僚やお客さんいレイプ事件について聞かれる。聞いてる人たちはそれほど嫌悪感を感じていない。一方レイプされた加奈子はその事件のせいで両親が離婚。大学、就職先、恋人にその事件のことが知れるたびに冷たい態度をとられます。被害者と加害者の立場が全く逆のような気がしますが、実際はこうなんでしょうかね。ひどい話です。
| 本:や行(吉田修一) | 19:31 | comments(15) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
| - | 19:31 | - | - |
コメント
たまたまですが、次に図書館で借りたのが
この本です!『悪人』が面白くて
この著者の作品をいくつか読みました。

この話は、少し前に実際に起こった事件を
彷彿とさせるので興味ありました。

こういう事件ものも大好きです。
| テピョン | 2008/07/19 10:37 PM |
デピョンさん、おはようございます。
一緒のタイミングで読んでいたんですね!
過去に起こった事件をあれこれ思い浮かべました。
幼児殺害事件の容疑者がメインかと思ったら
その隣に住んでいる人が主人公で
うまいなって思いました。
| なな | 2008/07/22 6:56 AM |
こんにちは。

またまた答えのないラストにしてやられました。
読んでて、憤りを感じえません。

幸せになってほしかったのになぁ…
| じゅずじ | 2008/08/08 9:56 AM |
じゅずじさん、こんばんは。
そういえば「………」な感じのラストでしたね。
なぜあんな決断だったんでしょうね。
二人で…って道はなかったのかしら。
| なな | 2008/08/08 11:06 PM |
やりきれないお話ですよね。
加害者は勿論許せないですけど、周りの人たちの反応の方が嫌らしいと思ってしまいました。
幼児殺人事件がなくって、二人の生活を乱す要因がなかったら、どうしたんだろうなとちょっと思いました。
| ちきちき | 2008/08/14 9:19 PM |
ちきちきさん、こんにちは。
そう、周りの人たちの反応がね。
特に尾崎が働いていた時に興味本位で話を持ち出す同僚達。
悪趣味です!
二人は二人でああやって縛りつけあっていて幸せだったのかな?
あの事件があってさよならできたのがよかったのかしらね。
| なな | 2008/08/16 1:22 PM |
心にずしんとくるお話でした。
被害者なのに、世間から色眼鏡で見られる。
女性としてとても悔しい思いです。
この二人、この先どうするのでしょうね。
心配です。
| | 2008/08/27 9:52 PM |
花さん、こんばんは。
レイプ事件の被害者ってほんとうに辛い立場に多々されなければいけないんですよね。
被害にあった時とその後ずっと。
せっかく一緒にいたんだから
違う方向もあっただろうに、不器用な二人ですよね。
| なな | 2008/08/27 10:39 PM |
こんばんは。
「どこまでも不幸になるためだけに、私たちは一緒にいなくちゃいけない」
重く切なかったですね。
被害者のどうにも拭いきれない、ついて来る過去が読んでいて辛かったです。
加害者が罪の意識を忘れずに持ち続けていたのが、少しだけ希望みたいに感じました。
| 藍色 | 2008/08/30 2:15 AM |
藍色さん、おはようございます。
辛い過去があるからつながっている二人。
二人で幸せな方向に向くことは出来なかったのかな…って。
忘れたくても忘れられない、忘れさせてもらえない。
そういうのって辛いでしょうね。
| なな | 2008/08/30 7:44 AM |
こんにちは。
被害者の女性のその後の人生が不幸の連続という感じで、やりきれないものがありましたね。
しかも希望も救いも拒否している二人の関係もつらかったし。
もう少し希望のあるラストでもよかったような気がします。

| mint | 2008/09/24 10:40 AM |
mintさん、おはようございます。

レイプ事件って被害者がいつまでたっても被害者なんだなって思いました。
どうして一緒にいながら幸せな方向を向けなかったんでしょうね。
きっと二人で幸せになる事だって出来たと思うのに。
| なな | 2008/09/25 9:44 AM |

ななさん、こんにちは♪
TBさせていただきました。

だいたいみなさん同じように受け止めているようですね。
女性側のやるせなさが伝わってきました。

むずかしい題材に挑戦した吉田さんを讃えたいと思います。
| トラキチ | 2009/02/08 4:28 PM |
こういう事件は本当に許せない。
精神の殺人ですよ。

悲しい事に年末に身近であったんです。
加害者はその後恐喝までして‥最悪です。
そんな事件をおこすぐらいだから、現実は罪の意識を持たない犯人が多いんだろうな。
| たまま | 2009/02/09 9:26 AM |
◇トラキチさんへ

女性にとってはやりきれない事件、物語でした。
>むずかしい題材に挑戦した吉田さんを讃えたいと思います。
本当にそうですね。

◇たままさんへ

なんで女性が不幸にならなければいけないのかがよくわからない。わからないけど、世の中そうなっちゃってるんですよね。
たままさんの周りでそんな事が起こったとは…
加害者が恐喝だなんて…
| なな | 2009/02/09 9:20 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1293
トラックバック
【さよなら渓谷】 吉田修一 著
「悪人」に続けて、またまた難しいモノを書きなさる… どこまでも不幸になるためだけに、私たちは一緒にいなくちゃいけない……。   まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] ブログランキング[:右斜め上:] 【あらすじ】 きっかけは隣家で起こった幼
| じゅずじの旦那 | 2008/08/08 10:07 AM |
さよなら渓谷
JUGEMテーマ:読書 きっかけは隣家で起こった幼児殺人事件だった。その偶然が、どこにでもいそうな若夫婦が抱えるとてつもない秘密を暴き出す。取材に訪れた記者が探り当てた、15年前の“ある事件”。長い歳月を経て、“被害者”と“加害者”を結びつけた残酷すぎる真
| ぼちぼち | 2008/08/14 9:22 PM |
本「さよなら渓谷」
さよなら渓谷 吉田修一 新潮社 2008年6月 立花里美の4歳の一人息子、萌(めぐむ)の遺体が桂川渓谷で、発見される。失踪当時の里美の行動と当初の供述との食い違いが明らかになり里美は任意で事情徴収される。里美は、隣の住民、尾崎俊介と関係があったと供述
| <花>の本と映画の感想 | 2008/08/27 9:43 PM |
さよなら渓谷 吉田修一
さよなら渓谷(2008/06)吉田 修一商品詳細を見る 装幀は新潮社装幀室。ネタバレありです。 警察は幼児殺人事件で幼児の母親、立花里美を逮捕しま...
| 粋な提案 | 2008/08/30 2:16 AM |
『さよなら渓谷』 吉田修一
今日読んだ本は、吉田修一さんの『さよなら渓谷』です。
| いつか どこかで | 2008/09/24 10:33 AM |
『さよなら渓谷』 吉田修一 (新潮社)
<本作で“運命”の怖さを私たち読者は知ることになる。> 「週刊新潮」に連載されたものを単行本化。 ひさびさの“よっしゅう”こと吉田修一作品。 ご存じの方も多いと思うが、吉田さんは2002年に『パークライフ』で芥川賞、『パレード』で山本周五郎賞を受賞。
| 続 活字中毒日記 | 2009/02/08 4:19 PM |