CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「ショコラティエの勲章」上田早夕里 | main | ザ・ライド ハワイアン・ビーチ・ストーリー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「平成大家族」中島京子
平成大家族
平成大家族
中島 京子
JUGEMテーマ:読書


72歳の元歯科医・緋田龍太郎が妻の春子、妻の母で認知症のタケ、ひきこもりの長男克郎と暮らす家に、事業が失敗した長女逸子の一家3人、離婚した妊婦の次女友恵が同居することに。にわか大家族になった緋田家の明日は・・・!?

図書館で予約しては時間切れで返却…って言うのを3回繰り返した本。やっと読めました。

元歯科医の龍太郎、妻・春子、認知症のタケ、引きこもりの長男・克郎の4人で暮らす緋田家に長女・逸子一家が引っ越してきた。逸子の夫・柳井聡介が事業に失敗して自己破産したのだ。長男のさとるは有名私立中学をやめて地元の公立に通う事になった。そんな時、結婚して大阪に言っていた次女・友恵は沖縄に転勤になった夫と別居していたのだが離婚して戻ってきた。そしてお腹の中には大阪の売れない芸人との間に出来た子がいる。自宅の部屋で中学のときからゆっくりと引きこもっていた長男・克郎はある朝甥のさとるが発狂して物置に閉じこもったのを見たとき、自分があそこに行くべきだと、さとると交渉して物置に引きこもった。友恵は出産し、春子は久しぶりの同級生との会合で自分の不幸を嘆こうかと思ったら「あなたは幸せよ」といわれ、タケのヘルパーさんと克郎は惹かれあう。聡介は毎日外を歩いているうちに千葉の農家を手伝うようになり、居ぬきで農家をやらないかと進められる。
それぞれが語る自分の事、流れていく時間。私立から公立に転校するさとるがいじめられないために作る7か条。だけど中学に行ってみたら流れは全てしてはいけない方向に…どうなっちゃうのか心配になりました。が、その様子を見ている母親の逸子は全くわかっていないんです。私もきっと息子の気持ちなんてわからずにいるんだろうなって思いました。

中学のときから引きこもってる克郎。「引きこもった理由は引きこもったから」には頷きました。そういうものなのかもしれない。大人になり、ネットトレーダーとして小遣い程度は稼げるようになった克郎。そんな克郎がさとるを見て「自分のようになるな」と思う。家に来るヘルパー・カスミとの恋は微笑ましかったです。カスミが克郎を好きな理由が「癒される」なんですが、そういう人を見つけられて幸せだなぁ。

中学のときから引きこもる長男をいないものとしていた龍太郎。だけど朝のシアワセな時間に母屋のトイレに行く克郎が視界に入るたび、出戻ってきた娘達を見るたび苦々しく思う。そんな龍太郎をそっちのけで、大家族となった緋田家は各自いろいろな思いを抱きながら流れていく。龍太郎だけ蚊帳の外なのがおかしかったです。お父さんってそんな存在だよね。
| 本:な行(中島京子) | 20:59 | comments(9) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
| - | 20:59 | - | - |
コメント
こんにちは。
お久しぶりです。
この本、それぞれが語る自分の事情がおもしろかったです。
龍太郎の克郎への気持ちもわかるし、克郎の引きこもりの原因には、そうかと思いました。克郎とカスミとの恋もよかったです。
家族が増えていく中で龍太郎一人が蚊帳の外というのがちょっとおかしくて、でもお父さんの哀しさも出てましたね。
| mint | 2008/07/04 11:29 AM |
私は最近ちょうど小路さんの『東京バンドワゴン』を続けて読んでたんですが、なんか対照的な家族ですよね。
こちらは見事にみんなバラバラ…
でもどっちも家族で、おもしろいな〜って思いました。
| ちきちき | 2008/07/04 9:15 PM |
◇mintさんへ

こんばんは。コメントとTBありがとうございました。
家族が一人ずつ語るので、周りから見てるその人と
その本人が考えてる事のギャップが
面白かったです。
龍太郎、完全に蚊帳の外でしたよね。
一家の父親らしさが出ていました。

◇ちきちきさんへ

「東京バンドワゴン」の堀田家とこの緋田家。
本当に対照的です。
家族が集まってきてから食事をしたのが
克郎が出て行く時だけですもんね。
| なな | 2008/07/04 10:51 PM |
こんばんは。
時間切れ返却3回、お疲れ様でした。
似たことをいつもしてるので一方的に親近感です。

深刻な状況なのに語り口がユーモラスで楽しめました。

「年下の男の子」
TB、コメントお待ちしています。
| 藍色 | 2008/07/05 3:43 AM |
藍色さんも時間切れで返却そして再度貸し出しします?
やっぱりそうですよね。
この本は読み始めたらきっと面白いだろうと思いつつ
分厚さに躊躇したのと、予約の順番が短かったので
後回しになってました。

みんな自分勝手に色々考えてましたね。
| なな | 2008/07/05 10:08 PM |
一気ってわけではなかったけれど、読んだら飽きることなく進みました。
克郎の引きこもりの事情が分かった時は、彼が家族の誰かを恨んだり世の中のことが大嫌いじゃないというのが嬉しくて、克郎の人柄さえ感じてしまいましたよ。(笑)
克郎と、さとるの父の農作業の章、好きです。
| じゃじゃまま | 2008/10/28 10:46 PM |
じゃじゃままさん、こんばんは。
読み始めると面白いんですよね。
色々ある家族でしたが、お互いを恨んでる訳じゃない家族。
克郎のよさをわかったカスミ、すごい人なのかも。
| なな | 2008/10/29 10:47 PM |
ななさん、こんにちは♪
初中島さんでしたが、楽しく読めました。
各編ごとに視点を変えることによって、いろんな世代の悩みがわかり重いテーマだけど楽しく読めますよね。

ななさんの龍太郎に対する最後の意見、凄く的を射てると思います。
| トラキチ | 2009/03/23 12:45 PM |
トラキチさん、こんにちは。
トラキチさんの中島京子著作リストを拝見して
半分も読んでないって思っていました。
読めば毎回面白いんですけどね。

お父さんの家庭での位置をよくあらわしてましたよね。
| なな | 2009/03/23 2:13 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1275
トラックバック
『平成大家族』
今日読んだ本は、中島京子さんの『平成大家族』です。
| いつか どこかで | 2008/07/04 11:18 AM |
平成大家族
JUGEMテーマ:読書 家族のことを、どれだけ知っていますか? 72歳の元歯科医・緋田龍太郎が、妻と妻の母、ひきこもりの長男と暮らす家に、事業に失敗した長女一家、離婚した妊婦の次女が戻ってきて、大家族に。家族それぞれの思いをユーモアを交え綴る連作長編。集英
| ぼちぼち | 2008/07/04 9:15 PM |
平成大家族 中島京子
装丁は大久保伸子。装画は曽根愛。初出「青春と読書」。 元歯科医の老夫婦・緋田龍太郎と妻春子にその母タケ、引きこもりの長男克郎の家に...
| 粋な提案 | 2008/07/05 3:44 AM |
平成大家族 中島京子著。
≪★★★☆≫ 登場人物にはクセがあるのに、物語にはクセがなく、読み心地のよさを感じた。 義歯の製作の趣味を持つ、引退した歯科医の緋田龍太郎を筆頭に、緋田家には、妻の春子、春子の母タケ、何年も引きこもっている長男克郎が暮らしていた。 そこへ、事業の失敗で
| じゃじゃままブックレビュー | 2008/10/28 10:41 PM |
平成大家族/中島京子
JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/12/6〜2008/12/7 [集英社HPより] 家族のことを、どれだけ知っていますか? 72歳の元歯科医・緋田龍太郎が、妻と妻の母、ひきこもりの長男と暮らす家に、事業に失敗した長女一家、離婚した妊婦の次女が戻ってきて、大家族に。
| hibidoku〜日々、読書〜 | 2008/12/20 12:34 AM |
平成大家族  中島京子
平成大家族/中島 京子 中島京子 集英社 2008 STORY: 歯科医を引退した父と祖母の介護をする母。引きこもりの長男は悩みの種だが、2人の娘を嫁に出し、落ち着いた毎日を送っていた。しかし、長女の夫が失業し、長女一家が出戻ってくる。その上、次女が離婚
| 読書・映画・ドラマetc覚書(アメブロ版) | 2009/07/30 6:59 PM |