CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 赤ちゃんの逆襲 | main | 「東京島」桐野夏生 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「イジ女」春口裕子
イジ女
イジ女
春口 裕子
JUGEMテーマ:読書


目立とう精神、イジわるな女、イジめる女、イジっぱりな女…。あるある、と思わず膝を打つ日常のトゲを描き出す短編集。

学校で、職場で、ご近所付き合いで、リアルにありそうな物語。わかっていても言えなかったり、言うはずじゃなかったのについ言っちゃったり。女の世界は「ホンネ」と「タテマエ」がドロドロと渦巻く。

タイトルの「目立とう精神」とか「ミーちゃんハーちゃん」「やる気ナッシング」などの死語。なつかし〜って思いました。

「あんぽんたん」の結婚する女が一番腹立たしかった。そして「イジ女」は怖かった。
「目立とう精神」
社宅から憧れのマンションに引越し、友達にお披露目をする日々。同い年の子を持つご近所さんたちとの付き合い。

「オフレコ」
屋上に行くといつもいるカマキリ男はどうやら真美に気があるらしく、いやらしい視線で見つめてくる。後輩の百花から聞く「ここだけの話」百花が言うにはどうやら彼が浮気しているらしい。そして相手は同期の多賀子だという。

「ミーちゃんハーちゃん」
彼とのデート中に会った高校時代の友人・美代子はいまだに織田裕司の追っかけをしていた。高校時代に、先生に「お前達はミーちゃんハーちゃんだな」って人くくりにされるのが嫌だった。

「ご機嫌なナンバー」
合コンをしては釣れる男を選び出す私。ちやほやしてくれる男は「オサカナ」と言うらしい。本命の彼とうまく付き合うための練習代打。今夜のオサカナはしつこかった。

「あんぽんたん」
秘書室同期の奈摘の結婚式に出席したのは同期7人のうち4人。会社では仲良くしているように見えるが、いろいろあるのだ。

「やる気ナッシング」
お正月休み最後の日、年下の彼・高麻呂は死んだように眠っている。そこにかかってきた会社からの電話。異物混入事件が起こり、至急出社するようにとの事だった。同僚の高麻呂は次の日になるまでこなかった。

「イジ女(め)」
同じ会社に派遣されている5人。社食で席取りをしていると派遣の中で一番下っ端の美羽がオドオドと「今日から又一緒に…」と言ってきた。美羽はボス的存在の実美に睨まれているのだ。

「レッツらゴー」
ホテルの喫茶でバイトをする女。仕事をしながら色んな人の話を盗み聞きする。
| 本:は行(その他の作家) | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:38 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック