CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 自虐の詩 | main | 9歳 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「サウスポイント」よしもとばなな
サウスポイント
サウスポイント
よしもと ばなな
JUGEMテーマ:読書


かつて初恋の少年に送った手紙の一節が、ハワイアンの調べに乗って耳に届いた。「ひとの人生を縫い上げる」キルト作家となった私は、その歌い手とともに、空と海と大地が接するハワイ島最南端の地「サウスポイント」を訪ねるが…。

読み始めたと単に「よしもとばなな」の世界にグワンと入り込みました。どこがどうって言えないけど、よしもとばななさんの描く文章って「よしもと節」ですよね。

主人公のテトラは幼い頃に風変わりな母と羽振りのいい父親と暮らし、大人びていたので友達がいなかった。そんな時であった珠彦君。彼の家族もかわっていて、母親はイタリア、父親はインドで暮らし、母親の恋人と二人で暮らしていると噂になっていた。そんな二人は惹かれあい、毎日一緒に過ごすようになった。ところが、テトラの父親の仕事がうまく行かなくなり、母と一緒に夜逃げをしたテトラ。珠彦くんに手紙を書き、東京を離れた。東京・群馬と離れてはいたけど時々会っていた二人だが、お母さんの都合でハワイに移住した珠彦君。テトラにも辛い時期がやってきて、疎遠になった。大学を卒業して、キルト作家となったテトラはスーパーで流れていたハワイアンミュージックの歌詞がかつて珠彦君に自分が送った手紙の一節だと気がつく。アーティストの名前はハワイ在住のヨシムラユキヒコ。珠彦君と同じ苗字だ。

メールを送ってみたら「連絡が遅くなってすみません。日本に行くので会えませんか」と返事が来た。幸彦君を待っている時に感じた珠彦君はもうこの世にいないんだっていう思い。やって来た幸彦君は珠彦君の弟だと言い、珠彦君にそっくり。そして珠彦君は急性白血病で亡くなったという。珠彦君のためにキルトを作って欲しい。一度ハワイに来て欲しいと言う幸彦君。

ハワイ島。久しぶりに会った珠彦君のお母さんは全然かわらない。が、珠彦君の話を聞かせてくれというとなぜか話がかみ合わない…そして、幸彦君がテトラを迎えに来た。
ハワイ島の風景が目に浮かびます。ハワイ島って本当に不思議な島。カンカンにはれている場所もあれば、いつも濡れているような場所もある。ヒロの雰囲気もすごく上手に表現されていて、又行きたくなりました。

大切な家族を亡くした喪失感が珠彦君の家族をつつんでいます。そんなところにテトラが行って、珠彦君もお母さんも、幸彦君の彼女のマリアも想い出を語り、寂しさを語りながら少しずつ元気になっていく。マリコが「一年もたつと、悲しみのネタもつきてきて、だんだん幸彦の事を忘れつつある、実は」と言います。そんな風に自分が回復して言ったら幸彦が淋しい、かわいそうだというマリコ。大切な人が死んで、時間がどんどん過ぎて…そんなのがすごく切なかった。

「ハチ公の最後の恋人」の後日談とありました。昔に読んで忘れてます。どうやら「霊能者の祖母が遺した予言通りに、インドから来た青年「ハチ」と巡り会った私は、彼の「最後の恋人」になった…。運命に導かれて出会い、別れの予感の中で過ごす二人だけの時間」って物語だそうです。珠彦君のお母さん、マオさんがこの物語の主人公マオちゃんでハチ公が珠彦君と幸彦君のお父さんらしい。この物語で別れた後、ハワイ島で偶然出会い珠彦君を授かるが、二人は又それぞれの生活に。珠彦君の存在を知らなかった珠彦君のお父さんとお母さんは又ハワイ島で出会う。その時に幸彦君を…だそうです。

人の病気も治せるお父さんだけど幸彦君の白血病はどうにもならなかった。「人の寿命だけはいじれない」って。だけど、お父さんが触れば必ず少しよい状態になる幸彦君。そんな姿を見て「だかわ私は、幸彦を治せない彼をまたひとつ深く許すことができた」って。なんだか深いなって思いました。
| 本:や行(よしもとばなな) | 21:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:56 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1242
トラックバック