CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< トラフィック | main | ソードフィッシュ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「愛しの座敷わらし」荻原浩
愛しの座敷わらし
愛しの座敷わらし
荻原 浩
JUGEMテーマ:読書


東京から田舎に引っ越した高橋一家。住むのは古い民家。それぞれに問題を抱えた家族が座敷わらしとの出会いを機に家族の絆を取り戻してゆく、ささやかな希望と再生の物語。

認知症の老人。家庭を顧みない夫。学校で仲間はずれになる娘。喘息の息子。そんなバラバラともいえない、ありがちなイマドキの家族が田舎で暮らし家族の絆を取り戻す。ありがちな物語。だけど、だけど、なんだか読後感がすごくよかったのです。ラストの「6名様ですか?」に思わずニッコリ。

開発の仕事から営業へ、支店に移動になった夫・晃一。仕事ばかりで家庭を顧みないお夫に同居の義母に不満を持つ妻・史子。学校の人間関係に悩む反抗期の中二の長女・梓美。小さい頃喘息持ちで今でも心配ばかりされている小四の長男・智也。認知症気味の晃一の母・澄代。そして愛犬クッキー。そんな高橋一家は晃一の転勤で田舎に引っ越してくることになった。最初は支店近くのマンションに住むことにしていたが、晃一が一目惚れした田舎の一軒屋に家族の反対を押し切って住むことになった。そこで、それぞれがおかっぱ頭で紺の着物を着た小さな子どもを見かける。どうやらその家にはこの地方に古くから伝わる座敷わらしがいるらしい。
それぞれの視点で物語が語られるのですが、座敷わらしに驚いたり怖がったりする事はありますが、物語は淡々と進みます。お隣(と言っても結構遠い)さんが急にやって来て庭にネギを植えていたり、「早く帰って家族と過ごす」と言っていたのに毎日終電で帰る羽目になったり、新しい中学で失敗しないように緊張したり、川ぞいの空き地でサッカーをする子ども達を遠巻きに見ながら「入れて」と言えなかったり。それぞれが少しずついい方向に向かっていくのです。

そして座敷わらしがいいスパイスに。座敷わらしが怖くて顔が写るものが覗けなくなってしまったお母さんを助ける為に暫く会話していなかったお父さんと娘が話をしたり、お父さんとお母さんの距離が縮まったり(笑)この地方では「座敷わらしが居つく家は繁栄し、去る家は家運が傾く」と言われているらしいけど、本当にみんなが幸せになってよかったなって思えました。
| 本:あ行(荻原浩) | 23:34 | comments(19) | trackbacks(13) |
スポンサーサイト
| - | 23:34 | - | - |
コメント
温かい気持ちになれる物語でしたね。
座敷わらしを通じて家族の絆が強くなっていく様子がよかったです。
ラストの台詞にニッコリしながら、
ファミレスで働いてる人たちと相性がいいんだなぁって思いました。
| 藍色 | 2008/05/22 1:04 PM |
こんばんは。ななさん。
本当に読後感のよい作品でしたよね。
ほのぼのした感じと、表紙がぴったりだと思いました。
とっても、荻原さんらしいですよね。
| ゆう | 2008/05/22 7:40 PM |
◇藍色さんへ

こんばんは。
気がつかなかったけど、たしかにファミレスの店員と相性いいんですね(笑)
お父さんより確率高い!

◇ゆうさんへ

こんばんは。
ありがちな物語なんだけど、でも読んだ後幸せな気持ちにつつまれるのは、荻原さんの文章だからなのかなって思いました。
表紙、かわいらしいです。
こんなところで暮らせたらノンビリ出来そうです。
| なな | 2008/05/22 8:52 PM |
ありがちなんだけど、安定した面白さで、新聞で読んでたら毎日楽しそうだなあって思いました。
ラストは本当ニッコリでしたね♪
気持ちよく読み終えることができました。
| ちきちき | 2008/05/24 10:33 PM |
ちきちきさん、こんばんは。
そうか〜新聞で毎日少しずつ読んだら「ありがち」とは
感じないのかもしれないですね。
ラストは「お別れ」が悲しかったんですけど
ニッコリです。
| なな | 2008/05/25 8:59 PM |
こんばんは。
とても温かいお話でした。
ラストの一言に私もにっこりでした。
見た目が可愛いからぜひとも見てみたい気がします。
でも、大人だともう見えないですね。。
| Yuki | 2008/06/16 11:04 PM |
Yukiさん、こんばんは。
ありがちな話ではあるのですが、読んでからなぜかすごくシアワセな気持ちになりますよね。
座敷わらしが無邪気でかわいらしかったですね。
ファミレスの店員さんにはなぜ見えるんでしょうか?
| なな | 2008/06/17 8:21 PM |
ほんとだ!ファミレスの店員さんはみなさん見えるんですね。(笑)
座敷わらしのおかげで、家族みんなが元気になりましたね。
ラストの一言、だ〜いすきです。
| じゃじゃまま | 2008/07/21 5:34 PM |
じゃじゃままさん、おはようございます。
ファミレスの店員さん、不思議です。
座敷わらしのおかげで家族が一つになって
しみじみと「よかったな」って思える物語でしたね。
ラスト、ニンマリしちゃいます。
| なな | 2008/07/22 8:40 AM |
表紙を開けたところに座敷わらしが載っていましたね。
こんなところに隠れていたのかと・・・・・
| | 2008/08/20 10:21 PM |
花さん、こんばんは。
表紙をあけたところの座敷わらし、気がつかなかった。
本屋さんに見に行ってみようかしら。
| なな | 2008/08/22 7:41 PM |
家族の温かさに、思わずにんまりとしてしまう本でした。

| じゅずじ | 2008/08/24 4:32 PM |
じゅずじさん、こんばんは。
バラバラだった家族が田舎に行って、
座敷わらしを通して少しずつお互いを理解して…
素敵な物語でしたね。
| なな | 2008/08/24 9:56 PM |
座敷わらしが可愛かった!
私も会いたいです〜

個人的には、強がっているけど脆いカッちゃんが心配です。東京で智也と再会できると信じています。

| たまま | 2008/08/26 8:57 AM |
たままさん、こんばんは。
カッちゃん、たしかにちょっと心配ですね。
きっと、きっと、会えるでしょう。
座敷わらしが我が家にきたら…
私は最初怖くて見えない振りしちゃいそう。
| なな | 2008/08/26 9:06 PM |
座敷わらしかわいかったですね〜。
実際見えたら怖いって思いそうですけど。

家族全員の視線で書かれていたのがとてもよかったです。読み終わった後、温かく優しい気持ちになれる本でした。
| masako | 2008/09/17 12:54 AM |
masakoさん、おはようございます。
座敷わらしかわいいけど、多分私は見えなかった振りすると思います。怖いですもの。
バラバラだった家族が少しずつまとまって、
読後感がいい物語でしたね。
| なな | 2008/09/18 9:45 AM |
こんばんわ^^TBさせていただきました。
座敷わらし、もしも自分の家にいたら私は姿を見ることが出来るかな〜なんて、思いながら読みました。
読んでいるときに顔は見えていないのに、きっと可愛いんだろうな〜と思ったり^^
バラバラだった家族がまとまってよかったなと思います。
最後の言葉が、にやっとしてしまいました。

| 苗坊 | 2009/01/19 10:43 PM |
苗坊さん、こんにちは。
座敷わらし、私は見えないんだろうなぁ。
子供たちが「何かいる」とか言っても
「見間違いだよ」「怖いって思うから怖いのよ!」とか言っちゃいそうです(笑)
座敷わらしがいいる家は繁栄していくんですよね。
で、みんな仲良しになったんですよね。
最後の最後にこういうの、いいですよね。
| なな | 2009/01/21 12:26 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1208
トラックバック
愛しの座敷わらし 荻原浩
装画は浅賀行雄。装丁は鈴木成一デザイン室。初出「朝日新聞」。 転勤で田舎に引っ越した高橋一家。住むのは古い民家。出世を断たれた夫・...
| 粋な提案 | 2008/05/22 1:05 PM |
愛しの座敷わらし 荻原浩
父親の転勤のため、田舎暮らしを余儀なくされた一家5人。そこで出会った“座敷わらし”をきっかけに、忘れかけていた家族の絆を思い出していく長編。 それぞれに苦悩を抱えた一家5人が、ギスギスした都会を離れ、のんびりとした田舎暮らしと、愛らしい座敷わらしに出会
| かみさまの贈りもの〜読書日記〜 | 2008/05/22 7:39 PM |
愛しの座敷わらし
JUGEMテーマ:読書 生まれてすぐに家族になるわけじゃない。一緒にいるから、家族になるのだ。東京から田舎に引っ越した一家が、座敷わらしとの出会いを機に家族の絆を取り戻してゆく、ささやかな希望と再生の物語。朝日新聞好評連載、待望の単行本化!朝日新聞出版H
| ぼちぼち | 2008/05/24 10:38 PM |
愛しの座敷わらし  荻原浩
愛しの座敷わらし/荻原 浩 荻原浩 朝日新聞社 2008 STORY:  転勤で田舎に行くことになった一家。父が旧家を借り、そこに住むことになるが、その家には座敷わらしが住んでいて…。 感想:  いまどきのバラバラな一家が、父の転勤で田舎に引っ越す
| 読書・映画・ドラマetc覚書(アメブロ版) | 2008/05/26 11:43 PM |
愛しの座敷わらし
JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/6/9〜2008/6/12 [朝日新聞出版HPより] 生まれてすぐに家族になるわけじゃない。一緒にいるから、家族になるのだ。東京から田舎に引っ越した一家が、座敷わらしとの出会いを機に家族の絆を取り戻してゆく、ささやかな希望と再生
| hibidoku〜日々、読書〜 | 2008/06/16 10:59 PM |
愛しの座敷わらし 荻原浩著。
≪★★★≫ 夫、晃一の転勤に伴い、家族+夫の母と一緒に東北?に越してきた一家。 そして晃一が新しく選んだ家は、街中とは離れ、お隣さんが見えないくらい、買い物も往復で50分かかる、築103年で、広いっていえば広いけど、民芸館風の古めかしい家だった。 そし
| じゃじゃままブックレビュー | 2008/07/21 5:25 PM |
本「愛しの座敷わらし」
愛しの座敷わらし 荻原浩  朝日新聞出版 2008年4月 愛しの座敷わらし/荻原 浩 ¥1,890 Amazon.co.jp 晃一の転勤により、田舎に引っ越してきた高橋一家。晃一は会社で成績が上がらず。史子は夫と義母に不満を持つ。中学2年生の梓美は友だち関係
| <花>の本と映画の感想 | 2008/08/20 10:16 PM |
【愛しの座敷わらし】 荻原浩 著
いつのまにか、家族と距離があいてしまった、パパ。 なんとなく、内にこもりがちな、ママ。 同級生にシカトされ始めた、娘。 喘息持ちの、息子。 ボケが始まった、姑。 東京にいた一家が、いきなり田舎に引っ越した… さてさて、家族の絆は取り戻せるのだろう
| じゅずじの旦那 | 2008/08/24 4:38 PM |
荻原浩 『愛しの座敷わらし』
愛しの座敷わらし/荻原 浩 ¥1,890 Amazon.co.jp 生まれてすぐに家族になるわけじゃない。一緒にいるから、家族になるのだ。東京から田舎に引っ越した一家が、座敷わらしとの出会いを機に家族の絆を取り戻してゆく、ささやかな希望と再生の物語。 47歳課
| 映画な日々。読書な日々。 | 2008/09/17 12:54 AM |
愛しの座敷わらし 荻原浩
愛しの座敷わらし 生まれてすぐに家族になるわけじゃない。 一緒にいるから、家族になるのだ。 東京から田舎に引っ越した一家が、座敷わらしとの出会いを機に家族の絆を取り戻してゆく、ささやかな希望と再生の物語。 可愛らしい作品でした。座敷わらし、一時期テ
| 苗坊の徒然日記 | 2009/01/19 10:02 PM |
愛しの座敷わらし<萩原浩>−(本:2009年22冊目)−
愛しの座敷わらしクチコミを見る # 出版社: 朝日新聞出版 (2008/4/4) # ISBN-10: 4022504242 評価:88点 著者の本は初めて読んだ。 家族がテーマ。そういうと重松清をすぐに思い出すが、彼の小説と比べると随分と雰囲気はライトで感動もほっこりとした感じだ
| デコ親父はいつも減量中 | 2009/02/11 11:56 AM |
荻原浩『愛しの座敷わらし』
愛しの座敷わらし荻原 浩朝日新聞出版このアイテムの詳細を見る 今回は、荻原浩『愛しの座敷わらし』を紹介します。家族個々に問題を抱えている家族が東京から田舎に引越しすることになる。引越し先のの家には、座敷わらしが出るという。初期の頃は、長男の智也と祖母
| itchy1976の日記 | 2010/01/01 1:16 AM |
荻原浩 「愛しの座敷わらし」
久々に読む荻原浩の長編 2011年6月10日読了。 来年(2012年)GWに主演・水谷豊さんで映画公開だそうです。 愛しの座敷わらし 上巻 http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=12581&PHPSESSID=4qm908oh9r0kmd16t00afvo2t0 【内容紹介】
| 映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。 | 2011/06/13 9:35 PM |