CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「愛しの座敷わらし」荻原浩 | main | 「雅楽戦隊ホワイトストーンズ」鈴木貴之 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ソードフィッシュ
ソードフィッシュ 特別版
ソードフィッシュ 特別版
ジョン・トラボルタ
JUGEMテーマ:映画


原題: SWORDFISH
製作年度: 2001年
監督: ドミニク・セナ
上映時間: 99分
出演:ジョン・トラボルタ、ヒュー・ジャックマン、ハル・ベリー、ドン・チードル

ロサンジェルス空港でひとりの男が逮捕される。男は名うてのハッカーで、ロバーツ捜査官の執拗な尋問にようやく口を開きかけるが、ちょっとしたスキに何者かによって射殺されてしまう。一方、すでに引退した世界一のハッカー・スタンリーのもとにはジンジャーと名乗る美女が現れ、ある仕事を持ちかける。以前、麻薬取締局が行った極秘作戦“ソードフィッシュ”によって、計画遂行に際して利用したダミー会社が思わぬ利益をあげ、その資金がそのままプールされ現在95億ドルもの巨額に膨れあがっているという。それを、コンピュータ操作で奪おうというのだ。計画の首謀者は元モサドのエリート・スパイという謎の男ガブリエル。だが、ガブリエルの計画には二重三重の“罠”が張り巡らされていた……。
始まりはジョントラボルタ演じるガブリエルがカフェでコーヒーを飲みながら映画の薀蓄を語る。と思ったら周りには警察官。銀行には爆弾をお腹に巻きつけられた人質。そして迫力の爆破シーン。一気にひき込まれました。爆破シーンは600台のカメラを駆使し”30秒マシンガン撮影”だそうです。でも、あんなすごい映像はあれ一度っきり?ちょっと残念。

最初の盛り上がりに対して最後が…ワイン倉庫にあった死体は?じゃぁラストのあれは誰なの?と「はてな?」のままあっさりと終わってしまった感じでした。

ヒュー・ジャックマンがかっこいい。「ニューヨークの恋人」に出ていた時には、なよなよした男で魅力が全くないって思ってたんだけど、この映画はそのナヨっとした感じがキュート。たくさんの画面を前にハッキング作業をしているところがすごく魅力的でした。

タイトルのソードフィッシュは「まちがった方向に誘導する」という意味を持つ、
マジシャンの間では有名な業界用語だそうです。なるほどね。
| 見る:洋画(さ行) | 20:59 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:59 | - | - |
コメント
 私はどちらも公開当時に映画館で見たので、『ニューヨークの恋人』のレオポルドの方がすごく意外でしたね。その後で『X-MEN』を見た時は、最初ヒュー・ジャックマンだって気付きませんでした(髪形がね…)。

 知り合いも「ワイン倉庫にあった死体」の意味が分からんと言ってました。私は…見た当時は分かったつもりだったのですが…忘れてしまいました。(^^;

>ソードフィッシュは「まちがった方向に誘導する」
 おー、知りませんでした! でもなぜ?
| higeru | 2008/05/23 2:58 AM |
「X−MEN」シリーズは一つも観ていないんですけど
ヒュー・ジャックマンなんですよね。
ちょっと追いかけてみようかなって思ってます(笑)

ソードフィッシュの意味。
ハル・ベリーが麻薬捜査のなんとかだっていうのとか、トラボルタも誰なの?って感じだし。
ミスリードがいっぱいだったかなって思ったんです。
| なな | 2008/05/23 8:58 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック