CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 理想の恋人.com | main | 幸せのレシピ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ホームズのいない町―13のまだらな推理」蒼井上鷹
ホームズのいない町―13のまだらな推理 (FUTABA NOVELS) (FUTABA NOVELS)
ホームズのいない町―13のまだらな推理 (FUTABA NOVELS)
蒼井 上鷹
JUGEMテーマ:読書


素人アートサークルの「ハウス」で早朝女性の死体が発見される。亡くなったのは和良美鈴(24)美鈴。美鈴は前日夜から内縁の夫井之上彰介(34)の家を出たきり行方がわからなくなっていた。犯人は車で逃走しようとし、電柱に激突。近所は停電となった。その事故を見に来たアートサークルの講師清川が「ハウス」のドアが開いているのを不審に思い死体を発見したのだ。それから暫くして「ハウス」は火事になる。

そんな事件の裏で色々な出来事が起こり、色々な人の思惑が交差していた。

全く繋がりがないように見える12の物語が最後13番目で一つにまとまります。ウーパールーパーやペット殺しや早朝の停電などがいろんな所に出てきて、読み進めていくと「実はあの時のあれはこの人なのか…」とか「あの事件はここにつながっていたのね」と思わずニヤリです。

昔懐かしいウーパールーパーの名前が何度か出てきました。ウーパールーパーって流通名だったんですね。



「六本のナポレオン?」
アートサークル「かたつむり」が開かれるハウスで死体が見つかり、そのハウスは火事になり全てが燃えてしまった。サークルのメンバーが持っていたお酒・ナポレオンが次々に被害にあった。

「被害者は二人」
徹夜明けの朝、彼女を見つけた。「おまえのためにあいつをやった」という俺から逃れようとする彼女。

「あやしい一輪車乗り」
シングルマザーの五堂早紀は息子の学校での様子を探ろうと盗聴器を仕掛けた。ある日、同級生の博士が勇樹のランドセル届け「勇樹くんはおじさんについていった」と言う。部屋に入ったら電話が鳴り「誘拐したので身代金を用意しろ」と言われた。恋人に相談してお金はなんとなかったが…

「ペット探偵帰る」
アルバイト先のカフェで飼っているアホロートルの餌を買いに行ったら、地元で知り合いになったペット探偵だった男と再会した。

「第二の空き地の冒険」
元文房具屋の空き地からのこぎりで切られたお金1/3が見つかった。飲食店を経営している一文字は残りの2/3を探していた。そのお金を元に店の新メニューを作り出さなければ店の権利は田倉さんに戻ってしまう。新メニュー、それは「調達屋」井之上が中央アフリカからもってきたチョロチョロという生き物だ。美味しいが、生で食べると顔に赤いアザが出来るチョロチョロを輸入して買うためのお金が必要なのだ。

「赤い○」
顎ひげのあるくじ好きの先輩と名古屋への大切な荷物を運んだ帰り道。

「五つも時計を持つ男」
なんでも運ぶ「タイムパック」を作った四家と音栖の物語。

「吐く人」
3月の午後、マンションの3階の雨どいにしがみついている老人が見つかった。3階のベランダに落ちていた錠剤は外国製の高価な栄養剤だった。4階に住む老人がなぜそこにしがみついていたのか?

「四つのサイン入り本」
探偵事務所で働く三竹と城「想い出の人探し」の依頼を受けた。探して欲しいのは母親が思いを寄せている人。どうやらその人は「トクメイ」と言う雑誌に連載されている「加美島柳の素敵な冒険リターンズ」の加美島らしい。

「銀星ちゃんがいっぱい」
「トクメイ」推理新人賞の下読みをしていた先輩が読んだ10の物語全てに「銀星」のついた男の子が登場するという。

「まだらのひもで三kg」
刑務所に入っている郡司が書いたミステリを「トクメイ」に載せた編集者の山上は先輩でミステリ作家の六坂に代作をさせようとしている。六坂は郡司の無実を証明しようと井之上や美鈴の姉・美苗などと会う。

「覆面の依頼人」
無罪となった郡司は無罪にするために何人ものボランティアがいたことを知る。

「もう一本の緋色の糸」
ボランティアの人たちに連れ去られた郡司は6人からそれぞれの事情を聞かされた。
| 本:あ行(蒼井上鷹) | 21:33 | comments(4) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | 21:33 | - | - |
コメント
こんばんは。
全く関係なさそうな出来事が
実はあちこちに張られた伏線で
最後の書き下ろし短編で意外な繋がりを見せて驚きました。
ウーパールーパー懐かしかったです。
学名は確か、アホロートル?
| 藍色 | 2008/05/18 1:37 AM |
藍色さん、こんにちは。
そうなんです。
ポツポツと時には2ページくらいの物語が
最後に全て繋がってるので驚きました。
ウーパールーパーって言うのが通称だとは知りませんでした。
| なな | 2008/05/19 4:35 PM |
こんばんわ。
いやー面白かったです。
短編集だと思ったのですが、リンクが凄かったですね!
リンクどころではなかったのですが。
最後の章を読んでいて、こうやってつながっていたのかと、何度も読み返しました。
| 苗坊 | 2010/07/19 1:35 PM |
苗坊さん、こんばんは。
面白かったなって言うのは覚えてるんですが
いつものように内容は全然思い出せず(汗)
蒼井さんの小説は手元においておいて
何度も見て、色々発見したくなりますね。
| なな | 2010/07/20 9:39 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
ホームズのいない町・13のまだらな推理 蒼井上鷹
ホームズのいない町―13のまだらな推理 (FUTABA NOVELS) 装幀は松昭教。「小説推理」連載+書き下ろし。短編集。 シャーロック・ホームズ譚を思い...
| 粋な提案 | 2008/05/18 1:37 AM |
恋愛したっていいじゃん!
恋愛したっていいじゃん!
| 恋愛したっていいじゃん! | 2008/05/18 12:21 PM |
ホームズのいない町−13のまだらな推理 蒼井上鷹
ホームズのいない町―13のまだらな推理 (FUTABA NOVELS)クチコミを見る そんじょそこらにホームズのような名探偵はいない。登場人物が不完全な推理をし合い、勝手に誤解して、おかしな展開に…。様々な“つながり”が隠された傑作ミステリー。短編7編と関連する掌編を
| 苗坊の徒然日記 | 2010/07/19 1:32 PM |