CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「サイゴン・タンゴ・カフェ」中山可穂 | main | 「愛しの座敷わらし」荻原浩 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
トラフィック
トラフィック
トラフィック

JUGEMテーマ:映画


原題: TRAFFIC
製作年度: 2000年
監督: スティーヴン・ソダーバーグ
上映時間: 148分
出演: マイケル・ダグラス, ドン・チードル, ベニチオ・デル・トロ, デニス・クエイド,キャサリン・ゼタ・ジョーンズ

アメリカとメキシコを結ぶ巨大な麻薬コネクション“トラフィック”を巡って複雑に絡み合いながら繰り広げられる3つの物語。メキシコ、ティファナ。麻薬密輸現場を監視する警官ハビエールは、サラサール将軍の密命を受け麻薬カルテル一味の壊滅に協力するが……。アメリカ、オハイオ。新しい麻薬取締最高責任者に任命されたロバートは麻薬犯罪の摘発に邁進するのだったが……。アメリカ、サンディエゴ。仲間に裏切られ窮地に立たされた麻薬王を救うために妻がとった行動は……。

麻薬の密売でつながるアメリカ・メキシコの麻薬カルテルという供給側の撲滅を主軸に、麻薬によって利益を得るものとそれを追うもの、そして需要側との関係などを書いた物語。

カリフォルニア州サンディエゴ 、麻薬王を夫に持つヘレーナ(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)は、彼が逮捕されたことによって崩れ去りそうになる幸せだった家庭を保つために自ら密売に関与していく。

オハイオ州シンシナティ、麻薬取締最高責任者のロバート(マイケル・ダグラス)は、家庭を顧みずに合衆国としての麻薬犯罪に奔走するうち、娘が麻薬に溺れていってしまい家庭崩壊の危機に陥る。

そしてカルテル同士の利権争い、それを追うシンジケートを結ぶメキシコとアメリカの警察側。メキシコのハビエール達とアメリカのそれぞれの警察はカルテル撲滅に向けて捜査を続けている。

なんといっても麻薬取締局長・ロバートの一人娘が遊び半分で手を出したドラッグに溺れていく過程、施設に入れられ脱走し、家のものや自分の身を売ってまでもドラッグを手に入れたいと思う。その演技はショッキングでした。そしてロバートがメキシコの犯罪取締官サラサール将軍に「麻薬中毒者の治療についてはどう考えているか?」と尋ねた質問に「簡単だ、中毒者は勝手にオーバードーズして死んでいくからさ」と答える。ロバートはきっと娘の事を考えたんだろうなって思いました。

そしてヘレーナ。セレブな生活をしている身重のセレーナは夫が警察に連行されるまで、夫の本当の職業を知らずにいました。そして夫のため、子供のために自ら麻薬の世界に入っていく。実生活でも身重だったキャサリン、妊婦顔してます。

警察の話は私にはちょっと理解不能でした。

映像の色使いや音楽がスティーヴン・ソダーバーグ監督らしいなって思いました。
| 見る:洋画(た行) | 22:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:48 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック