CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「ホームズのいない町―13のまだらな推理」蒼井上鷹 | main | 「サイゴン・タンゴ・カフェ」中山可穂 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
幸せのレシピ
幸せのレシピ 特別版
幸せのレシピ 特別版

JUGEMテーマ:映画


原題: NO RESERVATIONS
製作年度: 2007年
監督: スコット・ヒックス
上映時間: 104分
出演:キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、アーロン・エッカート、アビゲイル・ブレスリン、パトリシア・クラークソン

ニューヨークの人気レストランで料理長を務めるケイトは完全主義者。仕事に対する情熱は人一倍。厨房では料理人たちを取り仕切り、目が回るような忙しさの中、正確に、完璧に、すべての料理を仕上げていく。積み重ねてきたキャリア、努力して手に入れた自信と賞賛、やりがいのある仕事、築き上げた自分の居場所。でも、気付かない幸せは、自分が決めたレールの外にあるのかもしれない…。予期せぬ出来事から“完璧な厨房”の外へと踏み出すことになったケイトが見つけた新しい自分とは…。
映画館公開時からずっと気になっていた映画でした。う〜ん。どうだろう。

ケイト(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)は料理にしか興味の無い厳格なシェフ。厨房では独裁的な態度だし、料理のわからない客とは平気で言い争いをする。同じアパートに住む男性からデートに誘われても拒み続け、セラピーでも料理の話ばかり。頭を冷やす為に冷蔵室に入ったりと子どもっぽい面もみせるケイト。キャサリン・ゼタ=ジョーズの凛とした姿がピッタリ嵌ってます。

姉が亡くなり、娘のゾーイを引き取るも、ゾーイはケイトの料理を食べてくれない。暫く休みを取っている間に経営者が雇った陽気なニック(アーロン・エッカート)が厨房の雰囲気を変えていることが気に入らないケイト。ゾーイを夜中一人にしておくことが出来ないケイトは厨房に連れて行きます。ニックの料理を食べるゾーイ。そしてケイトとニックはお互いを意識し始める。そこまではすごくよかったんです。だけど、その後がどうも…ありきたりというのかな。ケイトと同じマンションに住むシングルファザーの存在も中途半端。

そして時間の流れがどうも不自然な気がしました。朝早くに起きて自分で市場に食材を買い付けに行くケイト。夜遅くまで働いて、朝買出し、そして昼にはメニューの試食などの打ち合わせ。体がもつのか???ゾーイが家を出てしまった日の買出しは誰が行ったの?とかそんな細かなところが気になってしまいました。

ゾーイ役のアビゲイル・ブレスリンは「リトル・ミス・サンシャイン」の女の子なんですね。お母さんを恋しがる顔、ケイトに呆れる顔、演技がすごく上手でした。

アーロン・エーカットは「サンキュー・スモーキング」で初めて顔を認識した俳優さんですが、いつ見ても顎の割れ目が立派です。どうもこの手の顔は好きになれないなぁ。
| 見る:洋画(さ行) | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:00 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック