CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 砂と霧の家 | main | 「さようなら窓」東直子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「戸村飯店100連発」瀬尾まいこ
戸村飯店青春100連発
戸村飯店青春100連発
瀬尾 まいこ
JUGEMテーマ:読書


戸村飯店は、大阪の下町にある中華料理店。ハンサムで女の子にもてる兄と、アホなギャグを連発する1歳違いの弟をめぐる物語。兄は東京の専門学校に行き、弟は店を継ぐと決めるのだが、戸村兄弟の進路も恋も迷走ばかり。要領よく見える兄が実は不器用で、弟は見た目通りの不器用で、自分のことが一番わからない。大人になる一歩手前の、揺れ動く心をさわやかに描く。

「Re−born」に入っていた「ゴーストライター」の続きが読めて嬉しくなっちゃいました。なんとなく仲の悪い兄弟、男の兄弟ってやっぱりそうなのか…って思ってたんだけど、ラストはすごく爽やか。ううう。よかったよ。

じいちゃんの代から続く大阪の下町にある中華料理屋・戸村飯店。平日は常連客が休日は家族連れで賑わう庶民的な店。その店の長男・ヘイスケと年子の弟・コウスケの物語。ハンサムで女の子にもてるヘイスケは子どもの頃から何でもそつなくこなすと思われていた。文章を書くのが得意で友達や弟の作文を書いてはお金を貰い、高校を出たら家を出ると決めていた。弟のコウスケは店を手伝い、自分が戸村飯店をつぐんだと思っている。

東京に出たヘイスケは学校の近所のカフェでバイトを始め、学校を辞める。なんでもそつなくこなすと思われていたヘイスケだが、実は子どもの頃からコンプレックスの塊り。野球も料理も、一人で練習した吉本のギャグでさえ弟のようにうまくいかない。そんなヘイスケが東京で色々な人とふれあい自分を見つけていく。学校の先生だったアリと付き合い、同級生だった天然の古嶋、バイト先のオーナーの品村さんなどがすごくいい味出してます。

大阪に残り高校三年生になったコウスケは兄の不在をなんとも思わずに過ごす。1学期最後の思い出にと合唱祭の指揮者に立候補したコウスケはピアノ担当の北島君と仲良くなった。兄へのラブレターを代筆した岡野への気持ちはかわらないが、岡野は全く興味がない様子。冬になり、家を継ぐものと思っていたのだが父親が「店は継がせん!家を出ろ」と言う。北島に、岡野に、そして東京のヘイスケに相談して決めた大学受験。受験までの日々、毎日岡野が応援してくれた。コウスケの物語も常連の客や岡野や北島などの脇役がすごく素敵でした。

そしてラスト。ヘイスケの決断。コウスケの旅立ち。それぞれが自分が判らずに悩んでいたんだけど、1年経って自分が見えてきてこれから先を考える。ヘイスケの所に合格の報告に行ったコウスケが「泊まっていけばいいのに」の言葉に「もう少ししかあそこにいられないと思ったら、一日でも無駄に出来ない」って言うのもかわいらしいし、アリとヘイスケの別れもジーンときました。

ヘイスケが家を出る日に父親から貰った現金の入った封筒をヘイスケがコウスケに渡します。そこで封を切っていなかった封筒を開けるのですが、父親からヘイスケへの手紙があります「お前がこれを開けるのは、終わったときだろう。五十万くらいではどうしようもないようになったんだろう。帰って来い」って。なんだかとうちゃん、かっこいいです。
| 本:さ行(瀬尾まいこ) | 23:51 | comments(16) | trackbacks(12) |
スポンサーサイト
| - | 23:51 | - | - |
コメント
こんばんは。
瀬尾さんらしい温かさが感じられましたね。
あちこちでいっぱい笑えて、特に指揮者になって北島君に言ってたことに反応。
「マッハ百分の百拍子ってどれくらいのスピードやねん」って思わずつっこんじゃいました(笑)。
コウスケの進学、ヘイスケ封筒のメッセージに父親の愛情が現れててよかったです。
| 藍色 | 2008/05/15 3:40 AM |
藍色さん、こんばんは。
ホント、瀬尾さんの物語はあたたかい。
そして「Re−born」の物語に続きがあって
二人が歩み寄れたのがすごく嬉しかったです。
お父さん、出番は少なかったけど存在感ありました。
| なな | 2008/05/15 10:04 PM |
なんかもー、言葉もないくらい大好きなお話でした。わたしは「戸村飯店」→「Re-born」の順に読んでるので、おぉ!とだけおもいましたが、ななさんみたいに逆に読んでると楽しみもひとしおだったでしょうね^^

最初ヘイスケって嫌な奴なんだと思い込んでいたぶん、後半にいくにつれ評価がうなぎのぼりでした。最後にはもう大好きに!…いえ、けして顔がいいからとかそれだけでは。たぶん。(←自信なし?)
| まみみ | 2008/05/15 10:24 PM |
こんにちは。
「ゴーストライター」の続編が読めるのがうれしいですよね。
大人になる一歩手前の、揺れ動く心がうまく描かれていて、さすが瀬尾さん!という感じでした。
大阪に帰ってくる兄と大阪を出て行く弟、成長している姿が頼もしかったです。
| mint | 2008/05/16 10:14 AM |
いい兄弟やし、いい家族やなー、と思いました。
大阪の下町の雰囲気もマジでこんな感じやし。
お初の作家さんだったので、他の作品も気になりました。
お薦めがあれば教えてくださいませ。
| しんちゃん | 2008/05/16 8:06 PM |
も〜、これは本当に良かった!
瀬尾さん男兄弟の気持ちまで分かるんか!と。
ヘイスケもコウスケも
いいヤツだったな〜。
ほんといい作品でした。
| す〜さん | 2008/05/16 9:51 PM |
こんばんは。
この本大好きです。
関西らしい雰囲気がいっぱいで(会話とか特に感心)、地元を離れている私にはじんと来るものがありました。
兄弟もええやっちゃし、回りの常連さんとかお友達とか家族!がとっても素敵でした。
| ちきちき | 2008/05/16 10:04 PM |
◇まみみさんへ
「Re-born」→「戸村飯店」の順だとおぉ!と嬉しくなります。今回、その事知らずに偶然同じ時期に借りてきたので、喜びもひとしお。
ヘイスケ、私も嫌なヤツだって思っていたのに
ヘイスケ語りになってみたら意外な一面が見られて。
いい子です。

◇mintさんへ
「ゴーストライター」読み終わって、それでどうなっちゃうの?って思ってたので、二人が成長して歩み寄るところを見ることが出来て本当によかった。
大人になる前の男の子の心の揺れ、なかなか興味深かったです。

◇しんちゃんへ
瀬尾さん初読み?!?!
それは以外でした。
どれもこれもいいんですけど、私のお薦めは「卵の緒」「幸福な食卓」です。

◇す〜さんへ
そうだ、瀬尾さん女だった(笑)
男の人からみても不自然じゃない男兄弟でしたか?
私は息子たちがいつかお互いをこんな風に思いやれたらいいのになっておもいました。

◇ちきちきさんへ
人情味あふれるところが大阪っぽかったです。
常連さんたちも含めて大家族って感じでしたね。
| なな | 2008/05/18 9:05 AM |
こんばんは。ななさん。
もーー!無茶苦茶よかったですよね。
兄弟の性格が見事に描かれていて、お見事です!
こんな微妙な性格をリアルに描けるなんて、本当に素晴らしい!
笑いながら感動して泣いた本というのは、初めてでした。
| ゆう | 2008/06/05 9:45 PM |
ゆうさん、こんばんは。
>もーー!
ぼうせん二つの価値ありですよね!!!
最初はあれって思ったけど読んでいくうちに
兄は兄らしく、弟は弟らしくなっていきましたよね。
| なな | 2008/06/06 7:24 PM |
ななさん、こんにちは♪
以前活字中毒日記でお世話になっていたトラキチです。

長いブランクがあったのですが、ようやくまとまった時間が取れそうなのでネット復帰いたしました。

以前同様、お付き合いいただけたら嬉しく思います。

この作品、本当にいいですよね。
最後、実家に戻るシーン、ドキドキしちゃいました。
あと兄弟の橋渡し役的な役割をした岡野さん、彼女の気持ちって切ないですよね。

残念ながら本屋大賞にはノミネートされませんでした(汗)

これからもよろしくお願いします。
| トラキチ | 2009/01/20 5:14 PM |
トラキチさん、こんにちは。
復活なんですね♪
これからも宜しくお願いします。

瀬尾さんの物語はいつも素敵です。
たまにしか出版されないけど、大切に読みたい作家さんです。

本屋大賞…もうそんな時期なんですね。
| なな | 2009/01/21 12:41 PM |
ななさん、こんにちは♪
この作品、第24回坪田譲治文学賞を受賞されました!
受賞も納得の、本当に清々しい青春小説だったと思います。
瀬尾さん、今まであまり読んでこなかったのですが、今後はチェックしたいと思います。
ではでは。。
| 真紅 | 2009/02/03 8:15 AM |
真紅さん、こんにちは。
おぉ、賞を受賞したんですね。
すごく素敵な物語だから
受賞によって注目されてたくさんの人が読んでくれたら
うれしいなぁ。
瀬尾さんの物語はどれもこれもお薦めです♪
| なな | 2009/02/04 2:06 PM |
こんにちは。TBさせていただきました。
今更ながら読みました。
素敵な作品でしたー。
アンソロジーで私も第1章だけ読んでいたのですが、その時はヘイスケが嫌いで、イライラしました。
でも、ヘイスケの悩みが垣間見えて、長女の私は共感できる部分もあったり。
2人の道はまた最後変わりましたが、将来どうなるのか楽しみな感じですよね^^
2人は、離れたから良かったんですよね。近すぎたら見えない部分はたくさんあると思いますし。
東京で会って、会話する2人は素直で可愛かったです。
| 苗坊 | 2010/05/31 9:31 AM |
苗坊さん、こんばんは。

アンソロジー読んだ後とヘイスケの印象がかわりますよね。

離れたからよかったんでしょうね。
息子たちがこんな兄弟になってくれたらなぁって思います。
| なな | 2010/05/31 10:39 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1193
トラックバック
戸村飯店青春100連発 瀬尾まいこ
装丁はタカハシデザイン室。装画は小池アミイゴ。第一章加筆訂正以降書き下ろし。 大阪の下町、戸村飯店の兄弟は外見も性格も正反対で不仲...
| 粋な提案 | 2008/05/15 3:40 AM |
「戸村飯店青春100連発」 瀬尾まいこ
戸村飯店青春100連発瀬尾 まいこ 小池アミイゴ 理論社 2008-03-20売り上げランキング : 5046Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容説明 大阪、住ノ江にある中華料理店、戸村飯店の2人の息子は、見た目も性格もまるで正反対。アホで不器用だけどまっすぐな兄弟を追いか
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2008/05/15 10:21 PM |
『戸村飯店青春100連発』
今日読んだ本は、瀬尾まいこさんの『戸村飯店青春100連発』です。
| いつか どこかで | 2008/05/16 10:06 AM |
「戸村飯店青春100連発」瀬尾まいこ
謌ク譚鷹」ッ蠎鈴搨譏・100騾」逋コ(2008/03/20)轢ャ蟆セ 縺セ縺紂皷臈瘰ウ邏ー繧定ヲ九k 謌ク譚鷹」ッ蠎励怨痂紂粤。繧紕黼ョ莉」縺九i蟋九∪縺」縺溷、ァ髦ェ縺ョ荳狗伴縺ォ縺ゅk荳ュ闖ッ譁咏炊蠎励□縲ゅΛ繝シ繝。繝ウ繧絅痳...
| しんちゃんの買い物帳 | 2008/05/16 8:01 PM |
戸村飯店青春100連発   〜瀬尾 まいこ〜
「切っても切れないくされ縁?」 まさしくその通り。 血の繋がった兄弟は、どうあったって縁は切れないものなのです。 見た目も性格も...
| My Favorite Books | 2008/05/16 9:49 PM |
Re-born はじまりの一歩
JUGEMテーマ:読書 わたしの人生、もう一度ここから──。迷い、揺れ、苦しみながら選びとった、これがわたしの生きる道。時代を鮮やかに切り取りつづける7人の人気作家が描く、新たな出会いと出発の物語。伊坂幸太郎氏の書き下ろしをはじめ、すべてオリジナルの珠玉
| ぼちぼち | 2008/05/16 10:04 PM |
戸村飯店青春100連発
JUGEMテーマ:読書 大阪の下町にある中華料理店・戸村飯店の二人の息子は、性格も見た目もまるで正反対。東京、大阪と離れてくらす兄弟が再会をきっかけに人生を見つめ直していく。一番大切なことは近すぎて見えないもの。単純でバカでかっこわるいけどかっこいい男子
| ぼちぼち | 2008/05/16 10:05 PM |
戸村飯店青春100連発 瀬尾まいこ
大阪の下町で中華料理屋を営む両親のもとで生まれ育った年子の兄弟の青春奮戦記。 方や、要領がよく格好もいいが、地元の空気に馴染みきれない兄、方や、コテコテの関西人を地でいってるような弟・・・ちょっとした会話や行動を通して、この二人の個性が表情豊かに見事
| かみさまの贈りもの〜読書日記〜 | 2008/06/05 9:45 PM |
『戸村飯店 青春100連発』 瀬尾まいこ (理論社)
<私が書店員なら間違いなく本屋大賞にこの作品を推すだろう!とにかくひとりでも多くの人に手に取ってほしい。> 大阪の下町(住之江あたり)で中華料理店“戸村飯店”を営む家に育った兄弟の成長物語。 兄のヘイスケと弟のコウスケは1歳違い(高3と高2) 物
| 続 活字中毒日記 | 2009/01/20 5:06 PM |
大阪で生まれた男〜『戸村飯店青春100連発』
 大阪の下町。小さな中華料理屋、戸村飯店には一つ違いの兄弟がいた。クール な兄ヘイスケと、いちびりの弟、コウスケ。外見も性格も正反...
| 真紅のthinkingdays | 2009/02/03 8:13 AM |
『戸村飯店青春100連発』 著:瀬尾まいこ
『戸村飯店青春100連発』 著:瀬尾まいこ大阪の下町にある中華料理店・戸村飯店。この店の息子たちは、性格も外見も正反対で仲が悪い。高3の長男・ヘイスケは、昔から要領が良く頭もいいイケメン。しかし地元の空気が苦手で、高校卒業後は東京の専門学校に通うつもり。
| *モナミ*SMAP・映画・本 | 2009/03/01 4:06 PM |
戸村飯店青春100連発 瀬尾まいこ
戸村飯店青春100連発クチコミを見る 大阪の下町にある中華料理店・戸村飯店の二人の息子は、性格も見た目もまるで正反対。 東京、大阪と離れてくらす兄弟が再会をきっかけに人生を見つめ直していく。 一番大切なことは近すぎて見えないもの。 単純でバカでかっこわ
| 苗坊の徒然日記 | 2010/05/31 9:27 AM |