CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< リトル・ヴォイス | main | イブラヒムおじさんとコーランの花たち >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「少女には向かない職業」桜庭一樹
少女には向かない職業 (創元推理文庫 M さ 5-1)
少女には向かない職業 (創元推理文庫 M さ 5-1)
桜庭 一樹
JUGEMテーマ:読書


中学二年生の一年間で、あたし、大西葵十三歳は、人をふたり殺した。夏休みにひとり。それと、冬休みにもうひとり。

小さな島で過ごす中学2年生の大西葵。お父さんは亡くなり、漁師だった義父は怪我をして酒びたりの日々。母親はパートに疲れて帰ってくる日々。学校では笑いを取ったりしているけど、心のうちは誰にも見せずにいる。そんな葵が夏休みに出会ったのは学校では目立たない図書委員の静香。網元の孫の静香はゴスロリに身を包み、学校とは違った印象。夏休みのバイト代を義父にとられた日、静香が言う「ぜったいに見つからない人の殺し方、おしえてあげようか」

後半はどっち?どっちが嘘ついてるの?ってドキドキしました。
もっと若い頃に読んでいたらどう感じるのかな?今読んで思うのは、どうしてもっと周りの大人が気遣ってあげなかったんだろうって事だったりします。葵の母親、生活に疲れているんだろうけど、そりゃーないよって態度です。

唯一の救いが義父が死んだ時にきたおまわりさん。彼がいてよかった。ラストはほっとしました。

| 本:さ行(桜庭一樹) | 20:20 | comments(5) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 20:20 | - | - |
コメント
こんばんわ。
インパクトがあって、すごいストーリーでしたね。
誰が嘘をついているのか、最後までハラハラしました。
でもなぜか不思議と読後感が爽やかなんですよね。
| ia. | 2008/05/07 11:18 PM |
こんばんは。
葵の強くなりたい思いが伝わってきたのが
忘れかけてますけど、うっすら覚えてます。
気づくことができなかった大人たちに不満を抱きながら
最後は、あっけなくてもほっとしました。
| 藍色 | 2008/05/08 3:37 AM |
◇ia.さんへ

こんばんは。
本当に誰が嘘をついているのか、ドキドキしました。
そして葵の不安な中学生の気持ちがよく現れていたなって思いました。
読後感、爽やかでしたね。
ラストが中学生らしい決着だったからかしらね。

◇藍色さんへ

こんばんは。
確かこの本は藍色さんにおすすめいただいてたんだと思います。
やっと読めました。
葵、すごくがんばっていたと思います。
ラストは本当にホッとしましたね。
| なな | 2008/05/09 6:44 PM |
葵はいい子だなあって思いました。頑張ってそのまま学校行って、普通の日常を続けようとしていたから。きつかったと思います。でも、ちゃんと最後打ち明けられて、少しは楽になれるかなあって思うと、救いがあるような気がしました。未来があるんだって考えると。
わたしは今ちょうど中二なので、母親や義父や、大人たちの態度にはぐさっと来るものがありました。刑事のおっちゃんがいてくれてよかったあ。
| 惟央 | 2009/02/11 10:58 PM |
惟央さん、こんばんは。
コメントありがとうございました。
葵はいい子で、精一杯がんばってましたよね。
静香はすごくかわいそうでした。
刑事のおじさんが救いでしたね。
| なな | 2009/02/12 9:16 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1187
トラックバック
少女には向かない職業
この本は"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!さんから紹介していただきました。 著者:桜庭 一樹 出版社:東京創元社 紹介文: ブロガーさんに評判の桜庭一樹さん、初読みです。 なんか、すごいですね、コレ。"少女には向かない職業"って殺人者?武器は"バ
| どくしょ。るーむ。 | 2008/05/07 11:17 PM |
少女には向かない職業 桜庭一樹
カバーフォト:Ben Jobfield。 著者はゲーム等のノベライズと、多彩なライトノベル作品を執筆。東京創元社のミステリ・フロンティアシリーズの...
| 粋な提案 | 2008/05/08 3:38 AM |