CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「吉原手引草」松井今朝子 | main | 「小説こちら葛飾区亀有公園前派出所」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「スメラギの国」朱川湊人
スメラギの国
スメラギの国
朱川 湊人
JUGEMテーマ:読書


結婚を決意し、幸せいっぱいの志郎と麗子。新居となるアパートの前には、猫が多く集まる不思議な空き地があった。引越しの挨拶に行った大家から空き地の丘付近の白い猫には構うなと言われた。ネコ好きな麗子の影響で、ひょっこりと部屋に現れた猫に餌をあげていた志郎。同僚から車を安く手に入れた志郎は、目の前の空き地を車庫がわりにする。しかしそれが薔薇色の生活を一変させる、可愛かった猫たちとの戦いの始まりになろうとは思いもしなかった……。

おぉ〜怖い。読んでいる途中から、表紙を見ても怖いし、テレビやネットでネコが映るとゾゾゾーっとなりました。

恋人・麗子との結婚を決意し、新築アパートに引っ越した志郎の物語と志郎の上司で息子を交通事故で亡くし、心の病気になって暫く休職していた村上の物語が二人の視点とあとはネコの視点で描かれています。

出版社の紹介に「志郎の新居の前には、猫が不思議と多く集まる空き地があった。そこを駐車場がわりにしたことが志郎を狂わせる不幸の始まりだった。」とあるのですが、そこにたどり着くまでがなんだか長い。あまりに長くて、気分転換のために他の本に浮気してみたりして。だけど、後半はもう一気でした。血なまぐさくて気持ち悪いのですが、怖いもの見たさというのか、ラストがどうなるのかそれが知りたい一心で。

続きはネタバレしていますので、ご注意下さい。
志郎が住んでいるアパーの周りにはなぜか猫が多かった。ある日ベランダにやってきたブス猫に「ジンゴロー」と名づけ、やってくると餌をあげるようになった。そのうち、もう1匹すごくスマートな猫がやって来た。ソーセージを歓んで食べたので「ヨアヒム」と名づけた。そのうち上手に扉を開けて家の中に入ってくるようになった2匹。

志郎のアパートの前の空き地の丘の上にいる白いネコ。夜になると青白い光を放ち、大きな犬でも不思議な力で触る事無くやっつけてしまう。その白い猫・オウさまの歌声を聴いた猫は「新しい猫」になり「古い猫」とは違って色々な能力が身につく。強くなる。そして新しい猫はオウさまの森に集まってくる。オウさまの近くにいて、周りの猫に指示を与えるルイ。オウさまの子ども。ある日志郎はすごく綺麗な白い子猫とその親らしき猫を見かけます。額には王冠のようなマーク。子猫をプリンス、親猫をスメラギと名づけもう一度会いたいと捜します。ところが、新しく譲り受けた車でプリンスを引いてしまった。そこから始まる志郎対猫の戦い。

捨てられていたところを一人暮らしのおばあさんに助けられたアイスとチョコはオウの歌を聴いて新しい力を得た猫だった。最近、近所でノラ猫を捕まえては殺している眼鏡をかけた男がいるらしい。その「テキ」に捕まってしまうチョコ。そしてオウが助けに来た。息子を悲しい事故で亡くした村上は息子との約束100機の戦闘機のプラモデルを作り終えたら事故の加害者を殺して自分も死のうと思っていた。その村上に拾われたひとりになってしまったチョコ。そして奇跡が起こる。

志郎と猫の戦いは壮絶です。プリンスを轢いた途端に攻撃してくる猫たち。餌をあげていたヨアキムとの決戦。譲り受けた車は引っかき傷だらけ。営業車で営業に行けばたくさんの猫が車に飛び込んでくる。いったい何匹の猫が死んだことでしょう。どんどん精神バランスを崩していく志郎。同じアパートに住む赤ちゃんが殺され、麗子も事故に…そしてスメラギをやらなければいけないと決心する。

不思議な力を持ったスメラギ。途中からポケモンのキャラクター・ミューツーが頭の中に浮かびました。「ヒュンのサナギ」か。いかにも韓国っぽい「ヒュン」って名前が本当にありそうで怖いです。スメラギとの対決中に志郎がみたスメラギの過去。スメラギの孤独な胸の内が切ないです。
| 本:さ行(朱川湊人) | 23:17 | comments(7) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | 23:17 | - | - |
コメント
前半のほのぼのした雰囲気から、あんな殺伐とした光景が繰り広げられるとは全然想像してませんでした。
カミカゼアタック、辛かったです。
怖いけれども切なく悲しい物語でした。
| ちきちき | 2008/04/22 7:06 PM |
ちきちきさん、こんばんは。
そういえば前半と後半の雰囲気が全く違います。
後半は血なまぐさかったですね。
あれから猫がちょっと怖いです。
| なな | 2008/04/22 9:12 PM |
わぁ〜猫が登場するんだ♪と
ワクワクしながら読んだのですが、こうくるとは。
猫好きの私にはかなり辛い話でした(>_<)
その中でもチョコの話は救いで、村上とのエピソードには良くやったねぇと褒めてあげたくなっちゃいました。
| エビノート | 2008/04/26 10:33 PM |
猫たちの命を惜しまない壮絶な攻撃に絶句でした。
精神的ダメージを負いながら凄絶な闘いを強いられる志郎も痛々しかったですね。
発達した知能、怒りと悲しみから
私もミューツーが浮かびました。

「もう誘拐なんてしない」
TB、コメントお待ちしています。
| 藍色 | 2008/04/27 3:46 AM |
◇エビノートさんへ

猫が好きな方、猫を飼ってる方にはすごく辛い描写が続きましたよね。志郎の行動、尋常じゃないですもの。
チョコの話はよかったですね。
能力もこうやって使わなきゃ!です。

◇藍色さんへ

猫たちの命がけの行動。すごかったですね。
意思があるから余計に怖いです。
志郎は本当に追い詰められていました。
読んでいる私も怖かったもの。
スメラギはやっぱりミューツーですよね。
藍色さん、ポケモンにもお詳しいんですね。
さすがです。
「もう誘拐なんてしない」ごめんなさい、
うっかりしてました。
| なな | 2008/04/27 8:36 PM |
こんばんは。
これは猫好きには非常にきつい作品でした。
いったい何匹の猫が死んだのだろう。

うちの猫は古い猫で良かった、などとホっとしました。
| しんちゃん | 2008/04/28 8:31 PM |
しんちゃん、こんばんは。
途中から血なまぐさくなっていって…
本当に猫好きな人には辛い物語ですよね。
| なな | 2008/04/28 10:23 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1160
トラックバック
スメラギの国
JUGEMテーマ:読書 志郎の新居の前には、猫が不思議と多く集まる空き地があった。そこを駐車場がわりにしたことが志郎を狂わせる不幸の始まりだった 結婚を決意し、幸せいっぱいの志郎と麗子。新居となるアパートの前には、猫が多く集まる不思議な空き地があった。
| ぼちぼち | 2008/04/22 7:07 PM |
スメラギの国 〔朱川 湊人〕
スメラギの国朱川 湊人 文藝春秋 2008-03売り上げランキング : 15491おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 猫の多く集まる空き地に隠された秘密――。 かけがえのないものを失ったために 最愛のものを守りつづけるために 愛情は狂気にかわる
| まったり読書日記 | 2008/04/26 10:22 PM |
スメラギの国 朱川湊人
イラストは牧野千穂。デザインは野中深雪。初出別冊文藝春秋。深町麗子との結婚を考えている香坂志郎は新居に近い空き地に駐車して…。 ル...
| 粋な提案 | 2008/04/27 3:47 AM |
「スメラギの国」朱川湊人
スメラギの国(2008/03)朱川 湊人商品詳細を見る きっつーぅ。このホラーは、猫好きをどん底まで突き落とす作品だ。 大手事務機メーカーに勤め...
| しんちゃんの買い物帳 | 2008/04/28 8:23 PM |