CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< エド・ウッド | main | 「リセット」垣谷美雨 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「妙なる技の乙女たち」小川一水
妙なる技の乙女たち
妙なる技の乙女たち
小川 一水
JUGEMテーマ:読書


時は2050年、東南アジアのリンガ島。赤道直下のリンガ島に軌道エレベータが建設される。たちまちリンガ島は宇宙産業の拠点となり世界各国から様々な人間が寄り集まってくるようになった。そこに住む七人の女性の七つの物語。

小川さんの本、1冊だけ読んだことがあるんです。面白かったので、新刊を図書館で目にして借りてみました。SFの世界ですが、主人公は女性だし違和感なくその世界に入って行く事が出来ました。

舞台は2050年。スピンナブルカーボンナノチューブ(SCNT)の工業生産法の確立によって静止衛星から地球の赤道までエレベータを吊って、ロケットを使わずに宇宙にいける世界。軌道エレベーターは赤道に建てるのが最も安いことから、世界中の人がこぞって空いている赤道上の土地を買いあさった。シンガポール沖のリンガ島もそのひとつ。それまで熱帯のリゾート地だった島のリンガ山で世界始めての軌道エレベーターがCANTECによって建設された途端、ありとあらゆる企業が集まり、土地がたりなくなると回りにメガフロートが曳航された。

そんなリンガ島で働く日本人の女の人たち。仕事はそれぞれ工業デザイナー、船乗りだったり、リゾート開発者、保育士、フライトアテンダント、彫刻家にOL。色々な宗教、色々な人種、色々な言葉の存在する島で仕事に悩み、恋をして、生活しています。

エレベーターで10時間かけて宇宙にある衛星まで…そんな時代が後40年で来るのかな。保育士さんは自動翻訳機なる物を耳につけ、いろんな国の子ども達と会話していたし。
「天上のデザイナー」
京野歩・25歳。日本のデザイン学校を卒業してからリンガに渡り早3年。小さなインダストリアル・デザイン会社でイベントグッズとしてのカンティーンのデザインをしたりしている。ある日社長が持ってきた業界紙に載っていた宇宙服のデザインコンテストに応募しようと思い立つ。

「港のタクシー船長(スキッパー)」
テンダー(交通艇)タクシーのスキッパー歌島水央。女のスキッパーはまだまだ珍しく、馬鹿にされたりいたずらされたりも多い。今日のお客は父親の友人で父亡き後水央の後見人なってくれたメッツラー将軍。ブージン・ピアまでの水路、通行止めがあったり、アイアン・ストームに遭遇したり…

「楽園の島、売ります」
土地不足から緑が少ないリンガ。本島中心部の見晴らしがよくて緑が多い土地を得ることが出来たほんの一握りの高所得者以外は自然を求めていた。そこに目をつけた幡守香奈江は進化生物学の専門家ルクレースと一緒に法律違反すれすれの商売、高級自然住宅開発事業をやっていた。新しい客の為の土地に地元バクン族の指導者がストップをかけた。だが、客は強行手段に出てきた。何か裏があるらしい…

「セハット・デイケア保育日誌」
インド系の老女姉妹が経営する施設保育園で保育士をする阪奈麻子。お昼寝後、子ども達を数えてみたらひとり多い。とりあえず一緒に面倒を見始めたロイズと名乗るその少年は次の日になっても親が現れなかった。時々意味のわからない事を口走るロイズ。彼の正体は?

「Lift me to the Moon」
リンガ軌道エレベーターの機内にリリーフ・アテンダントだといって入った犬井麦穂。始めてみるエレベーターから見る外の景色。重力が軽くなっていく様子。ケージ・アテンダントとしての仕事。

「あなたに捧げる、この腕を」
人の手では彫る事が出来ない大理石や鋼。そういう物も彫ってみたいという鹿沼里径の欲求に両親が答え、ロボットハンドを作ってくれた。アーマートと呼ばれる里径が紹介されたのはインドネシア政府で働くダンスタン・サンジャ。インドネシア政府の惑星探査船「クルタナーガラ」の船首像を作って欲しいといわれる。

「the Lifestyle Of Human-being At Space」
CANTECでOLをする歌島美旗は突然CANTECのCEOから宇宙作業者の労働環境を改善するプロジェクトに参加しないかと誘われた。プロジェクトの内容は宇宙で暮らす人たちの食事情の改善。いかにおいしいものを運ぼうかという方向の話にしっくりこない美旗。
| 本:あ行(その他の作家) | 23:26 | comments(4) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 23:26 | - | - |
コメント
面白かったですね。
女の子たちの活き活きとしたお仕事っぷりは好感度高かったです。
そして、私は宇宙に行きたいけど、旦那に「絶対酔うで!」といわれてる人なので、本当にエレベーターでいけたらええなあって思いながら読んでました。
| ちきちき | 2008/03/29 9:01 PM |
ちきちきさん、おはようございます。
すごく面白かったです!
宇宙に行っちゃう人の物語じゃなく(ひとりは行きましたが)その周りで働く人たちの物語ってところがまたよかったです。
ちきちきさんは宇宙に行きたいんですね。
私も乗り物酔いしやすいたちなので「宇宙酔い」が怖い。
何も出来ずに「早く地球に返してくれ!」って思いそうで(笑)
| なな | 2008/03/31 7:42 AM |
こんばんは。
女性たちの生き生きしてる姿がとても気持ちよかったです。
宇宙に行きたくなりますね。
保育士さんの自動翻訳機がとても便利そうで
未来はいいなって思いました。
| 藍色 | 2008/04/22 3:18 AM |
藍色さん、こんにちは。
みんな暑い国でがんばっていましたね。
宇宙開発に直接関係しているんじゃなくて
その周りのお仕事ってところがよかったです。
宇宙、酔わないんだったら行きたいです。
翻訳機、あったらいいのになぁ。
滅多に使う事もなさそうですが。
| なな | 2008/04/22 12:40 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1139
トラックバック
妙なる技の乙女たち
JUGEMテーマ:読書 時は2050年、東南アジアの海上都市、リンガ。宇宙産業の拠点となったリンガには、額に汗して働くさまざまな女性たちがいた。宇宙服デザインに挑む駆け出しデザイナー、港の小舟タクシーの「艇長」、機械の腕をもつ彫刻家、巨大企業の末端で不満を抱
| ぼちぼち | 2008/03/29 9:01 PM |
妙なる技の乙女たち 小川一水
装幀は新上ヒロシ。装画はD・キッチン。「asta」掲載。 工業デザイナー、水上タクシードライバー、自然住宅開発企業の共同経営者、保育士、...
| 粋な提案 | 2008/04/22 3:43 AM |