CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「空で歌う」中山智幸 | main | 「パワー系181」墨谷渉 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「絆のはなし」伊坂幸太郎×斉藤和義
伊坂幸太郎×斉藤和義 絆のはなし
伊坂幸太郎×斉藤和義 絆のはなし
伊坂 幸太郎,斉藤 和義
JUGEMテーマ:読書


ミュージシャン・斉藤和義と作家・伊坂幸太郎。小説「アイネクライネ」と楽曲「ベリーベリーストロング〜アイネクライネ〜」で見事なコラボレーションを見せた"物書き"伊坂幸太郎と"歌うたい"斉藤和義の対談本。2人の年表、影響を受けた作品なども紹介。

これは小説「アイネクライネ」と「ベリーベリーストロング〜アイネクライネ〜」を読んで聞いてみたくなります。

斉藤和義さん。夫が「おうちへ帰ろう」と「歌うたいのバラッド」はカラオケでよく歌います。が、それ以外の曲は知りません。伊坂さんが専業の小説家になったきっかけが斎藤さんの「幸福な朝食 退屈な夕食」だそうです。

斎藤さんが「伊坂さんの本を何冊か読んでみました。なかでも、そうだなあ、銀行強盗の話は面白かった!ええと、『ゆかいな泥棒たち』。違ったっけ?」には笑いました。それに対しての伊坂さん「いいんです。いいんです。ほとんど合ってます(笑)」ですもの。

伊坂さんと奥さんの話がチラホラ出てきますが、なんだか伊坂さんが書く小説の中のカップルだったり夫婦、そのままの二人って感じです。愛がいっぱい。そして10年後の自分がどうなってるかって質問に対して「子どもも小学生になってるし『こう見えてもお父さん、昔は作家だったんだぞ』みたいなことを言ってる自分が用意に想像できます」って。その台詞でさえも伊坂さんの小説の中の台詞みたい!

対談が2回分入ってます。2回目の対談はなんだかお互いを褒めまくりです。ちょっとお互いに褒めすぎなんじゃないかなってしらけちゃう部分がありました。
| 本:あ行(伊坂幸太郎) | 20:15 | comments(2) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 20:15 | - | - |
コメント
すいません。たくさんTBさせていただきました^^;
斉藤さんの作品は、ポンキッキに登場した「歩いて帰ろう」でしたか。
その曲のみ、知っていました^^;
この曲、大好きです。
伊坂さんも随分赤裸々に語ってらっしゃいますよね〜
伊坂さんの素顔が垣間見えて面白い作品だったなぁと思います。
| 苗坊 | 2008/03/26 11:22 PM |
苗坊さん、いえいえ。
いっぱいコメントとTBありがとうございました。
うれしいです。

この本読んでから頭の中は「歩いて帰ろう」がグルグルしてます。
テンポよくていい曲ですよね。
伊坂さん、本当に色々語ってましたね。
語る言葉が「なるほど伊坂さん」と納得でした。
| なな | 2008/03/27 7:06 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
絆のはなし 伊坂幸太郎×斉藤和義
伊坂幸太郎×斉藤和義 絆のはなし マイペースに、飄々と、作品を作り続ける男二人が初めて語ったプライベート対談。 第1章 対談歩いて話そう 第2章 伊坂幸太郎・斉藤和義が出来るまで 第3章 伊坂幸太郎・斉藤和義の作り方(伊坂・斉藤を作った20の作品 作
| 苗坊の読書日記 | 2008/03/26 11:21 PM |
伊坂幸太郎、斉藤和義【絆のはなし】
ミュージシャンの斉藤和義と、斉藤ファンを公言する作家の伊坂幸太郎が、二人の奇跡的な出会いを語りつくす。二人の年表や、創作活動の現場...
| ぱんどらの本箱 | 2008/03/27 9:17 AM |