CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< オーシャンズ13 | main | 「空で歌う」中山智幸 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「静かな爆弾」吉田修一
静かな爆弾
静かな爆弾
吉田 修一
JUGEMテーマ:読書


テレビ局に勤める早川俊平は、ある日公園で耳の不自由な女性と出会う。取材で人の声を集める俊平と、音のない世界で暮らす彼女。2人はやがて恋に落ちるが…

吉田さんらしい文章なんだけど…なんだかあっさりとしているというのか、何がメインの物語なのかしら?と疑問に思っちゃうというのか。俊平の仕事?耳が不自由な響子との恋?

テレビ局でスクープを追いかけている俊平。外苑で耳の不自由な響子と出会い、恋が始まります。会話はジェスチャーとメモ。週末に俊平の家に泊まっていく響子。職場では報道でドキュメントを作っていたが現在は違う部署に。そうしていたらスクープが舞い込んだ。
色々と印象に残る部分はあるんです。

音のない世界に住む響子と自分の世界との違いにいちいち納得する俊平。響子が待つ自分の家に帰ったとき、毎回響子のことを驚かしてしまう事に戸惑う。今までの彼女だったら仕事がうまく言ってない時に愚痴を言ったりあたってたけど、メモに描くとなんだかしみったれた印象になる。花見で響子のすぐ後ろで乱闘騒ぎが起きているのに、全く気がつかずに微笑む響子の静けさに恐怖を感じる。

管理人から言われる自転車の事や上の階の騒音。仕事でパリまで飛んでいってインタビューした重要人物。帰りの飛行機で隣り合わせたカップル。

響子と出会う前に付き合っていた彼女との関係、仕事がうまく行ってないとイライラと当り散らしたりする様子が書いてある。それを読んだらどうも俊平が自分勝手な人に思えて。
| 本:や行(吉田修一) | 22:38 | comments(6) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | 22:38 | - | - |
コメント
こんばんは。
メインとしては耳が不自由な響子との恋のはずですが、俊平の仕事にもかなり比重がかけられてて、そこが終盤には「伝えたいこと」として絡んでたような印象ですが、表現が弱かったような気がします。
…ぐらいのことしか書けないくらい、忘れてます(汗)。
| 藍色 | 2008/03/28 2:24 AM |
藍色さん、なるほど〜
やっぱり俊平の性格が好きになれなかったのが
いまいち本に入り込めなかった原因なのかもしれません。
| なな | 2008/03/28 10:13 PM |
こんばんは。
この作品、恋愛小説と思って読んでなかったです。
恋愛小説として読むと俊平の身勝手さがイラつくかも…

響子といる時間と、仕事の時間の音の大きさ?の差が鮮やかでした。
| ちきちき | 2008/04/03 9:34 PM |
ちきちきさん、そうですよね。
恋愛小説って思うと中途半端な気がします。
響子といる時間の「無音」が印象に残りますよね。
| なな | 2008/04/05 1:53 PM |
不思議な作品でした。
最後も結局響子が謎の女のまま終わってる気がするし……
もやもやが残るというか。

恋愛小説としても微妙ですし、それ以外(ってなんだろう?)
としても微妙…かなぁ。ううむ。うううーむ。
| まみみ | 2008/04/23 4:38 PM |
まみみさん、こんばんは。
たしかに響子は謎です。
どこに行っちゃってたの?どうして戻ってきたの?
何を考えてるの???って。
仕事の激しさと二人の時間の静けさと。
そんなところが印象に残ってます。
| なな | 2008/04/23 9:26 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1133
トラックバック
静かな爆弾 吉田修一
装幀は守先正。カバー写真は小山泰介。初出「中央公論」。 ある日公園でテレビ局勤務の早川俊平は耳が不自由な響子と出会い、恋が始まって...
| 粋な提案 | 2008/03/28 2:24 AM |
静かな爆弾
JUGEMテーマ:読書 出会いは突然で、言葉にならない緊張のなか、出会った彼女は彼の心へしっかりと刻まれた。過ぎ行く日々に翻弄されながら保たれる絆。恋愛小説の新境地を切り開く意欲作。中央公論新社HPより 『悪人』(朝日新聞社)で、これまでとは違った面を
| ぼちぼち | 2008/04/03 9:34 PM |
「静かな爆弾」 吉田修一
静かな爆弾吉田 修一 中央公論新社 2008-02売り上げランキング : 2518Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容説明 テレビ局に勤める早川俊平は、ある日公園で耳の不自由な女性と出会う。取材で人の声を集める俊平と、音のない世界で暮らす彼女。やがてふたりは恋に落ち
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2008/04/23 4:39 PM |
静かな爆弾<吉田修一>−(本:2009年19冊目)−
静かな爆弾クチコミを見る # 出版社: 中央公論新社 (2008/02) # ISBN-10: 412003917X 評価:83点 テレビ局に勤務しており、中東の爆弾事件をテレビで取り上げてもらおうと奮闘している早川俊平が主人公。 見方によっては、話すことが全て青臭く、周りが見え
| デコ親父はいつも減量中 | 2009/02/05 10:40 PM |