CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「キャベツ」石井睦美 | main | 「しずかな日々」椰月美智子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「こころげそう 男女七人 お江戸恋ものがたり」畠中恵
こころげそう 男女九人 お江戸恋ものがたり
こころげそう 男女九人 お江戸恋ものがたり
畠中 恵

江戸・橋本町の下っ引き宇多が、恋しい思いを伝えられぬまま亡くしたはずの於ふじが帰ってきた
――幽霊の身となって!!
神田川でこときれた於ふじと千之助。兄妹の死の真相を探るうちに、9人の幼なじみたちそれぞれの恋や将来への悩み、思いの糸が絡み合って、妙な騒ぎが次々と……。

タイトルの「こころげそう」は「心化粧…口には言わないが、内心恋こがれること」という意味だそうです。「転げそう」だとか「こころげ草」とかそんな感じをイメージしてタイトルを見てました。

幼馴染で仲の好かった9人(男4人と女5人)その内の2人、大和屋の千之助と於ふじの兄妹が川にはまって死んだ2ヵ月後から物語が始まります。主人公の宇多は岡っ引き・長治のところで世話になりながら下っ引きとして働いています。亡くなった於ふじに自分の想いを打ち明けられなかったことを悔やんでます。ところが於ふじの父親で大和屋をたたんで長屋の大家となった由紀兵衛の長屋で幽霊騒動が持ち上がり、宇多が調べる為由紀兵衛を訪ねると、何とそこに於ふじの姿が!於ふじ父親が心配のあまり幽霊となって父親の側にいたらしい。

下っ引きの宇多。宇多が世話になっている岡っ引き・長治の娘・お絹。大和屋の息子で亡くなった千之助。同じく娘の於ふじ。大工の棟梁の娘・お染。野菜のぼて売りの弥太。両国の茶屋ではたらくおまつ。口入屋・永田に奉公する重松。岡本屋の一人娘・お品。幼い頃は仲良く遊んでいた9人だったけど、年頃になればその中で想ったり想われたりとなかなかうまくいかない。宇多は於ふじを想い、お染と弥太は恋仲だが、お染の父親は大工との縁談を望む。おまつは弥太の事が好きで、お染と弥太の仲が終わればいいと思い、重松はそんなおまつに想いを寄せる。お品は亡くなった千之助に恋心を伝えるも千之助に断られていた。そしてお絹は宇多の事が好きなんじゃないかなって思います。

そんな9人の恋模様に事件が絡み、幽霊となった於ふじや妹のような存在のお絹らの助力を得ながら、宇多が於ふじが亡くなった原因、幼友達の身の上に振りかかった事件を解決しようと奮闘する物語。

主人公の宇多。男女間のあれこれにはすごく疎いんです。自分の気持ちを伝えられないまま於ふじが亡くなってしまった事をすごく後悔していたはずなのに、幽霊となって自分の前に現れた於ふじにも全然気持ちが伝えられない。そしてそのほかの人たちも恋の矢印が色んな方向に向いて絡まって。岡本屋の主人が言う「ままならんことも、おおいわな」に本当にねぇ〜と頷いてしまいます。

ラストはそれぞれが大人になって進む方向が見えてくる素敵な終わり方。宇多は於ふじに気持ちが伝えられてよかったです。そしてお絹と宇多の今後が気になる。宇多はそこら辺には全く疎い感じなので、お絹の尻にしかれそうですが。
「恋はしがち」
長屋に出るといわれている女の幽霊の噂。そして「死んじゃいなかったんだ」と若い女ばかり狙って声をかける男が出現した。

「乞目」
幽霊となった於ふじが寝ている宇多を起こしに来た。重松が新橋のたもとで水に漬かって倒れているから助けて欲しいと言うのだ。宇多に助けられ事なきを得た重松。どうやら奉公先で喧嘩の仲裁に入った帰り道に何者かに襲われたらしい。誰が重松を襲ったのか?

「八卦置」
おまつとお品がおまつが働く茶屋で大喧嘩をしているとお絹が知らせた。お品が弥太に相談をしているのが気に入らなかったらしい。そんな時お品が頼りにしていた八掛置が行方不明なったらしい。

「力味」
おまつが錦絵となり評判に。そんな時、おまつが弥太のところへ押しかけ女房に行った。お染が好きだけど、押しが弱い弥太はおまつを帰す事が出来ず困っていた。そんな時弥太のところに深川で八百屋を営んでいるという平五郎が訪ねてきた。弥太の祖父の知り合いで、暫く泊めて欲しいと言う。快く引き受けた弥太は平五郎から商売について学び始めた。平五郎は何ものなのか?

「こわる」
怪しい男といい合うお品を見つけた於ふじ。その頃、由紀兵衛が持っていた大和屋という小間物屋を居抜きで買った商人・丸中屋の事で頭を悩ませているという相談が岡っ引きの長治の所にたくさん寄せられるようになった。丸中屋に奉公人として入り込んだ宇多。

「幼なじみ」
お品が川に流されるのを目撃した於ふじ。だが助けることは出来なかった。お品の死について調べる宇多。お品が幽霊になっているのではと探し回る於ふじ。そして於ふじも自分が死んだ時の記憶を取り戻そうとしていた。幼なじみ9人のそれぞれ。
| 本:は行(畠中恵) | 23:13 | comments(15) | trackbacks(8) |
スポンサーサイト
| - | 23:13 | - | - |
コメント
こんばんは。

幼なじみたちの恋の矢印がみんな一方通行で、もどかしい思いを感じながらも、それぞれの関係の行方に興味深々。
悲しいことも多かったですが、残った人たちがみんな前向きで読後感は悪くなかったです。
お絹と宇多のこれから、気になりますね。
| ちきちき | 2008/03/11 8:26 PM |
ちきちきさん、こんにちは。
恋の矢印。ことごとく一方通行でしたね。
矢が飛び交ってた(笑)
ラストは悲しかったけど前向きでよかったです。
宇多とお絹の続編、読んでみたいものです。
| なな | 2008/03/12 12:10 PM |
宇多の鈍感さがねぇ〜。
これからはお絹とどうなって行くのか、
でも、それさえも
分かってなさそうな宇多ですけど・・・。
最後は明るい未来が待っている、
そんな終わり方だったので
よかったですね。
| す〜さん | 2008/03/12 8:05 PM |
す〜さん、こんばんは。
宇多、自分の気持ちさえもずっとずっと伝えられないままでしたもんね。
於ふじがいなくなってしまったのはすごく寂しかったのですが
生きている人たちには明るい未来がありそうですね。
| なな | 2008/03/12 9:21 PM |
見事に一方通行の想いばかりで、
なんとも切なくなっちゃいましたね〜。
今だったらお互いの気持ち優先になるところも、
当時はどうにもならない部分の方が多かったんでしょうね。
| エビノート | 2008/03/12 9:28 PM |
こんばんは。
上手なタイトルですよね。
宇多が恋心に疎いのには、もどかしくなっちゃいました。
お絹頑張れって応援したいです。
| 藍色 | 2008/03/13 2:25 AM |
◇エビノートさんへ

そうですよね。
今なら自分の気持ちが最優先なんだろうけど
江戸時代は親が決めた人と…なんでしょうね。
流行病で亡くなったり、堀に落ちただけでなくなってしまうんですもんね。

◇藍色さんへ

タイトル。心化粧って漢字と意味を知って「なるほど〜」でした。
宇多ったら恋心に疎かったですが、きっとお絹に先導されて
幸せになるんでしょうね。
| なな | 2008/03/13 9:10 PM |
こんばんわ。TBさせていただきました。
タイトルはそういう意味だったんですね・・・。読んだはずなのに覚えていないという^^;
ラストの別れは切なかったですね。
2人の死の真相も。
でも、お絹が頑張って、2人とも幸せになってほしいです。
畠中さんの時代物はやっぱり好きですね〜
| 苗坊 | 2008/05/04 12:59 AM |
苗坊さん、こんにちは。
ラスト、幽霊だからいつかはいなくなるとは思ってたけど
ラストは切なかったですね。
せっかく気持ちを伝えられたのに…
時代物は苦手だったのに、畠中さんのおかげで
すごく身近に感じられるようになりました。
| なな | 2008/05/06 4:03 PM |
面白かったです!
お絹はあまり好きになれなかったので、於ふじがずっといてくれたらな〜って思ってしまいました。
そうか、最後於ふじちゃん、逝ってしまったんでした。正直、畠中さんの「しゃばけ」はちょっと入りにくかったんですけど、畠中さんの作品で、しゃばけ以外ならなにがお薦めですか?
| じゃじゃまま | 2009/02/16 10:49 PM |
じゃじゃままさん、こんばんは。
面白かったですよね。
私も於ふじ派です。残念でした(涙)

「しゃばけ」のどこら辺が苦手だったのかしら?
「しゃばけ」シリーズじゃないのだったら
「まんまこと」かな。
主人公が元気に走り回ってて、私は好きでした。
| なな | 2009/02/17 9:05 PM |
ななさん、こんばんは〜。
「まんまこと」ですね!よしっ!(笑)
「しゃばけ」は、なんだろ?あの妖怪?たちがしっくり来なかったのか、主人公が好みじゃなかったのか。
理由は自分でもイマイチなんですけどね。(苦笑)
| じゃじゃまま | 2009/02/18 10:12 PM |
じゃじゃままさん、こんばんは。
私も「しゃばけ」の若だんなが寝てばかりなのが
あまり好きじゃなくて…
「まんまこと」を読んだ時は、これだ!って思いました。
| なな | 2009/02/19 8:39 PM |
こんにちわ。
9人の恋模様が複雑に絡まりあってましたね。
「恋愛」はどのご時世でも難しいなんて
思いながら読みました。
今後のお絹と宇多が気になります。
| ゆき | 2009/07/20 9:20 AM |
ゆきさん、こんばんは。
「恋愛」ってばどのご時世でもままならないものなんですよね。
於ふじちゃん、残念でしたが、お絹と宇多がこれからどうなるのか見てみたいですね。
| なな | 2009/07/21 8:25 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1112
トラックバック
こころげそう 男女九人 お江戸恋ものがたり
JUGEMテーマ:読書 江戸・橋本町の下っ引き宇多が、恋しい思いを伝えられぬまま亡くしたはずの於ふじが帰ってきた ――幽霊の身となって!! 神田川でこときれた於ふじと千之助。兄妹の死の真相を探るうちに、9人の幼なじみたちそれぞれの恋や将来への悩み、思いの糸が
| ぼちぼち | 2008/03/11 8:27 PM |
こころげそう   〜畠中 恵〜
畠中さんの新作です。 今回も江戸を舞台にしたお話で幼馴染9人の恋物語・・・と思いきや、 やはりただの恋物語で済まさないのが畠中さ...
| My Favorite Books | 2008/03/12 8:03 PM |
こころげそう 男女九人 お江戸恋ものがたり 〔畠中 恵〕
こころげそう 男女九人 お江戸恋ものがたり畠中 恵 光文社 2008-01-22売り上げランキング : 3857おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ やはりこの世には人ならぬ御仁もおられるようで―― 江戸・橋本町の下っ引き宇多が、恋しい思いを伝えられぬま
| まったり読書日記 | 2008/03/12 9:19 PM |
こころげそう 男女九人お江戸恋ものがたり 畠中恵
装画は、さやか。ブックデザインは鈴木成一デザイン室。「小説宝石」掲載。こころげそうとは、心化粧―口には言わないが、内心恋こがれるこ...
| 粋な提案 | 2008/03/13 2:25 AM |
こころげそう 男女九人 お江戸恋ものがたり/畠中恵
JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/4/20〜2008/4/21 [光文社HPより] 江戸・橋本町の下っ引き宇多が、恋しい思いを伝えられぬまま亡くしたはずの於ふじが帰ってきた ――幽霊の身となって!! 神田川でこときれた於ふじと千之助。兄妹の死の真相を探るうちに、9人
| hibidoku〜日々、読書〜 | 2008/05/01 1:16 AM |
こころげそう 男女九人お江戸の恋ものがたり 畠中恵
こころげそう 男女九人 お江戸恋ものがたり オススメ! 江戸・橋本町の下っ引き宇多が、恋しい思いを伝えられぬまま亡くしたはずの、於ふじが帰ってきた―幽霊の身となって! 神田川でこときれた於ふじと千之助兄妹の死の真相を探るうちに、九人の幼なじみたちそれぞ
| 苗坊の読書日記 | 2008/05/04 12:58 AM |
こころげそう 男女九人お江戸の恋ものがたり 畠中恵著。
≪★★★★☆≫ &lt;男女九人お江戸の恋ものがたり&gt;九人の幼なじみたち。親代わりである長次の元で下っ引をしている宇多。宇多がずっと思い続けた於ふじは、これまた幼なじみの於ふじの兄と時を同じくして、少し前に川で死んでしまった。 そんな於ふじが、宇
| じゃじゃままブックレビュー | 2009/02/16 10:45 PM |
こころげそう 男女九人 お江戸恋ものがたり
***************************************************** 江戸・橋本町の下っ引き宇多が、恋しい思いを伝えられぬまま 亡くしたはずの、於ふじが帰ってきた―...
| 続・気楽に♪気ままに♪のんびりと♪  | 2009/07/20 9:15 AM |