CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< ボーン・アイデンティティー | main | 「死者のための音楽」山白朝子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「詩的私的ジャック」森博嗣
詩的私的ジャック (講談社文庫)
詩的私的ジャック (講談社文庫)
森 博嗣
JUGEMテーマ:読書


那古野市内にあるS女子大のログハウスで女子大生の死体が発見された。現場は密室状態、死体は全裸で腹部に「I」の字のような刃物で付けられた傷跡があった。数ヵ月後、T大で同じように密室内で全裸の死体が発見された。今度は腹部に「Z」のような傷跡が。二人の女子大生はどちらも、N大8年目で自主退学をすることになっている歌手の結城稔のファンだった。そして結城稔が新しく出したアルバムの1曲の詩がと二人死とがリンクしていた。結城稔を尾行する警察。そして新たな被害者が…

シリーズ4作目。萌絵は3年生になり、留年する人は必ず落としているという製図の課題に四苦八苦してます。時は5月の文化祭時期。大学に在学しながらも8年目と言うことで自主退学を勧告されているロック歌手・結城稔が文化祭でコンサートを開きます。

結城稔の兄・寛はN大理学部の大学院生でミステリィ研のOB。妻の杉東千佳はS女子大で助手をしていて、最初の殺人事件の第一発見者。結城稔の親友でマネージャー・篠崎敏治もミステリィ研のOB。萌絵とはミステリィ研で知り合い。結城稔の担任が犀川先生だったことから、犀川先生は一度だけ会い、自主退学を勧めた。犀川先生は4月からS女子大に非常勤講師として週に一度教えに行く事になっていて、授業のあとには杉東の部屋でコーヒーを貰いたわいない話をして帰ってきていた。

事件を調べているのは三浦警部。萌絵が西之園本部長の姪で、犀川といくつかの事件を解決しているのをなんとなく快く思っていない様子の三浦警部ですが、最後にはしっかりと犀川先生のお世話になっているのがおかしかったです。

そんな事で殺してしまうのか!と動機にビックリ。頭のいい人って一般人と考えることが違うんだろうなぁ。白紙にしてしまいたいだなんてね。

犀川先生と萌絵がまたさらに近づいた感じです。萌絵ってば「結婚してください」なんて言ってたし。

国枝助手と萌絵の会話
「犀川先生に直接、ご相談すれば?」国枝が言った。「私にきいても無意味ね、そいうことは」
「先生は、中国に行かれているので…」
「帰ってこられるでしょう?来週。それが待てないわけ?」
「はい」萌絵は、初めて本心が素直に言えた。
「ふうn点」国枝は萌絵を睨んだ。「じゃあ、中国まで行ったら」
………「私なら、行くよ」
国枝助手、かっこいいです。

| 本:ま行(森博嗣) | 23:14 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 23:14 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1099
トラックバック
読書メモ(本)『詩的私的ジャック』
S&Mシリーズ4作目、『詩的私的ジャック』を読みました。やっぱり面白かったです。よくこれだけのアイディアが考え付くなぁ、と感心してしまいます。どこまでも密室が続く・・・ あと、犯人の殺人の理由というのにも驚きました。共感はできないけど、なんとなく納得
| 自由の森学園図書館の本棚 | 2008/11/14 1:48 PM |