CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「ぼくらのバス」大島真寿美 | main | 星になった少年 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ブラックジャック・キッド」久保寺健彦
ブラック・ジャック・キッド
ブラック・ジャック・キッド
久保寺 健彦
JUGEMテーマ:読書


小学生の和也。漫画「ブラック・ジャック」に心酔するあまり「ブラック・ジャックのように、じゃなく、本当にブラック・ジャックになりたい」と思い、服装から髪型、生き方までを真似している。そんな和也の物語。

前半は江淵小での物語。ヘンな姿勢、声で走る和也。ちょっとした事がきっかけでクラスの男女がいがみ合い、ブラック・クイーンこと石野さんとの衝突とドキドキの勝負。そして上級生との戦い。後半は父親の仕事が上手くいかなくなり、母が失踪。引越し先森塚小で「ブラック・ジャック」と発言したことでいじめられるように。夏休み、遊ぶ友達もいなくふらりと立ち寄った児童館で少女マンガ好きな宮内君と作家志望の泉さんという親友ができて世界が広がる。

学校での男女間のいさかい、いじめ、両親の不仲、ちょっぴり異性を意識したり、小学生らしい物語。ファンタジーノベル大賞って「ん?どこがファンタジー」って言う物語が結構あるけど、これもそうかな。最後、クリスマスに泉の父親のところまで行くところはファンタジーだったかな。
エキセントリックな子供です。ブラック・ジャックに憧れて服装から髪型までブラック・ジャックになりきる。マントのかわりに黒の婦人用レインコートの1つ目のボタンだけをして肩から提げてるんですから。そのレインコートが長かったせいで、引きずらないよう走らなければならず、自然と足が速くなってた。そしてリレーの選手に選ばれるも、走り方と走るときに漫画の中のイメージ効果音「シュー」と叫びながら走るので馬鹿にされるし、リレーは失格。ブラック・ジャックがメスを投げるのを見て、ドライバーをメス代わりに的に当てる練習をしたり。こんな子供だったら困っちゃうわ。

両親の不仲。かわいがってくれていた母親の突然の失踪。父親と二人の生活で、ファミレスで一人で食べる食事。和也がかわいそうです。なんで母親は和也をつれていってあげなかったんだろう?そして後半部分、宮内君のところも泉のところも家庭環境は複雑です。今、子供たちの周りを見回してもそんな家庭はないように感じますが…まぁそこは物語なのかな。

宮内君と泉との出会い、そして広がる本の世界がすばらしかったです。泉が書いた劇も素敵でした。女役をやる宮内君の姿からちょっと前のauのCMでジュリエットになってる温水さんを思い出してしまって笑っちゃいました。

和也が周りで起こった出来事全てを「ブラック・ジャック」のストーリーに当てはめるんです。作者の方「ブラック・ジャック」の大ファンなんだろうなぁっと微笑ましく読みました。

川べりに現われるめぐみちゃんとの話は必要だったのかな?いつかまた会えるときが来るって言ってたけど、出てきたかしら?
| 本:か行(その他の作家) | 21:35 | comments(4) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 21:35 | - | - |
コメント
確かにエキセントリックなお子さんでした。
でも、まぁ、幼い頃はこんな夢を抱いてたなぁ〜なんて
懐かしくなりました。
めぐみは泉の妹(弟?)を探しに行ったときに
川かなんかに落ちそうになったときに
幻かなんかで出てきたような・・・。
でもこれはいらない挿話だったような気もします。
| す〜さん | 2008/02/12 10:00 PM |
す〜さん、こんばんは。
男の子は子どもの頃こんな風な事考えているものなのかしら…
めぐみ、川底に向かってまっしぐら…の時にとうじょうしてましたか。
なぜか読み飛ばしてる模様。
なくても十分楽しめましたよね。
| なな | 2008/02/13 10:43 PM |
こんばんは。
和也が宮内君と泉と出会ってからがよかったです。
指導してもはちゃめちゃな演劇に
くやしくてもったいなさも感じちゃいました。
| 藍色 | 2008/02/17 2:55 AM |
藍色さん、こんにちは。
そうだ!演劇。
せっかく素晴らしい脚本なのにって
私も腹立たしく読んだのでした。
| なな | 2008/02/18 3:16 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1072
トラックバック
ブラック・ジャック・キッド   〜久保寺 健彦〜
ブラックジャックになりたかった小学生、和也の成長物語。 小学生の頃って○○のようになりたい、というより ○○になりたい、と思ってた。 ○○そのものになりたいって。 大人になれば、そんなことはできない
| My Favorite Books | 2008/02/12 9:59 PM |
ブラック・ジャック・キッド 久保寺健彦
装画は佐藤繁。装幀は新潮社装幀室。第19回ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作。 主人公で語り手のおれ、織田和也は手塚治虫の名作マンガ『ブラック・ジャック』をこよなく愛しブラック・ジャックになりたい小学生。日常の
| 粋な提案 | 2008/02/17 2:56 AM |