CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「ブラックジャック・キッド」久保寺健彦 | main | 「悶絶スパイラル」三浦しをん >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
星になった少年
星になった少年 スタンダード・エディション
星になった少年 スタンダード・エディション

JUGEMテーマ:映画


製作年度: 2005年
監督: 河毛俊作
上映時間: 113分
出演: 柳楽優弥、常盤貴子、高橋克実、蒼井優

学校でいじめにあっていた哲夢(柳楽優弥)だったが、両親が経営する動物プロダクションが購入した仔ゾウのランディと出会い、象使いになりたいと願うようになる。そして哲夢はタイのゾウ訓練センターへ留学するが……。
継父・耕介(高橋克実)のいきあたりばったりの経営によって決して楽な経営でない 小川動物プロダクション。やり手で気丈な母・佐緒里(常盤貴子)が一大決心をしてゾウを飼う事になり、最初の一頭のゾウミッキーがやってきます。哲夢(柳楽優弥)は天性の素質ですぐミッキィと心を通わすことが出来ます。その後子象のランディがやってきました。訓練された大人のゾウ・ミッキーと違いランディは人間の言うことを全く聞かない。だけどランディは哲夢に自分の寂しさなどをしきりに訴えかけて来ます。そんな象の神秘な魅力に触れ、哲夢はタイのゾウ使いの学校「チェンダオエレファントトレーニングスクール」に留学することを決意します。

日本に帰ってきてからの哲夢は高校もばからしくなり、年老いた象のためのユートピアを作ることを目標に、日々象の世話をします。義父とのいざこざ(高橋さんの演技が素敵でした)母親から進学について言われたりしてイライラする日々。象のショーの時に哲夢が言う言葉「象さんに比べて僕たち人間は不便です。」が心に残りました。

言葉のわからないタイで一生懸命がんばる哲夢だけど、受け持った小象・ファーはなかなかなついてくれません。そんな時先生が言う言葉「象と仲良くなるには象の神様と仲良くならなければいけない。そうするとお前は早くに死んで象に生まれ変わるんだ」って言います。ラストまで観て、テツが仲良くなったタイの象遣いの男の子がファーとファーの生んだ小象を連れているのを観て涙が出ました。お母さん役の常盤貴子が屋根の上で号泣するシーンが一番の泣かせどころなのかもしれないけど、私はラストのあの小象が一番せつなかったな。

この映画、実話なんですね。お母さんの坂本小百合さんが書いた本があるらしいです。
ちび象ランディと星になった少年ちび象ランディと星になった少年
読んでみなきゃ!

映画を見ていない人が読んだらラストがわかってガッカリかもしれないから反転しておきます。あまりにもラストが印象深かったせいか、職場で映画の話をする時タイトルを「象になった少年」と何回も間違えて発言。「気持ちはわかるけど『星になった…』だからね」とやんわりと注意されました。グッスン。
| 見る(邦画) | 21:06 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 21:06 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1069
トラックバック
『星になった少年』
彼は、逝きました。夢に向かって急ぐように。 ■監督 河毛俊作 ■脚本 大森寿美男 ■原作 坂本小百合 ■音楽 坂本龍一 ■キャスト 柳楽優弥、常盤貴子、高橋克実、蒼井優、倍賞美津子、武田鉄也 小川哲夢(柳楽優弥)は、家族思いの優しい少年だったが、両親の不
| 京の昼寝〜♪ | 2008/02/13 11:45 PM |