CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「さよなら、そしてこんにちは」荻原浩 | main | 「豚キムチにジンクスはあるのか―絲的炊事記」絲山秋子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ブックストア・ウォーズ」碧野圭
ブックストア・ウォーズ
ブックストア・ウォーズ
碧野 圭
JUGEMテーマ:読書


舞台は新宿からJRで20分、若者に人気の町の駅前にある「ペガサス書店」。バイトを経て正社員となった40歳の女性副店長・理子と、同僚の彼を振って大手出版会社社員とスピード結婚した27歳のコネ入社女性の亜紀。二人の視点で描かれる書店お仕事物語。

タイトルの「ウォーズ」通り、主人公達が戦ってます。「勝ち組」対「負け組」の前半部分と、「男」対「女」の後半部分。
物語の最初に理子が語るので、なんとなく理子を応援しながら「フムフム。亜紀って勝気で、コネ入社のお嬢さんで、自分さえよければ…って人なのかな。」なんて思ってました。が、理子が元彼が亜紀宛に送ったお祝いの品を壊しちゃうあたりであれ?違ったのか???って思い始めました。両方ともに言い分がある。そしてネットで中傷されて噂になっている理子を理子のいないところで庇う亜紀。亜紀の方が大人かも…なんて。

そして後半、そんな二人は緊張状態のまま理子が店長に。そして聞かされた話が6ヵ月後に店が閉店するって話。そこからは渡辺専務や山田人事部長、元店長をはじめ書店で理子の店長昇進を嬉しく思ってない男性社員。本部の嫌がらせに少しずつ距離を縮めながら協力して立ち向かっていく理子と亜紀。

いがみ合っていた二人が力を合わせて書店を盛り上げていく。お客さんの意見を聞いて取り入れた全館上げてのフェアや漫画家のサイン会。老朽化して暗い雰囲気の店をクリスマス色にしてみたり、ミステリや児童書などの自分が得意なジャンルを書いたバッチを付けたり。子供に本の読み聞かせをしたり。そんな書店があったら素敵だろうなって思いました。

それにしても、人間ってこうもいがみ合うものなんですかね。亜紀がお土産に持ってきたチョコレートは食べられないままゴミ箱には言ってたし、ネット上で理子の昔の男関係が語られてたり。恐ろしいです。
| 本:あ行(その他の作家) | 22:15 | comments(8) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | 22:15 | - | - |
コメント
こんばんは。
もっと終盤の展開を膨らませて欲しかったです。
書店を舞台にしてるのだから、これをもっと生かして欲しい。
これにつきる内容だと思いました。

ななさんが気になっていた銀色作品をアップしました。
参考になるようなことは書けませんでしたが、お薦めです。
| しんちゃん | 2008/01/23 11:30 PM |
しんちゃん、こんばんは。
あぁ。そうか。
読み終わって「ふ〜ん」って。
腑に落ちないって思ってたんだけど
終盤の展開が物足りなかったのかもしれないですね。

しんちゃんの銀色作品のレビューを見に伺います!
| なな | 2008/01/24 8:56 PM |
後半、いろんな試みをするようになった「ペガサス書店」には足を運んでみたいです。
書店員さんが力を合わせていく部分は爽快でした♪
| エビノート | 2008/01/24 9:21 PM |
エビノートさん、こんばんは。
半年間のペガサス書店、すごく素敵な本屋さんですよね。
そんな本屋があったら通いつめそうです。
| なな | 2008/01/24 10:24 PM |
前半は読んでて辛かったですね。
何もそこまで…ってすごく思ってしまいました。
後半ちょっと面白くなってただけに残念…
| ちきちき | 2008/01/30 6:48 PM |
ちきちきさん、前半部分のいがみ合いすごかったですね。
あんな風にバチバチと戦うものなのでしょうか???
後半の本屋での色々がもっとあったら楽しかったのに。
| なな | 2008/01/30 9:38 PM |
TBの件大変失礼いたしましたm(__)m
送りなおさせていただきましたのでうまいこと(笑)しておいていただけると嬉しいです。ゴメンナサイ。
| ちきちき | 2008/01/31 7:18 PM |
ちきちきさん、こんばんは。
わざわざコメントまですみません。
うまいこと(笑)やっておきました!
| なな | 2008/01/31 9:58 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1050
トラックバック
「ブックストア・ウォーズ」碧野圭
ブックストア・ウォーズ碧野 圭 (2007/10)新潮社 この商品の詳細を見る ペガサス書房K店で働く27歳の亜紀は、大手出版社のコミック編集部に在...
| しんちゃんの買い物帳 | 2008/01/23 11:23 PM |
ブックストア・ウォーズ 〔碧野 圭〕
ブックストア・ウォーズ碧野 圭 新潮社 2007-10売り上げランキング : 68691おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ お嬢様書店員と女性店長が、職場の危機に立ち上がる。メッチャ元気なお仕事小説。 27歳の亜紀は、文芸書はもちろん、コミック、
| まったり読書日記 | 2008/01/24 9:11 PM |
ブックストア・ウォーズ
JUGEMテーマ:読書 お嬢様書店員と女性店長が、職場の危機に立ち上がる。メッチャ元気なお仕事小説。 27歳の亜紀は、文芸書はもちろん、コミック、ライトノベル、ボーイズラブにも気を配る書店員。ユニークな企画を打ち出しては、昔気質な40歳の副店長・理子と衝突
| ぼちぼち | 2008/01/31 7:17 PM |