CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< それでボクはやってない | main | ネバーランド >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「リリイの籠」豊島ミホ
リリイの籠
リリイの籠
豊島 ミホ
JUGEMテーマ:読書


仙台にある女子校を舞台に、そこに通う女の子、先生、そして教育実習生たちの連作短編集。「週間宝石」掲載作品6つに書き下ろしが1つ。

タイトルになっている「リリイの籠」って物語はないんです。リリイ→百合。女子校だからそうなのか?でもそんなディープな物語はないんです。だけど、男の子がいない3年間。登下校も、お弁当も一緒。トイレだって一緒に行きます。「リリイの籠」って女子校って場所を表すのにピッタリな言葉かも。

表紙がすごくキレイ。ビーズやらスパンコールやらレースが使われていて、所々ボコっと出っ張ってる(図書館で借りたビニールコートされている本でもそのボコがわかるくらい)

好きって思ったり憎んだり。自分にないものに嫉妬したり、憧れたり。落ち込んだり優越感に浸ったり。女が女に対して持つ感情って、その度合いが違ったりひょうげんがちがったりはするんだろうけど、高校生でも大人になっても変わらないんだろうなぁ。
「銀杏泥棒は金色」
真面目な美術部員・春。先生に「好きなものを書きなさい」と言われた。「好きなものってなんだろう」と考えながら窓の外を見ていたら目に飛び込んでいた好きなもの。それはA組の五所川原加菜だった。加菜は自分語りが大好きで、彼の話ばかりなので周りから距離を置かれている子だった。

「ポニーテール・ドリーム」
今日も膝下寸スカートにポニーテールで化学を教える私。あるクラスの要注意人物、ギャルの岡田由貴になぜか話してしまった、昔の気持ち。

「忘れないでね」
親が転勤族だったから小学生の頃から友達はクラスで弾かれている子と決めていた。高校では普通の子達と仲良くしていたが、髪の毛をオレンジの染めている真琴のことは高一の頃から気になっていた。ある日、とうとう話しかけてしまい周りから友達が引いていった。親の転勤もないし、離れるには大学で東京に行くしかない。

「ながれるひめ」
とりあえず単位を取った教育実習で母校に行く事になった。が、母校では姉が美術教師として働いていて「なぜ?」と攻められた。

「いちごとくま」
可愛すぎていつも距離を置かれてしまう磯山理加。だが、熊野実枝ことくまっちは違った。あまり周りの空気を読めないくまっちは「かわいいね〜」と声をかけてきたのだ。それからくまっちの隣に里加の場所が出来た。そんなくまっちに彼が出来たらしい。

「やさしい人」
結婚する友人にのせられて同窓会の幹事をすることになった落川。卒業後消息がわからなかった木田さんから連絡が会った。高校時代、地味で目立たなかった木田さん。球技大会の前にバレーボールを教えてあげた。同窓会には出席できないらしいが、学校に許可を取りに行くのを手伝ってもらうことにした。

「ゆうちゃんはレズ」
久しぶりに参加した弓道部の練習。2年生の新木結生に「好きです」と告白された。メールのやり取りをするうち、メールが楽しみになる。これは付き合っている?
| 本:た行(豊島ミホ) | 20:27 | comments(13) | trackbacks(9) |
スポンサーサイト
| - | 20:27 | - | - |
コメント
女子高が舞台ではあったけど、女の子同士の距離感に懐かしさを感じた一冊でした。
わかるわかると思ったのは、生徒の気持ちじゃなくって大人側の気持ちだったのには、自分の年齢を感じてしまいました(^_^;)

| エビノート | 2008/01/13 11:50 PM |
エビノートさん、こんばんは。

女の子同士っていろいろヤッカイなものですよね。
やっかいさは大人になってからもついてまわりますが…
女子校出身なものですから「あの頃」が懐かしかったです。

| なな | 2008/01/15 9:27 PM |
こんばんは。
ななさんは女子校だったんですね。
ず〜っと共学だったので、男の子がいない3年間って
どう違うのか、あまり想像つかなくて。
ニュアンスは感じ取れたような気がしてますが…。
| 藍色 | 2008/01/16 2:30 AM |
ごめんなさい。
昨夜はうれしいデリカテッセンお茶会妄想でぼうっとしてて、
本のお話にならなかったので仕切り直しさせてください。

豊島さんの学生シリーズ、また読めて嬉しかったです。
読みながら、そうだったって思い出しました。
また書いてほしいですね
(ななさんは、女子校シリーズの方がお好みでしょうか?)。
| 藍色 | 2008/01/16 4:51 PM |
藍色さん、こんばんは。
私は中学からずっと女子校なので
この世界は馴染み深いものです。
豊島さんの学園物語。
日陰の子にスポットがあたっていいですよね。
| なな | 2008/01/16 10:23 PM |
こんばんは。
表紙美しかったですよね。
赤ちゃんのお祝いアルバムを思い出しました…

女の子どうしの、いいところも悪いところもうまく描かれてて、そうそうって思いながら読みました。
| ちきちき | 2008/02/03 8:11 PM |
ちきちきさん、こんばんは。
そういえば赤ちゃんのアルバムみたいでした。
手触りを一つひとつ確かめてみたりしました。

色んなところがリアルでしたよね。
高校生も大人も関係って一緒なんだなって思ったりして。
| なな | 2008/02/04 10:19 PM |
こんにちは。
表面にださない心の声が生っぽかったですね。
それと生徒だけでなく、先生の目線も面白かったです。
こういった豊島さんをまた読みたいです。
| しんちゃん | 2008/02/20 12:35 PM |
しんちゃん、こんばんは。
心の声が実にリアルな女の世界でした。
先生目線の物語を読んで、大人になっても
考えることって早退して変わらないんだって思ったり。
| なな | 2008/02/20 10:54 PM |
そうか、リリイって百合のことか!!とななさんの文章でやっと気づいたわたしです。英語苦手で…
表紙の素敵さに、女の子のかわいい部分がぎゅっと凝縮されてましたね。一話一話もささやかながらあの時代の女の子ってものがよくでてたと思います。高校時代…もう遠いなぁ…
| まみみ | 2008/02/23 9:33 AM |
まみみさん、こんばんは。
タイトル、多分そんな風に使ってるんじゃないかな…って。
勝手に想像してみました。
高校時代ってかわいくて、だけど残酷だったりもするんですよね。
私なんてまみみさん以上に遥か彼方です。
今日、高校時代に集めてたシールを息子達に使わせてて
「ママ、これ(抜けてる所)何に使ったの?」って聞かれ
「う〜〜ん。もう使って20年になろうとするので
すっかり忘れちゃいました」って答えた私(涙)
| なな | 2008/02/23 9:57 PM |
私も女子校出身なので、馴染み深いですね〜。(爆)
女の子の気持ちの表と裏。
嫉妬って厄介ですよね〜。えみ先生と派手な生徒の、一見正反対なのに、どこか触れ合っちゃう感じも好きだし、友だちを置いてくつもりが、自分が地元に置いてかれる物語は、なんだかドキンとしました。
| じゃじゃまま | 2009/11/28 11:54 PM |
じゃじゃままさんも女子校出身でしたか!
なんだか「わかる、わかる」が沢山ありましたよね。
嫉妬はやっかいです。
女って高校生の頃から色々とずっとかわらないんでしょうね。
| なな | 2009/11/29 9:59 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1039
トラックバック
リリイの籠 〔豊島 ミホ〕
リリイの籠豊島 ミホ 光文社 2007-12-14売り上げランキング : 13352Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 女の子同士って、むずかしいけれどやっぱり特別。 絵のモデルを頼んだ加菜に、憧れにも近い感情で惹き付けられていく美術部員の春(「銀杏泥棒は金色」)
| まったり読書日記 | 2008/01/13 11:41 PM |
リリイの籠 豊島ミホ
装幀は中村光宏。装画は長谷川洋子。初出「小説宝石」+末話書き下ろし。 銀杏泥棒は金色/嫌いなものが多い美術部員の春と、モデル承諾したお喋りな加菜。 ポニーテール・ドリーム/綺麗になりたかったえみ先生と、イマドキ
| 粋な提案 | 2008/01/16 2:30 AM |
リリイの籠
JUGEMテーマ:読書 女の子同士って、むずかしいけれどやっぱり特別。 絵のモデルを頼んだ加菜に、憧れにも近い感情で惹き付けられていく美術部員の春(「銀杏泥棒は金色」)。 生意気な女子生徒・由貴に、こっそり大切な思いを打ち明けてしまったえみ先生(「ポニ
| ぼちぼち | 2008/02/03 8:12 PM |
「リリイの籠」豊島ミホ
リリイの籠(2007/12/14)豊島 ミホ商品詳細を見る 仙台の女子高を舞台にした7つの連作短編集。 「銀杏泥棒は金色」 美術部に所属する春は、嫌...
| しんちゃんの買い物帳 | 2008/02/20 12:29 PM |
「リリイの籠」 豊島ミホ
リリイの籠豊島 ミホ 光文社 2007-12-14売り上げランキング : 41675Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容説明 絵のモデルを頼んだ加菜に、憧れにも近い感情で惹き付けられていく美術部員の春は…。女の子同士ってむずかしいけれどやっぱり特別。女子高を舞台にキラめ
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2008/02/23 9:20 AM |
「リリイの籠」豊島ミホ
「リリイの籠」豊島ミホ(2007)☆☆☆★★[2009015] ※[913]、国内、小説、連作、短編、女子校、高校生、青春、現代 ありふれたその辺にいるような少女たち、青春の儚さ、きらめきを描く佳作 読書記録を残すようになり、いわゆる女流作家というものが、やはり自分
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2009/02/25 10:15 PM |
リリイの籠 豊島ミホ著。
≪★★★☆≫ 女子高生や、その教師たちの、女の子らしい友情や駆け引き、嫉妬、でもどれも瑞々しくて、懐かしくて、なんだかキュンとくる7編の物語。 女の子の裏側も垣間見れる物語だけど、どの女の子も、可哀相だったり、切なかったり、でもどこか共感できて、好きだ
| じゃじゃままブックレビュー | 2009/11/28 11:46 PM |
豊島ミホ 「リリイの籠」
女子高が舞台の短編集。教え子に言われておしゃれなスカートを買ったり、髪を切ってみたりとちょっとだけど冒険をする先生。
| ゼロから | 2011/05/15 12:44 PM |
「リリイの籠」豊島ミホ
女子高を舞台にした連作短編集。 瑞々しい文章が、とても印象的。    【送料無料】リリイの籠 [ 豊島ミホ ]価格:1,365円(税込、送料別) この作家を知ったのは「Re-born はじまりの一歩」。 その後、「夜の朝顔」を読んだ。豊島ミホの小説だけなら2冊目。 「銀
| りゅうちゃん別館 | 2012/09/28 9:28 AM |