CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< サンキュー・スモーキング | main | 「桜ハウス」藤堂志津子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「渋谷に里帰り」山本幸久
渋谷に里帰り
渋谷に里帰り
山本 幸久
JUGEMテーマ:読書



峰崎稔は富萬食品に勤める32才。小学校卒業とともに引越ししてから、鬼門として一度も足を踏み入れた事のなかった渋谷だが、寿退社する坂岡千明の代わりに渋谷地区担当となる。引継ぎのために千明と一緒にまわる得意先。懐かしい場所、全くかわってしまった渋谷の街並み。そして鬼門となった原因をつくった幼馴染との再会。そんな稔の成長物語。

物語は渋谷あたりをグルグルします。大学時代は渋谷を通って通学していたので、通ってる道や風景は目に浮かびます。主婦になって子供が生まれてみると同じ東京に住んでいながら遠い街です。年に数回夫と待ち合わせして渋谷に飲みに行きますが、行きつけのバーがあるので駅からよそ見もしないでその店へ…そして帰る。それだけです。本の中に「文化会館がなくなって…」って出てきたときにビックリして、夫に「文化会館ってなくなったの?」って聞いちゃったほどです。だから、20年ぶりに渋谷に足を踏み入れて驚く稔と一緒に私も驚いてました。

なんでもない物語なんだけど、すごく読みやすかったです。登場人物がそれぞれ個性的だったし、嫌味な人がいなかったからかな。楽しい読書タイムでした。冬に夏の暑い物語を読むのもなかなかいいものです。
昔から感情表現が乏しいと言われている稔。仕事が出来て、お客さんからの信頼が厚い千明に押されっぱなしですが、一緒に回っているうちに少しずつしゃきっとしてきます。そして幼馴染とあったり、お墓参りに行く時に出会った父親と話したりして、昔のわだかまりも少しずつ解けていきます。

一課の課長の張り切りぶり。二課の課長との屋上喫煙タイムやゆる〜い会話。朝の朝8時半に隣のビルの屋上でバッティングの練習をする8時半の女・今優里。彼女のバッティングする姿の動画を何度も眺める稔。その優里とのデート。

笑えたのが「ホットパンツ」ワンサイズ小さいTシャツに下は太もも丸出しのホットパンツ。そしてお店はお好み焼き屋さんなんです。千明の顧客だった事から初めて足を踏み入れた稔。そのホットパンツが色んな所で登場。幼馴染も、お父さんもみんな行きたがるの。男って…

千明はイヤなやつなのかも?って思ってたんだけど、最後にすごく好印象。結婚なんてやめちゃって、仕事続ければいいのに、なんて思ってました。そして私には今優里の魅力がサッパリわからない。なんで稔は動画を何度も眺めて元気出してるんだろう?
| 本:や行(山本幸久) | 23:08 | comments(8) | trackbacks(7) |
スポンサーサイト
| - | 23:08 | - | - |
コメント
こんばんは。
ホットパンツ一色の作品でしたね。
最初から最後までず〜っとホットパンツ。
こういうユーモア、好きでした。
| しんちゃん | 2008/01/10 8:49 PM |
渋谷が鬼門ってほどのこともなかったような気がします。
そこが弱かったな〜。
でもホットパンツ。。変な想像したけど、
健全なお好み焼き屋さんなんですよね。
行きたいかも・・。
| す〜さん | 2008/01/10 9:10 PM |
◇しんちゃんへ

ふふふ。
どこに行っても、誰と会っても「ホットパンツ」でしたね。
私は「男って…」って思ったのでした。

◇す〜さんへ

たしかに「鬼門」って言うほど悲惨な事は起こらなかった。
ホットパンツのお好み焼き屋、味はどうであれ流行るんでしょうね。
| なな | 2008/01/10 11:19 PM |
こんばんは。
電力館に行きたくなりました。
ななさんはお近くですから行けますね。
いいなぁ。

ノスタルジックな渋谷が素敵でした。
| 藍色 | 2008/01/11 3:39 AM |
ななさん、こんばんは。

渋谷苦手に思ってたんですが、ちょっとマシになりました。
山本さんも苦手に思ってたことあったんですが、これはかなり好きです。
| ちきちき | 2008/01/11 9:47 PM |
◇藍色さんへ

こんばんは。
渋谷、家から40分でいけるんだけど
なんだかすごく遠く感じます。
電力館、大学生の頃時間つぶししてました。

◇ちきちきさんへ

こんばんは。
渋谷、めまぐるしく変わる街ですよね。
山本さん、たしかにあれ?って思うのがいくつかあったのですが、これはよかったですね。
| なな | 2008/01/11 10:33 PM |
こんばんは!
嫌な人が出てこない、
これが心地よさを感じさせてくれましたね〜。
読みやすくって、そして読後は自分も頑張ろう
と思える作品でした。
ホットパンツ、私も行ってみたいかも〜と思いました♪(笑)
| エビノート | 2008/01/12 9:09 PM |
エビノートさん、こんばんは。
嫌な人出てこなかったですね。
最初押しが強くてどうかな?って思ってた
千明もなんだか最後には「どうして辞めちゃうの?」って思ってたし。
ホットパンツ、気になりますよね。
本当にあったら流行るかもですね。
| なな | 2008/01/12 9:42 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1032
トラックバック
「渋谷に里帰り」山本幸久
渋谷に里帰り山本 幸久 (2007/10)日本放送出版協会 この商品の詳細を見る 食品会社に勤めて十年になる峰岸稔は、「はあ、まあ」が口グセの冴え...
| しんちゃんの買い物帳 | 2008/01/10 8:44 PM |
渋谷に里帰り   〜山本 幸久〜
山本さんの新作。待ってました! 小学校卒業とともに故郷の渋谷を後にした峰崎。 誰にも言わずに引っ越したことから 渋谷と距離を置いていた。 なのに、退職する先輩の引継ぎのために訪れた場所は 渋谷だった。 図
| My Favorite Books | 2008/01/10 9:09 PM |
渋谷に里帰り 山本幸久
装幀は岩瀬聡。NHK出版ホームページ連載を加筆修正・再構成。 主人公、峰崎稔は32歳で食品会社の冴えない営業マン。ある日、寿退社する先輩営業ウーマンの坂岡千明から渋谷エリアを引き継ぐことに。12歳で引越した苦い思
| 粋な提案 | 2008/01/11 3:40 AM |
渋谷に里帰り
JUGEMテーマ:読書 注目の若手作家が、 渋谷を舞台に描く青春小説 渋谷は生まれてから小学6年生まで過ごしていた町。でも通っていた小学校は、すでに廃校。同級生の家を訪ねたが、そこは6階建てのビルになっている。しばらく散策するが、どうも過去との結びつき
| ぼちぼち | 2008/01/11 9:48 PM |
渋谷に里帰り 〔山本 幸久〕
渋谷に里帰り山本 幸久 日本放送出版協会 2007-10売り上げランキング : 35539おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 注目の若手作家が、渋谷を舞台に描く青春小説 渋谷は生まれてから小学6年生まで過ごしていた町。でも通っていた小学校は、すで
| まったり読書日記 | 2008/01/12 8:51 PM |
渋谷に里帰り/山本幸久
JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/1/9〜2008/1/10 スクランブル交差点。人ごみの中、センター街へむかって走る。負けるものか。走りながら稔は胸の内で繰り返す&#8722;。ノスタルジックな渋谷を描いた、渋谷オシゴト系青春小説。NHK出版ホームページ連載
| hibidoku〜日々、読書〜 | 2008/01/14 12:03 PM |
渋谷に里帰り 山本幸久
渋谷に里帰り(2007/10)山本 幸久商品詳細を見る <負けるものか> このところ、仕事が忙しくて、本読みも更新もままならなくなりました。疲れ...
| それでも本を読む | 2008/03/12 10:18 PM |