CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 間宮兄弟 | main | 「ホルモー六景」万城目学 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「HEARTBLUE」小路幸也
HEARTBLUE (ミステリ・フロンティア 40)
HEARTBLUE (ミステリ・フロンティア 40)
小路 幸也
JUGEMテーマ:読書


ある虹の朝、ニューヨーク市警の失踪人課の男のもとへ、一人の少年が訪ねてきて言った。「ペギーがいなくなったんだ」と。彼の捜す少女は、一年ほど前から様子がおかしかったというのだが―一方、男の知り合いであるCGデザイナーの日本人の青年も、ふとしたきっかけからある少女の行方を追い始める。二人がそれぞれ動いた末に明らかになった真実とは―想いあう気持ちがみちびいた、哀しい現実に胸が締めつけられる、小路幸也待望の書き下ろし長編。

「HEARTBEAT」の続編と言うのか、あの物語で「委員長」と関係していた人たちの物語。「委員長」自信は登場しないけど、「彼」としてみんなの頭の中にずっと存在してます。「HEARTBEAT」を読んだのは随分前の事。もちろん、内容はほとんど忘れてます。「委員長」が何ものだったのかはわかってるんだけど、巡矢やワットマンとの関係。アメリカで何があったのかなんかはすっぽりと抜け落ちてる(汗)

NY警察の失踪人課で働くダニエル・ワットマンは、同じく警察官で定年間近の父・デイヴィット・ワットマンと二人で暮らしている。虹が綺麗な日昔「暗闇」で知り合ったサミュエル・マイヤーが訪ねてきた。地下で一緒に過ごしてきたペギーが行方不明になったので探して欲しいという。ペギーは古いビルから飛び降り自殺し、死体で発見される。ペギーの遺品である鍵についていた胡桃のキーホルダー。以前どこかで見たことがあると思うワットマン。そんな時父親が発作で倒れたと連絡が入る。

巡矢新はNYでCGデザイナーとして活躍している。虹の綺麗な朝、昔から知っている女性カメラマン恵野かんなと偶然出会いお茶をすることに。かんなから見せてもらった写真には知り合いの警察官と女の子が写っていた。かんなは撮影する時には女の子はいなかったので幽霊では?と言う。とりあえずその警察官・ワットマンに写真を見せようと家を訪ねるが、その写真を父親のデイヴィットに見せた途端、デイヴィットは心臓発作を起こしてしまった。

ダニエルはペギーの死から自分が2歳の時に亡くなった姉・ケイトについての謎を探り、メグリヤはいるはずのない女の子が写っている写真から、ワットマン家の過去について探る。それぞれが探っていった先にあったものは…

巡矢、ワットマン、そしてサミュエル。みんなの心に「彼」がいて、失われてしまった「彼」との記憶をいつまでも大切にしているし、誰もが「彼」の不在を嘆いている。そんな感じなので、物語は静かにひっそりと進行していく感じです。

自殺したペギー、数年前に同じように自殺したポーラ。二人の共通点は胡桃のキーホルダーを持っていたこと、養子に貰われていたこと、自殺をしているがどちらも子どもの頃性的虐待を受けていたという記憶に悩まされていたこと。そんな事を追ううちに、父親が倒れる。今回はどうやら回復する見込みが少ないらしい。父親が作っていた「何かあった時に連絡して欲しい人リスト」の一番下にあったピート・オコンネル。初めて聞く名前だし、連絡先は書いてない。父親の鍵付きキャビネットを開けてみたら、家庭で撮影された大人の男の人と女の子の猥褻なビデオがあった。誰なのか?そしてなぜ父親が持っているのか?

女の子の幽霊を追う巡矢は知り合いの探偵クレイ・ウッズにワットマン家の内情を探ってもらう。ワットマンの姉・ケイトは10歳の時失踪していまだに見つかっていない。母親・マリコはケイトが失踪した2年後精神を病んで亡くなった。そしてかんなが撮影した問題の写真はワットマンの生家の近くで、写っている女の子は亡くなったケイトにそっくりだった。撮影した場所に行ったかんなと巡矢は問題の場所で写真に写ってる女の子にそっくりの女の子に会う。その子は目に見えるし、会話も出来る。ワットマンの生家の裏に住むピート・オコンネルという人の家に住んでいると言う。ワットマンの生家の内部を撮影していたかんなは地下で衝撃の映像を見せられる。

そんな事から物語が動き、そして最後に事件の真相がわかるのです。幼児猥褻が出てきたり、なんでそんな事しちゃったの…って事がいっぱいあるんですけど、なんだか不思議と読後感はよかった。ひたひたと寂しくて、さりげなく優しい物語でした。
| 本:さ行(小路幸也) | 22:37 | comments(8) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
| - | 22:37 | - | - |
コメント
なんだか悲しかったり納得できないところがたくさんあるのに、読後感はいいですよね。不思議です。
その後が気になる終わり方でしたが…続き、あると思いますか?
| まみみ | 2007/12/29 10:46 PM |
まみみさん、こんばんは。
そう、どうしてそんな事…って感じでしたよね。
なのにどうしてあの読後感???と不思議でした。
続編、「HEARTBEAT」の続編があるらしいです。
http://www.tsogen.co.jp/web_m/syoji0712.html
小路さんが語ってます。
もう一度「HEARTBEAT」を読まなきゃいけないようです、私…
| なな | 2008/01/03 11:38 AM |
ななさん、こんばんは。
闇の部分もたくさん書かれていたし、目を伏せたくなることもありましたが、読後感はいいですよね。
小路さんらしいと思いました。
おそらく第3弾が出る前には私も『HEARTBEAT』読み直すと思います。
トラックバックさせていただきます。
| りょう | 2008/01/04 10:18 PM |
りょうさん、こんばんは。
取り上げてるテーマがね…なのに爽やか。
なんででしょう?
これが小路さんの持ち味なのかしら。
| なな | 2008/01/05 10:38 PM |
こんばんは。
何度か1作目を飛ばして後悔してたので、
遠回りかなって思いましたが、前作読んでおいてよかったです。
児童虐待という難しいテーマが扱われていましたが、
読後感は不思議とよかったです。
たぶん、小路さんの持つ優しさの成せる技なのでしょうね。

体調、良くなられたみたいでよかったです。
殺到してるTB、コメントを見ると心苦しいのですが…
『女たちの聖戦』のTB、コメントお待ちしています。
| 藍色 | 2008/01/07 3:21 AM |
藍色さん、私も続編が出てから慌てて1作目を読むって言うのをよくやります。
「脳男」も「交渉人」もそのパターン。

目を覆いたくなるようなシーンもあったのに
読んだ後、そこら辺の印象が薄くなっていたのが不思議でした。

「女たちの聖戦」抜けちゃってました。
指摘していただいてうれしいです。
さっそく伺います。
| なな | 2008/01/07 10:28 PM |
こんばんは。
小路さんらしくない変なとこがあったと思いました。
犯罪とかじゃなくて、作品の雰囲気というのかな。
そこがむずむずして普通に読めませんでした。
でも魅力ある人ばかりでしたね。
次は日本を舞台にお願いしたいです。
| しんちゃん | 2008/01/14 7:44 PM |
しんちゃん、こんばんは。
小路さんらしくない…舞台がアメリカだからかしら。
なんとなく翻訳本を読んでいるかのような雰囲気はありましたが。
登場人物は魅力的でした。
悲惨な題材なのに読後感がすごくよかったのは
登場人物のおかげ?
| なな | 2008/01/16 10:06 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1029
トラックバック
「HEARTBLUE」 小路幸也
HEARTBLUE (ミステリ・フロンティア 40)小路 幸也 東京創元社 2007-12売り上げランキング : 9667Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容説明 NYの失踪人課の男を少年が訪ねてきた。1年程前から変だったという彼の捜す少女は、なぜ姿を消したのか? 映像クリエイター
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2007/12/29 10:45 PM |
HEARTBLUE
ある虹の朝、ニューヨークの失踪人課の男のもとへ、一人の少年が訪ねてきて言った。「ペギーがいなくなったんだ」と。彼の捜す少女は、一年ほど前から様子がおかしかったというのだが―― 一方、男の知り合いであるCGデザイナーの日本人の青年も、ふとしたきっかけか
| ゆるゆる読書 | 2008/01/04 10:20 PM |
HEARTBLUE 小路幸也
ブックデザインは岩郷重力+WONDER WARKZ。東京創元社ミステリ・フロンティア。 一方の語り手、ダニエル・ワットマンはニューヨーク市警察失踪人課勤務。サミュエル・マイヤー(サム)が捜査依頼し、後日遺体で見つかったペ
| 粋な提案 | 2008/01/07 3:22 AM |
「HEARTBLUE」小路幸也
HEARTBLUE (ミステリ・フロンティア 40)小路 幸也 (2007/12)東京創元社 この商品の詳細を見る ニューヨーク市警三十八分署の失踪人課に所属するダニ...
| しんちゃんの買い物帳 | 2008/01/14 7:34 PM |
「HEARTBLUE」小路幸也
「HEARTBLUE」小路幸也(2007)☆☆☆★★ [913]、国内、現代、小説、ニューヨーク、ミステリー、幽霊 ※ネタバレあり。未読者は注意願います。 本書は「HEART BEAT」[ http://blogs.yahoo.co.jp/snowkids1965/9264780.html ]に続く物語。しかし残念なことに、過去
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2008/03/12 8:55 AM |
HEARTBLUE<小路幸也>−(映画:2008年50冊目)−
HEARTBLUE (ミステリ・フロンティア 40) 出版社: 東京創元社 (2007/12) ISBN-10: 4488017371 評価:55点 「HEARTBEAT」の続編。 といっても、前作をほとんど憶えてはいないのですが、すいません・・・。 何が物足りないのか、不満なのかと問われればいろい
| デコ親父はいつも減量中 | 2008/04/03 12:44 AM |