CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「アンボス・ムンドス」桐野夏生 | main | 「赤ちゃんをさがせ」青井夏海 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「となり町戦争」三崎亜記
となり町戦争
となり町戦争
三崎 亜記

となり町との戦争が始まる。ある日、「広報まいさか」に小さく載っていた「となり町との戦争のお知らせ」通勤時にとなり町を通る僕は開戦日緊張しながらとなり町を通るが、普段どおり何も変わらない。暫くしてたまたま見た広報で「戦死者」がいる事を知り、「戦時特別偵察業務従事者」に任命される。見えない戦争に関われば戦争とは何なのかがわかるのでは?と思った僕は就任式に赴く事にした。

今年1月に出版された本です。新聞に出ていて気になってたんです。なのに予約の連絡が入らず一度飛ばされてしまったりして結局1年近く待ちました。

不思議な設定です。戦争という非日常が、町の公共事業としてごく日常的に扱われているのです。予算が組まれ、戦争専門のコンサルティング会社と契約して戦争事業を運営している。戦争をすると町が活性化するらしい。「戦争」を「公共事業」にかえてみたら、実際にお役所でこういう意味もない「辞令交付式」や「報告書」が行われているんだろうなぁって想像できます。

となり町戦争係の香坂。わからないことを知りたいと思う主人公の北原さんの質問に用意された答えをキチンと回答する。となり町への潜入操作の為北原と偽装結婚する。その生活もきっちりと「業務分担」されていて、週一度北原の部屋にやってきて自分から服を脱ぐのも業務のうち。時々北原に見せる本の少しの心のゆれはあるにせよ、きっちりと「となり町戦争係」としての業務をこなしています。怖いです。

戦争が本当に起っているのか全くわからない主人公北原と一緒にすごく不安な気持ちになります。見えない戦争、感情のない登場人物。表紙の写真に影響を受けてる部分も多いのかもしれませんが、人間らしさが全くない、なんだか寒々しい印象だけが残りました。


三崎さんの次の作品「バスジャック」。こちらはすぐに予約を入れ、今図書館にあります。なんだか続けて読むのはもったいない。三崎さん「亜記」って名前だから暫く女の人だと思ってました。思いますよね?学生時代の後輩に亜記ちゃんがいたのです。りあむさんのところにお写真が出ていました。作家の人と会って話をするなんて…色々妄想が始まります。実際の私はきっと何も言えず「がんばってください」で終わりそうだ。
| 本:ま行(三崎亜記) | 23:28 | comments(11) | trackbacks(5) |
スポンサーサイト
| - | 23:28 | - | - |
コメント
約半年、予約待ちだったわー。
でもななちゃんはもっと待ったんだね?

怖い話でした。
現実味の無いまま、北朝鮮で戦争が始まったら嫌だな。
| ゆうき | 2006/05/10 2:37 PM |
ゆうき、そうなの1年は待ちました。

ジワジワと怖い物語だったよね。
人の表情がないというか、町の表情がないというか…
| なな | 2006/05/10 9:49 PM |
ななさん、こんにちは。
フィルターを通して見ているような、
現実感が薄い不思議な印象を残す作品でした。
| 藍色 | 2006/05/25 10:13 AM |
藍色さん、こんばんは。
現実感がないけど、すごい事に巻き込まれている。
実際の世界でそうならないことを祈るばかりです。
| なな | 2006/05/25 9:44 PM |
今日読みました。
なかなかよかったと思うのですが書評は酷なものが多いです。
なので、そんなことにも触れてみました。
よかったらTBみてください
それから・・・リンクしてもいいですか?
| sakotinn | 2006/10/04 5:23 PM |
sakotinnさん、こんばんは。

静かに機械的に行われる戦争。
読んだ後のなんともいえない気分。
私もこの本大好きです。

リンク、もちろん大歓迎です。
私もリンクさせていただきたいと思います。
どうぞ宜しくお願いします。
| なな | 2006/10/04 10:12 PM |
ありがとうございます!うれしーです。
最近また本を読める環境になったのでいろいろよみたいなっておもって。
ナナさんぐらい読みたい!です。
重なる本はTBします!感想を交わしましょーねー
わーいわーいたのしみだぃ☆
| sakotinn | 2006/10/04 10:25 PM |
sakotinnさん、こんばんは。
私くらい読みたいって
私の読書は完全に現実逃避ですから…

私もTBさせていただきます。
どうぞ。よろしく。
| なな | 2006/10/05 10:38 PM |
こんにちは。
私も業務分担が怖かったです…。
特に3枚目…。
さすがお役所っていう感じでした。

三崎さんって…え?女性!?
今読んでいて初めて気付きました…。
辻村深月、恩田陸に続いて、まだ勘違いがあったか(笑)。
| chiro | 2007/07/07 4:58 PM |
間違えました。
男性でしたね(笑)。
| chiro | 2007/07/07 5:32 PM |
chiroさん、こんばんは。

どこまでも徹底したお役所仕事。
恐ろしいです。

ごめんなさい。私の書き方がいけなかったんですよね。
男の人です。はい。
| なな | 2007/07/07 8:42 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/102
トラックバック
となり町戦争
  『となり町戦争』 三崎亜記 2005年   月に2回発行される広報紙によって、となり町との戦争が始まることを知った。 なぜ?何のために? 理不尽で、『ひと呼んでミツコ』のミツコがいたら、きっときっと両方の町長と 総務部となり町戦争係をみんな吹き飛ば
| わすれるまえに | 2006/05/10 2:35 PM |
となり町戦争、三崎亜記
カバー写真は横山孝一。第十七回小説すばる新人賞受賞作。 アパートにひとり住まいをしている平凡な会社員で、ある日町の広報誌にとなり町との戦争のお知らせを見た、主人公で語り
| 粋な提案 | 2006/05/25 10:14 AM |
となり町戦争 三崎亜記
となり町とわが町が戦争を始めたら? ある日届いた「となり町」との戦争の知らせ。僕は町役場から敵地偵察を任ぜられた。だが音も光も気配も感じられず、戦時下の実感を持てないまま。それでも戦争は着実に進んでいた―。シュールかつ繊細に、「私たち」が本当に戦争
| sakoblog* | 2006/10/04 5:24 PM |
三崎亜記【となり町戦争】
タイトルは「戦争」なのに、戦闘シーンはひとつもなし。 でも怖い。 戦争そのものの悲惨さ・恐ろしさというより、いかにも「お役所」的な発想の冷たさや、それに対して住民が何も言えないことにゾッとする。 何
| ぱんどら日記 | 2007/01/12 3:41 PM |
「となり町戦争」三崎亜記
「となり町戦争」三崎 亜記集英社2004-12勝手に評価:★★★★☆読書期間:3日
| Chiro-address | 2007/07/07 3:28 PM |