CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< ごめんなさい | main | 「脳男」首藤瓜於 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ラブソングができるまで
ラブソングができるまで
ラブソングができるまで

JUGEMテーマ:映画


原題: MUSIC AND LYRICS
製作年度: 2007年
監督: マーク・ローレンス
上映時間: 104分
出演:ヒュー・グラント、ドリュー・バリモア、ブラッド・ギャレット、クリステン・ジョンストン

すっかり人気のなくなった80年代のポップスター、アレックス(ヒュー・グラント)。そんな彼のもとに、人気絶頂の歌姫からデュエット曲の作曲と収録のオファーが舞い込む。絶好のカムバック・チャンスを得るアレックスだったが、彼に作詞の経験はない。そこで、彼は作家志望のソフィー(ドリュー・バリモア)を巻き込むことに。

なんでもない恋愛映画です。でも、でも、なんと言っても冒頭から笑えました。80年代に流行ったミュージックビデオそのものに、ノリノリで歌い踊りまくるヒュー・グラントの姿に思わず噴出しちゃいました。あれってばもうそのままワム!ヒュー・グラントはメーキングで「デュラン・デュランを参考にした」と言ってたらしいが。

そしてさえない40代となったアレックス。遊園地や同窓会で20年前同様のセクシーな腰使いの振りで歌って踊るが、ノリノリで聞いているのはいまはもう中年になった昔の女性ファンのみ。男性は呆れ顔。そして踊るアレックスは股関節が痛いと言ってる。そんなアレックスが人気絶頂の歌姫・コーラとのデュエット曲を作ることになる。作詞の才能がないアレックスは作詞家を連れてくるが、そこにたまたま居合わせた植木水やりのバイト・ソフィーが口ずさんだ言葉が気に入り、作詞をしてくれるよう頼む。

ソフィーは大学時代の恩師に裏切られ、おまけに小説のモデルにまでされて落ち込み、小説家志望だったが夢を諦める女性。

そんな二人が作り上げた歌がコーラに気に入ってもらえ採用されるけど、コーラはインド風ダンスを取り入れひどいアレンジをする。それが気に入らないソフィー。気に入らないけど使ってもらわなきゃと媚びるアレックス。二人は仲違いをしてしまう。コーラのコンサートでデュエットをするアレックス。行く気がなかったが、姉家族に説得されコンサート会場に行くソフィー。

日本でも昔のアイドルを出演させる番組はあって結構楽しんでみますが、アレックスが出演依頼された「昔のアイドル達が戦い、勝ったほうが歌える」という番組。その番組に出演が決まっている元アイドル達、REOスピードワゴン、デビー・ギブソン、ティファニーなどの名前が懐かしくて(笑)

歌姫・コーラはブリトニーみたい。すごく奇抜なんだけど、かわいい。

ソフィーのお姉さんもいいキャラでした。痩身ビジネスをやっている割には太めだし、夫の操縦の仕方もなかなかなもの。若い頃アレックスの大ファンで、アレックスを家に呼んでのディナーシーンはクスクス笑っちゃいました。

観てから数日経っているのですが、二人が作った曲が頭から離れない。気がつくと歌ってます。なぜ???
| 見る:洋画(や・ら・わ行) | 23:43 | comments(4) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 23:43 | - | - |
コメント
あけましておめでとうございます。
ことしもよろしくお願いします。

映画は、飯田橋ギンレイホールの会員なので、そこで見るだけになってしまいました。先日、この映画を見ました。ヒュー・グラントは、こんな役にはまり役ですね。最後がハッピーエンドになるのは心地いいですね。
| モンガ | 2008/01/06 12:26 PM |
モンガさん、あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

ギンレイホールの会員って羨ましいです。
飯田橋、1時間もかからずにいける場所なんだけど
精神的にすごく遠い場所です。

ヒュー・グラント、こんな役がピッタリですよね。
あの目がラブコメ向きなのかしら…。

| なな | 2008/01/06 8:46 PM |
ななさん、こんにちは^^
TB&コメントありがとうございましたm(__)m
この二人、こういうラブコメには欠かせないですよね^^
思ったより二人とも歌が上手でビックリしました(笑)
二人がまるで掛け合い漫才のようで、楽しい映画でした!
| cyaz | 2008/02/04 11:10 PM |
cyazさん、こんばんは。
ラブコメにはヒュー・グラントですよね。
あのしわっぽい垂れ目がなかなかいいのです。
ドリュー・バリモアの映画はそれほどたくさん観ていないので、これから観ていこうかなと…
確かに二人とも歌が上手かったです。
| なな | 2008/02/05 10:05 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1014
トラックバック
映画「ラブソングができるまで」
ラブソングができるまで 監督 マーク・ローレンス 出演 ヒュー・グラント. ドリュー・バリモア. ヘイリー・ベネット. ブラッド・ギャレット. クリステン・ジョンストン 2007年 80年代に人気絶頂だったアレックスだが、今はほとんど仕事がない状態
| <花>の本と映画の感想 | 2008/01/27 7:17 PM |
『ラブソングができるまで』
落ちぶれた80年代ポップスター  男に騙された元ライター     ■監督・脚本 マーク・ローレンス ■キャスト ヒュー・グラント、ドリュー・バリモア、ブラッド・ギャレット、クリステン・ジョンストン、キャンベル・スコット □オフィシャルサイト 
| 京の昼寝〜♪ | 2008/02/03 10:31 PM |