CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< ブラッドダイヤモンド | main | 間宮兄弟 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ダイイング・アイ」東野圭吾
ダイイング・アイ
ダイイング・アイ
東野 圭吾
JUGEMテーマ:読書


バーテンダーの雨村慎介は店を閉めて外に出た後襲われ意識不明となり、病院で目覚めた。雨村を襲ったと思われる人物は自殺して発見されたが、その人は雨村が1年半前に起こした人身事故の被害者の夫だという。その事故の記憶だけを失っている雨村。気になった雨村は事故について調べ始めたが、恋人は失踪し、バーに来た謎の女に心を奪われる。記憶を取り戻そうとする雨村の身に降りかかる色々な出来事。

雨村の仕事がバーテンダーだからなのか、夜・お酒・そして官能的です。大人の物語って感じ。全部読み終わってから表紙を見ると怖い!ダメ!こっちを向かないでって思いました。ちょっとホラーっぽい雰囲気もあります。

記憶を亡くした雨村が事故を調べていくうちに断片的に思い出す記憶。誰かと話をした時に引っかかる言葉があるけど、なんだかわからない。謎の女・瑠璃子が誰なのかすごく気になりながらも、魅せられていく様子。そんなところが一緒に気になりました。

以下はきっとネタバレなんだろうけど、自分のための備忘録。
交通事故は雨村が運転していたベンツが美菜絵の自転車にあたり、ハンドルを切ったことにより、スピードを出していた対抗車フェラーリがベンツをよけようとして美菜絵に当たり、美菜絵は車と壁に挟まれて死んでしまうと言うものでした。事件を調べていくうちに断片的に事故の記憶が戻ってくる雨村。ベンツはその時働いていたバー「シリウス」のオーナー江島の持ち物で、その日はバーで酔ってしまった常連客・由佳を送っていった帰りだった。事件の加害者がもう一人いることを知った雨村はその人・木内を探し出す。木内は昼間ブラブラして夜に外出する生活。普通のサラリーマンのはずなんだけど、お金遣いが派手。

プロローグの「深夜、自転車で自宅に向かっていた美菜絵。信号待ちをしているとき、後ろから来た車にはねられてしまう。その瞬間、走馬灯のように浮かぶ半生。今までの幸せだった生活を突然終わらされたことに対する憎しみと恨み。彼女は運転している人を睨みつけながら死んでいく…」と言う話。死にゆく美え菜絵の痛みや無念さ、体の状態なんかがすごくリアルです。後からこのプロローグがすごく効いてくる。

〈初出〉「小説宝石」1998年2月号〜1999年1月号とあります。なぜ今頃になって本になったんだろう?しかも新聞広告に「読み返してみて、今の自分には書けないと思った…」って東野さんご本人が書いてる。なぜ?
| 本:は行(東野圭吾) | 21:49 | comments(12) | trackbacks(15) |
スポンサーサイト
| - | 21:49 | - | - |
コメント
 最近の作品とは作風というのか違いますし、今の自分には書けないというのは、素直な感想なのではないでしょうか。

 ところで数日前に近所の書店でも相当数平積みされていて、「ガリレオ効果」とかってPOPがありましたが、わずか一ヶ月で四刷なんですね!

 しかし「ガリレオ効果」ってのは、すごいのは東野圭吾なのか、はたまた福山雅治なのか?(^^;
| higeru | 2007/12/28 9:57 PM |
higeruさん、こんばんは。
東野さんの本、過去のものはあまり読めていないのですが
作風違うんでしょうかね…

「ガリレオ効果」これは絶対に福山雅治効果でしょう。
私もドラマ夢中で見てました(笑)
| なな | 2007/12/28 10:41 PM |
こんばんは。
ホラーっぽさを強く感じてしまって、かなり怖かったです。
当分の間、マネキンを見られそうにありません。

今頃になって本になった理由、ガリレオ効果だったんですね。
やっと疑問が氷解しました。
| 藍色 | 2008/01/14 3:01 AM |
こんばんは。
ホラーでしたね。特に瑠璃子の存在が…
マネキン、怖いです。
が、最近あんまり見かけないような気がするのは
デパートで服を買うことがなくなったからかしら???

10年近く前の物語だけど古臭さはあまりなかったですね。
| なな | 2008/01/15 9:46 PM |
10年前の作品だったんですか!
私はてっきり「夜明けの街で」がイマイチだったので、今回は頑張ってミステリ書いたのかと思ってました。(苦笑)
交通事故がリアルでテンション下がりますね。
私は、マネキンよりもラストの目を潰しちゃう方が怖かったです。
| じゃじゃまま | 2008/03/26 9:24 PM |
じゃじゃままさん、こんばんは。
10年前の物語をなぜ今頃小説に?ですよね。

最初の交通事故がね…
謎の女も気持ち悪かったし。
ホラーです。
| なな | 2008/03/27 6:50 PM |
こんばんは。
東野さんの作品は好きでほとんど読んでいますが、これはあまり好みではありませんでした。本当ホラーでしたよね。そしてマネキンは想像すると怖かったです。
| masako | 2008/04/22 11:17 PM |
masakoさん、こんばんは。
やっぱりそうですよね。
読んで、あぁ面白かったって作品じゃないですよね。
読んだ人が「あんまり…」って思う昔の作品をなぜ今更?って感じです。
| なな | 2008/04/23 9:17 PM |
こんばんわ。TBさせていただきました。
この作品、昔の作品だったんですね。読んだ後に知りました。
確かにちょっと最近の作品とテイストが違うなぁとおもっていたら。
内容は気になって引き込まれたんですけど、ラストまでゾクッとしました。
怖かったですねぇ。
| 苗坊 | 2009/02/06 9:39 PM |
苗坊さん、こんばんは。
ね〜昔の作品、なぜ今頃…です。
本当にホラーでした。怖かった。
| なな | 2009/02/08 8:46 AM |
こんばんは。
TBさせていただきました。
私も昔の作品だと知らずに、図書館で偶然見つけてわくわくしながら読んだのですが、残念ながらあんまり好みではありませんでした。瑠璃子とかマネキンとか…怖いです(^_^;)
テーマは悪くないと思うので、違うシチュエーションでいつかもう一度書いてほしいな、と思います。←勝手ですね〜(苦笑)
| 山手のドルフィン | 2010/06/20 9:55 PM |
山手のドルフィンさん、こんばんは。
瑠璃子とかマネキンとかの気持ち悪さ。
いつまでたってもそこら辺が一番印象深かった作品です。
| なな | 2010/06/21 8:52 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
【東野圭吾】ダイイング・アイ
 楽天のポイントがたまってきたが、来月末で期限切れになるものがそこそこある。昨年末は同じような理由で Bryan Adams のDVDを買ったが、今回は折り良く出た東野圭吾の新刊を買うことにした。バリバリの新刊、のつもりだったのだが…。 光文社 2007/11/25 初版一刷
| higeruの大活字読書録 | 2007/12/28 1:12 AM |
ダイイング・アイ 東野圭吾
装幀は泉沢光雄。初出「小説宝石」。 直視しがたいプロローグの後―。バーテンダーの雨村慎介は襲われ意識不明。病院で目覚め、失った一年半前の人身事故の記憶を調べ始めると不穏な出来事が。記憶を思い出せないもどかしさ。会う
| 粋な提案 | 2008/01/14 3:01 AM |
本を読もう*。・+(*゚∀゚*)+・。*
最近、図書館によく行きます。 行くたびに6冊ずつ本を借ります。 本屋さんで立ち読みしたのも含めると、この2週間ほどで 25冊は読んでると思う。 本を読むのって、すごく楽しい☆・゚:。*ヾ(´∀`*)人(*´∀`)ノ*。:゚・☆
| π(パイ) 〜無限の可能性〜 | 2008/01/19 12:13 PM |
【ダイイング・アイ】 東野圭吾 著
許さない、恨み抜いてやる、たとえ肉林が滅びても―――。 憎しみの最後の炎を燃やし、美菜絵は相手を睨み続けた。 睨み続けた相手とは、いったい 誰だ! 記憶を一部喪失した雨村槇介は、自分が死亡事故を起こした過去を知らされる。なぜ、そんな重要なことを忘
| じゅずじの旦那 | 2008/02/24 5:16 PM |
ダイイング・アイ 東野圭吾著。
≪★★★≫ 前作の「夜明けの街で」が、サスペンスなのかさっぱりで、不倫に走る男の馬鹿っぷりにばかり注目してしまったので、「ダイイング・アイ」は、サスペンス色ばっちり!?でもホラーかと思った。 いや、私の中では、ホラーかも。 プロローグの女性が、まずこの
| じゃじゃままブックレビュー | 2008/03/26 9:21 PM |
東野圭吾 『ダイイング・アイ』
ダイイング・アイ/東野 圭吾 ¥1,680 Amazon.co.jp 記憶を一部喪失した雨村槇介は、自分が死亡事故を起こした過去を知らされる。なぜ、そんな重要なことを忘れてしまったのだろう。事故の状況を調べる慎介だが、以前の自分が何を考えて行動していたのか、思
| 映画な日々。読書な日々。 | 2008/04/22 11:13 PM |
ダイイング・アイ
東野圭吾 著 
| Akira's VOICE | 2008/04/24 12:13 PM |
東野圭吾【ダイイング・アイ】
バーテンダーの雨村慎介は、閉店後に帰宅しようとしたところを何者かに殴られて重傷を負い、幸いにも命を取りとめた。 慎介を襲った男は死...
| ぱんどらの本箱 | 2008/05/20 1:54 PM |
ダイイング・アイ (東野 圭吾)
許さない…。 たとえ肉体がほろびても… これから起こる出来事を 予測させるプロローグです。 結末を早く知りたい誘惑を我慢して 読み進めて行きました。 でも読み進めていくのがなんだか こわいような…。 目がキーワード。 何かを訴える目。 主人公の交通事故後
| 花ごよみ | 2008/09/07 3:57 PM |
本「ダイニング・アイ」
ダイイング・アイ 東野圭吾 光文社 2007年11月 ダイイング・アイ/東野 圭吾 『茗荷(みょうが)』でバーテンダーとして働く雨村慎介のもとに変な客が来る。その日の帰り、何者かに襲わ頭を投打される。気がついた時は病院。記憶が一部消えていた。
| <花>の本と映画の感想 | 2008/09/10 9:38 PM |
ダイイング・アイ<東野圭吾>−(本:2008年162冊目)−
ダイイング・アイクチコミを見る # 出版社: 光文社 (2007/11/20) # ISBN-10: 4334925812 評価:77点 少し早めに会社から帰って一気読み。 ページをめくるのがもどかしいほど先を読ませる展開は素晴らしい。 1ページ読み進むとともに膨らんでいく期待感と、
| デコ親父はいつも減量中 | 2008/12/16 12:12 AM |
ダイイング・アイ 東野圭吾
ダイイング・アイ 記憶を一部喪失した雨村槇介は、自分が死亡事故を起こした過去を知らされる。 なぜ、そんな重要なことを忘れてしまったのだろう。 事故の状況を調べる慎介だが、以前の自分が何を考えて行動していたのか、思い出せない。 しかも、関係者が徐々に怪
| 苗坊の徒然日記 | 2009/02/06 9:38 PM |
【本】ダイイング・アイ
         『ダイイング・アイ』        東野圭吾        光文社【comment】   まさに“ダイイング・アイ(死にゆく目)”・・・面白かったですこれは随分前に古本屋さんで買いました。私は、そんなに東野さんの作品のファンって訳でもなく
| ★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2010/01/06 10:33 PM |
◎読書記録◎ 「ダイイング・アイ」 東野圭吾
プロローグは交通事故のシーン。 事故の被害者が意識とともに命を失っていくシーン。
| The 近況報告! | 2010/06/20 9:19 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2014/09/06 5:21 PM |