CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「夏の庭」湯本香樹実 | main | 「東京日記2 ほかに踊りを知らない。」川上弘美 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
椿山課長の七日間
椿山課長の七日間 デラックス版
椿山課長の七日間 デラックス版

JUGEMテーマ:映画


製作年度: 2006年
上映時間: 118分
監督:河野圭太
出演:西田敏行、伊東美咲、成宮寛貴、和久井映見、須賀健太、志田未来

幸せな家庭生活を送る椿山課長(西田敏行)は、勤務先のデパートで脳溢血のために突然死してしまう。しかし、現世に未練を残し死んでも死にきれない椿山は、あの世の“中陰役所”に頼み込み、3日間だけ現世に戻ることを許してもらう。あの世からこの世に舞い戻った椿山は、生前の姿とは似ても似つかない絶世の美女(伊東美咲)に姿を変えられていて……。
全く物語の内容を知らずに見ました。ファンタジーなのかしら。笑いあり、涙ありでよい映画でした。

中年の椿山課長は仕事中に突然死してしまいます。天国に行く前の状態、死んだ人がたくさんいる場所でマヤという天使(?)に色々と説明されます。その中で「現世に戻りたい人、スイッチをどうぞ」といわれ、押したうち正当な理由があって死んでから7日間だけ現世に戻れる事になったのです。残ったのは3人。椿山課長は彼にまつわる重大な事実を知らずに死んでしまったのでそれを確かめる事。小学生の雄一は自分が知りたかった事を知ること。ヤクザの武田は自分が死んだ為に殺される人がいるのでそれを阻止すること。そんな課題を持って現世に送られた3人はそれぞれきれいな女性・和山椿。同年齢の女の子蓮子。武田の隠し子・竹内弘実となってました。

椿山課長の同期・知子(余貴美子)が椿相手に椿山への告白をするシーンがよかったです。なくなってみて初めて自分の気持ちに気がついた知子。そして椿になりながら、智子の気持ちに気がついた椿山。もう、どうしてあんな奥さんと結婚しちゃったのさ!

雄一が本当の両親を探し当て、だけど自分が息子だとは名乗れないので椿山の息子・陽介に自分が言いたかったことを言わせます。椿山の息子を抱きしめる本当の両親。嬉しそうな、悲しそうな、複雑な顔をするレン子を見た本当の母親(市毛良枝)が蓮子のところに来て抱きしめるんです。そのシーンは号泣でした。

が、しかし椿山課長の奥さんと後輩の不倫、そしてラストの抱擁にはちょっと興ざめでした。
| 見る(邦画) | 21:47 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 21:47 | - | - |
コメント
こんばんわ。
ほんわか、いい映画でしたね。
ラストのレン子ちゃんのシーンは、一番良かったですね。
わかってもらえて良かったね〜って、涙でティッシュがグシュグシュ(^^;
あまり映画は見ないせいか、青空の映像が綺麗なのも感動しました。
| ia. | 2007/12/24 1:42 AM |
ia.さん、こんばんは。
あまり期待せずに見たのですが、よかったです。
レン子ちゃんのシーンは本当に号泣。
さすがお母さん!って思いました。
そういえば、空の青がきいてる映画でしたね。
| なな | 2007/12/24 10:05 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/1007
トラックバック
椿山課長の七日間(映画)
椿山課長の七日間 デラックス版 出演: 西田敏行, 伊東美咲 監督: 河野圭太 今回も映画です。 小説を読んだ時は"美女に変身"というのが上手くイメージできなかったのですが、西田敏行さんと伊東美咲さんの入れ替わりを観て、こんな感じなのかと納得しました
| どくしょ。るーむ。 | 2007/12/24 1:31 AM |