CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「最初に探偵が死んだ」蒼井上鷹
JUGEMテーマ:読書


内野宗也は義父の作家・星野万丈の莫大な遺産を管理していた。実子のない内野は四人の養子を育てあげたが、彼らには実子同様の遺産相続の権利が認められていた。ところが、新たな養子候補が現れ、新しい遺言状が内野所有の山荘で公開されることに。それに伴う不穏な動きに捜査を開始した名探偵・笛木日出男だが、何者かに頭を殴られ、いきなり死亡…その後、内野家に降り掛かる惨劇。事件解決は誰が?犯人は誰?そして莫大な遺産は誰の手に…?あり得ない設定から繰り出される迷推理。その先に訪れる予測不能の結末とは…!?

最初に出てくる名探偵・笛木、だけどタイトルを見て「あぁ、笛木は死んでしまうんだろうな」とは思ったのですが、やっぱり。だけど笛木さんったら亡くなってるからどれ位の名探偵なのかが全然わからない。

義父の作家・星野万丈の莫大な遺産を管理していた内野宗也と養子たちは、万丈の遺言により毎年山荘で一週間の共同生活を送るのが恒例だった。今年は新たな養子候補も山荘に呼び、一週間後に新たな遺言状が公開されることになっていた。遺産相続を巡るトラブルを懸念した宗也は、名探偵・笛木日出男に捜査を依頼していた。笛木が現れないまま4日目となり、現れたのは警部補の灰浦だった。その時、地震がおき山荘と村をつないでいた釣り橋が落ちてしまう。さらには電話回線も切断されていた。救助が来るまでの間誰も外に出られないその山荘で次々と人が死んでいく。

以下はネタバレかも。
続きを読む >>
| 本:あ行(蒼井上鷹) | 18:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
「まだ殺してやらない」蒼井上鷹
まだ殺してやらない (講談社ノベルス ア AF-01) (講談社ノベルス アAF- 1)
まだ殺してやらない (講談社ノベルス ア AF-01) (講談社ノベルス アAF- 1)
蒼井 上鷹
JUGEMテーマ:読書


残虐な方法で殺人を繰り返す謎の人物「カツミ」。最愛の妻を殺されたノンフィクション作家・瀧野和一は自ら調査に乗り出し、犯人は逮捕される。しかし同じような手口の事件が発生し、瀧野の元に犯人からのメッセージが届く「カツミは捕まっても、おれは捕まらない」真犯人は一体誰なのか?見えない犯人を追う瀧野。そして衝撃の結末が訪れる!

蒼井さんの新刊。最初からもう目を覆うような描写ばかりが続きます。

長野県の避暑地のペンションに集まった4人はそれぞれ家族を殺されていて、4件とも未解決。一見無関係に見える4つの事件が同一犯によるものではないかと考えた4人が会って話し合うことで隠れた共通点を見つけられるのでは…とペンション<きざはし>に集まりました。そこで解決した一つの事件と明らかになった事実。そして連続犯は逮捕された。ホッとしたのもつかの間、新たな殺人が。殺されたのは藤樹探偵事務所で「カツミ」事件を担当していた高瀬。そして犯人は「カツミは捕まっても、おれは捕まらない」と瀧野に向けてメッセージを送ってきた。

瀧野のファンで探偵事務所に勤める新人・米本が瀧野の妻・都殺人事件について調査することになった。憧れのノンフィクション作家・瀧野に会えると意気揚々と出かけた米本は連続する殺人事件に意気消沈している滝野を目にして、自分が瀧野を救わなければと思う。そんなある日、瀧野の仕事部屋で日記を見つけた米本は瀧野が息子・克実に抱いてる気持ち、妻・都の従姉妹で家事全般を請け負っている園山深雪との関係を知る。さらに克実の誘拐未遂事件や知り合いの弁護士の殺人未遂事件など、滝野の周りにいる人たちが狙われる。犯人はいったい誰なのか?
続きを読む >>
| 本:あ行(蒼井上鷹) | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
「ホームズのいない町―13のまだらな推理」蒼井上鷹
ホームズのいない町―13のまだらな推理 (FUTABA NOVELS) (FUTABA NOVELS)
ホームズのいない町―13のまだらな推理 (FUTABA NOVELS)
蒼井 上鷹
JUGEMテーマ:読書


素人アートサークルの「ハウス」で早朝女性の死体が発見される。亡くなったのは和良美鈴(24)美鈴。美鈴は前日夜から内縁の夫井之上彰介(34)の家を出たきり行方がわからなくなっていた。犯人は車で逃走しようとし、電柱に激突。近所は停電となった。その事故を見に来たアートサークルの講師清川が「ハウス」のドアが開いているのを不審に思い死体を発見したのだ。それから暫くして「ハウス」は火事になる。

そんな事件の裏で色々な出来事が起こり、色々な人の思惑が交差していた。

全く繋がりがないように見える12の物語が最後13番目で一つにまとまります。ウーパールーパーやペット殺しや早朝の停電などがいろんな所に出てきて、読み進めていくと「実はあの時のあれはこの人なのか…」とか「あの事件はここにつながっていたのね」と思わずニヤリです。

昔懐かしいウーパールーパーの名前が何度か出てきました。ウーパールーパーって流通名だったんですね。



続きを読む >>
| 本:あ行(蒼井上鷹) | 21:33 | comments(4) | trackbacks(3) |
「出られない五人」蒼井上鷹
出られない五人―酩酊作家R・Hを巡るミステリー (ノン・ノベル)
出られない五人―酩酊作家R・Hを巡るミステリー (ノン・ノベル)
蒼井 上鷹
JUGEMテーマ:読書


東京郊外のビル地下にあるバー・ざばずば。ビル改装工事の為、バーがなくなる前日に店の常連で脳溢血で亡くなった酔いどれ作家・アール柱野を偲び一晩語り明かそうという趣旨の会合に集まった5人の男女。見知らぬ5人が打ち解け始めた時、突如現れた身元不明の死体。 翌朝まで鍵をかけられ外に出られぬ密室の中、緊張感は高まっていく。しかし5人には、それぞれ、出るに出られぬ「理由」があったのだ。

蒼井さんの本、図書館にリクエストしたら買ってくれました。ありがとう、図書館。長編はあまり…って話を聞いていたのであまり期待しないで読みました。なんだかドタバタ劇を見てるみたいな印象。ラストの印象が薄くて、この感想を書く為に読み直してみて、あれ?そんなラストだったっけ?って思いました。って事は、すぐに忘れてしまうんだろうなぁ。

続きを読む >>
| 本:あ行(蒼井上鷹) | 18:53 | comments(5) | trackbacks(3) |
「ハンプティ・ダンプティは塀の中」蒼井上鷹
ハンプティ・ダンプティは塀の中
ハンプティ・ダンプティは塀の中
蒼井 上鷹

ちょっとした交通事故で留置場に入れられることになったワイさんは第1留置室で4人の先客と出会う。デンさん、ノブさん、ハセモトさん、そしてマサカさん。意外と和やかな雰囲気の第1留置場で、ワイはハセモトさんが逮捕された事情を聞くことになり…。第1留置室で繰り広げられる、おかしな謎解き合戦5編を収録した連作ミステリ。

部屋長で味覚音痴のデンさん、ミュージシャンで最高傑作を作り上げようとしているノブさん、古本収集が趣味のおじいさん・ハセモトさん、眠りが足りないといびきがひどく、昼間から丸まって寝ているマサカさん。後から入ってくるトマベさんとハッサンさん。狭い部屋で色々な事を話します。いつも寝ているようなマサカさんが聞耳を立て、担当弁護士に調べさせ、色々な謎を解いていきます。
続きを読む >>
| 本:あ行(蒼井上鷹) | 22:58 | comments(2) | trackbacks(1) |
「二枚舌は極楽へ行く」蒼井上鷹
二枚舌は極楽へ行く
二枚舌は極楽へ行く
蒼井 上鷹

12の物語。「九杯目には早すぎる」がよかったので早速2冊目。今回もありえないラストに驚くやら、ニヤリとするやら。それぞれの物語がちょっとずつ繋がっていたりもするんですけど、気になりだすとそこばかり気になって物語りに集中出来ない。そして流れにすっかり置いていかれてしまうんです。なので、繋がりはかる〜く楽しむ程度にしました。

そうそう、つながりといえば「九杯目には早すぎる」と繋がりがあるから忘れないうちに読んだ方がいいとすすめられ、借りてきたわけです。だけど、つながりがわからなかった。えーん。

どれが好きだったかなぁってタイトル見るんだけど、タイトルだけじゃ内容が思い出せない。そこで又自分用にあらすじです。どうして忘れっぽいんだろう、私。
続きを読む >>
| 本:あ行(蒼井上鷹) | 21:53 | comments(11) | trackbacks(6) |
「九杯目には早すぎる」蒼井上鷹
九杯目には早すぎる
九杯目には早すぎる
蒼井 上鷹


「大松鮨の奇妙な客」「においます?」「私はこうしてデビューした」「清潔で明るい食卓」「タン・バタン」「最後のメッセージ」「見えない線」「九杯目には早すぎる」「キリング・タイム」の短編、ショートショートの9編。


すごいブラックです。最後の最後にどんでん返し。続けて読んじゃうと慣れてしまいそうだけど、電車の中でチビチビ読んでいたから、どの物語も印象深い(って今の時点での話です。1週間もしたら忘れるかもしれない)

他の作品も読んでみたくなりました。

きっとまたすぐに内容を忘れるだろうから、自分の為にあらすじ、あらすじ。
続きを読む >>
| 本:あ行(蒼井上鷹) | 19:26 | comments(8) | trackbacks(6) |
| 1/1PAGES |